由布院駅

DSC00321 由布院の玄関口の「由布院駅」は、とっても素敵なJRの駅舎です。前にも観光で一度来たことがあるんですが、当時もとっても印象に残る駅舎でした。磯崎 新さんによる斬新なデザイン(ヨーロッパの礼拝堂をイメージした外観は黒っぽい建物)ですし、中央部は高さ12メートルもの吹き抜けのあるコンコースです。観光客と地元文化の交流を目指したイベントホール・アートギャラリーを兼ねた広々とした待合室が配置されていて、絵画やDSC00632写真が常時展示されていて、目の保養をさせてくれます。電車の時間待ちの高校生たちが、机に向かい必死に勉強している微笑ましい光景がありました。通常の駅の改札口もありません。駅員さんの制服もちょっと違ったラフな格好です(緑のポロシャツ)。駅内の観光案内所の人も親切です。なんでも湯布院町とJR九州が、約2億円の建築費用を半分ずつ負担して完成したそうです。DSC00323駅舎を出ると、真正面には雄大な由布岳がそびえ立っています。 壮観な眺めですね。駅の前には、白い馬のヨーロッパ風の観光用辻馬車が待機していました。町の中でもこの辻馬車に遭遇しましたが、とってものどかで癒される光景でした。

 

 DSC00619

 

DSC00327DSC00325

 DSC00623

 

 

 

 

DSC00636 さらに、由布院駅構内1番ホームの端っこには、なんと「あし湯」が設置されています(2003年10月10日~)。160円の足湯券を買って入ることができます(タオルと絵葉書付き)。成分は泉質が単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)で源泉が50.9℃です。ホームに入り、階段の向こうの一番右端にあり、ベンチとテーブルが置いているのでくつろぐこともできます。パンストをはいている女子DSC00634のために隔離された更衣コーナーが横にありました。独立した上がり湯専用の小さなコーナーもあり、そこは湯温が高く、かなり熱いので、不用意に足を入れるとビックリします。周囲に壁を張り巡らした女性専用のあし湯もありました。駅のホームにあし湯なんて、こじゃれていますね。❤❤❤  DSC00658

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中