一流旅館は違うネ!

DSC00561 先日、由布院「玉の湯」に泊まって、感激したことを詳しくレポートしました(由布院「玉の湯」その1~その4)。⇒コチラです  「玉の湯」は由布院温泉を代表する高級旅館で、亀の井別荘」、「山荘無量塔」とともに、「由布院御三家」と呼ばれています。美しい高原の盆地、由布院温泉のおだやかな時を、のんびりと過ごすことができました。約10,000m²(3000坪)の敷地に、15棟18室の木造のDSC00555離れ家が点在していて、客室内風呂・大浴場ともに天然掛け流しの温泉です。静かな雑木林の中にある離れの眺めは絶景で、夜になると虫・鳥の鳴き声が最高の舞台を演出してくれます。どの部屋にも南の太陽が、さんさんと入ってきます。全てが素朴であっけらかんとしています。広く明るく清潔なお部屋も気に入りました。料理も地元の山菜を中心に、舌鼓をDSC00595打つ最高のおもてなしでした。仲居さんも非常に丁寧に笑顔を絶やさず、数々のおもてなしをしていただきました。朝食も心に残る美味しさでした。帰るときも、いつまでもいつまでも見送っていただき、非常に気持ちよく宿を後にすることができ、また今度泊まりに来たいな、と感じたことでした。

DSC00587 さて、帰って一週間が経った頃、一通のお礼状が郵便受けに入っていました。その「玉の湯」からです。しかも筆で、見事な達筆の丁重なお礼状です。ご覧ください。こんな心のこもったお礼状をいただいたらどんな気持ちになると思います?やはり一流どころは違います。絶対にファンになってしまいますね。思わず人にも宣伝してしまいますね。現に私は何人もの北高の同僚にPRしています。こちらの方からお礼状を出したい気分でいたところです(道後温泉の「大和屋」にはお礼のメールを出しましたが、返事すらありません。ちょっと気分を害しました)。一流どころはこうやって人の心をつかまえて離さないのですね。よくわかりました。

DSC00848

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中