『蛍雪時代』今月号はセンター特集

DSC02148 私が毎月愛読している受験雑誌の最新号『蛍雪時代』の12月号(旺文社)「センター試験総力特集号」です。先輩の合格作戦や、完全攻略勝負の決め手、出題予想、直前の注意事項など、丸ごと内容盛りだくさんで読み応えがあります。

 駿台予備校の水野 卓(みずのたかし)先生の今月の連載講座は、発音・アクセントの特集」です。重要ポイントが見事にまとめられています。この巻末の数ページだけでも定価の価値があろうと思っています。付属のCDを聞いて、水野先生の授業を体験できるというのも大きな魅力ですね。この分野は対策をするのとしないのとでは、はっきりと差のつく分野ですから、苦手にしている人は読んでおくといいと思います。かくいう私も高校時代の模擬試験では、このジャンルは全部間違えていました。今から思えば、準備をしていないのですから当然ですね。英語の得意な人でも、かなりの人が落としている大問ですから、しっかりと対策しておきたいものです。私の『2015年度センター試験対策本~勉強の仕方』にある3種類の「頻出語リスト」を、ジェーン先生の「2枚組CD」について音読をするというのが、最高の対策になろうかと思っています。模試を通して、生徒たちはだいぶそのことがわかってきたようで、CDを一生懸命聞いています。

 今月号の付録に、「英語リスニング予想問題」(CD付き)があります。出題予想、必勝解法、予想問題、診断対策などが収録されています。毎年思うことですが、本当によくまとまっていて、リスニングのツボがきちんと押さえてあります。さすが、水野先生です。本当に今月号はお買い得ですよ。

 なお、この付録の後半にある、教科書に出てこない「センター出題英単語520&英熟語246」は、私は評価していません。現在使用されている中学・高校英語教科書には出てこないが、過去10年のセンター試験に出題された単語のリストなんですが、この切り口にどういう意味があるのか、いまだに理解できないでいます。頻出語のリスト」を提示するというのなら理解できるんですが。内容的にもごく普通の単語もかなり含まれていて(語彙の選定法に問題はないか?)、「教科書に出てこないセンター出題語」というタイトルで惹きつけようと、奇をてらった特集と思ってスルーしています。長年続いていますから、ファンもいるのでしょうが、私には不要です。再考してほしいものです。

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中