松江城大人気!

 DSC00851シルバー・ウイークが始まり、国宝「松江城」の人気がすさまじいです。人気も国宝級ですね。秋の5連休「シルバーウイーク」が19日に始まり、天守の国宝指定で注目を集める「松江城」(松江市殿町)は、今年5月の大型連休(2~6日)「ゴールデンウィーク」を上回る登閣者でにぎわっていました。無料のシャトルバスも運行し、お城の駐車場には、観光バスや関西・山陽方面のナンバーを付けた車の長DSC00854い列ができ、係員の方が「満車」の案内に追われていました。家に閉じこもり原稿書きに追われる私は、散歩を兼ねて、朝の8時半にのぞいてみたんですが、早朝からとんでもない人混みです。石段を登って行くと、天守閣に登るチケット売り場は長蛇の行列でした。城内のいたるところが観光客であふれ、「国宝効果」をうかがわせました。

 堀尾吉晴により、築城開始から5年の歳月をかけ、慶長16年(1611)に完成。本丸にそびえる天守閣は、桃山初期の城郭の特徴を残し、華やかな造りを排した実戦本意の造りとしても知られています。別名「千鳥城」とも呼ばれる城の外壁は大部分が黒塗りの下見板張り。外層5層、内部6階で、城内には松江の街や城の関連資料が展示され、最上階は望楼式になっていて、松江市街を一望できます。天守閣の最上部の屋根にあるシャチホコは、木彫りで銅張り、高さは約2mもあり、これは現存しているモノでは最も大きいもの。山陰随一の名城として広く全国より観光客を集めています。

DSC00886 近くにある「松江歴史館」では、城の完成時期を示した祈祷(きとう)札など国宝9点を紹介する特別展「祝・国宝指定 松江城天守再発見」が始まっています。国宝指定の決め手になったとされる祈祷札や鎮物など国宝9点のほか,調査研究の成果などが公開されています。また、城内のお堀をぐるっとめぐる、人気の「堀川遊覧」(ほりかわゆうらん)の乗り場もズラーッとものすごい行列DSC00884です。こんな人だかり、私は松江に帰ってきてから初めて見ました。私はこの連休中に、お客さんを案内する予定だったんですが、延期して正解でした。それぐらいにすごい人だかりです。やはり国宝に指定されるというのは、観光効果は絶大のようですね。

DSC00849DSC00821DSC00887

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中