「あかやま」

 松江北高等学校の学校だより「あかやま」第278号が出ました!以前は、学校の印刷機でモノクロで印刷していたものです。「もっと保護者のみなさんに喜んで読んでいただけるように」という佐藤健二元校長の強い意向で、私の総務部長時代にカラー化されました。電算室にカラー・レーザープリンターを導入して、全校生徒分印刷していたのです。今年から業者に印刷に出すようになり、非常にきれいな鮮明な紙面(裏表両面)で、とても読み応えのあるものとなっています。保護者のみなさんにも好評です。

DSC01452 この学校だより「あかやま」の名前の由来について少し触れておきます。ラフカディオ・ハーンが熊本へ去った4年後の明治28年、生徒数の増加に対応するため、松江中学の新築移転が決まりました。場所は奥谷餌差町、通称「赤山」と呼ばれる高台でした。当時、赤山は宅地や畑、山林になっていました。畑の土が赤かったので「赤山」と呼んだようです。

DSC01453 今号は、先般終わった学園祭「紅陵祭」の特集です。いろとりどりのカラー写真が思い出を掻き立ててくれます。やはりカラーだと迫力が違いますね。「部活動結果」の最後には、8月の「第62回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」で島根県知事賞を獲得して優勝、9月の「第9回全国高等学校英語スピーチコンテスト中国ブロック予選」で第1位となった小川綾音(おがわあやね)さんの記事も載っています⇒全文はコチラです なお、この学校だより「あかやま」の近年のバックナンバーも、松江北高のホームページでPDF形式で読むことができます。⇒コチラです

 現在、私は10月26日(月)、東京の国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場で行われる「第62回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール中央大会」に向けて、小川さんと毎日練習に明け暮DSC01456れています。全国のブロックを勝ち抜いた代表21名で競われます。この大会で成績上位4名には、来年の春休み期間に1週間程度「国連訪問団」としてニューヨーク国連本部視察、国連関係者との懇談に参加できるという、素敵なご褒美が用意されているんです。ほぼスピーチは完成しているので、今は多くの先生方に見ていただいて、貴重なコメントをいただきながら(思いもかけない角度からの指摘は本当に勉強になります)、もっとよくするには?、さらなるレベルアップを目指して毎日汗を流しているところです。きっと頑張ってくれることと思います。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中