あなたを愛したいくつかの理由

さだまさし4 さだまさしさんのアルバム『夢の吹く頃』(1989年)の中に、「あなたを愛したいくつかの理由」という歌があります。さださんが女性と初めてデュエットした曲です。お相手は妹の佐田玲子(さだれいこ)さんです。兄妹デュエットです。当時その澄み切った歌声と、美しいハモリに非常に感銘を受けた曲です。この歌は、いわばお互いがお互いを仮住まいであったと認めた二人が、新しい住み処を目指して、それぞれが旅だってゆく歌です。美しいメロディーと、服部隆之(はっとりたかゆき)さんのアレンジが素敵な楽曲ですね。今日は無性にこの曲が聴きたくなって、昔のアルバムCDを探して、ずっと仕事部屋にかけながら、今週の土曜補習の教材を入力していました。

 「愛する人と一緒にいるときには、愛している理由を数えることはまずない。失った時に、もしかしたら、数えられる筈のない理由を数えるのかもしれない。勿論、結論は出ない。答えもありはしない」と、さださんがライナー・ノーツに書いておられます。歳を重ねて昔を思うとき、詞の一言一言がじーんと心に響く歌です。益田(岩崎)宏美さんと、さださんがハモっている映像がありました。歌が上手い二人が化学反応を起こして、美しい世界を創り上げていますね。

    あなたを愛したいくつかの理由                                   作詩・作曲 : さだまさし

疲れ果ててたどり着いた  お前の優しさに

少し甘え過ぎたようだ  別れも言わずに旅立つ

ほんのかすかに寝息たてる  お前の横顔

みつめたなら胸が詰まる  思い出が多すぎて

今 朝の光がおだやかに  窓辺にあふれて

俺のたどるべき遠い道を  照らし始めてる

何も持たず ここへ来たから  何も持たずに出てゆく

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中