「玉の湯」(その2)~ティールームNicol

DSC00460 由布院「玉の湯」に泊まったら、敷地内の「ティールームNicol」に行ってアップルパイ」を食べてくるようにアドバイスされていました。楽しみに出かけたんですが、由布院観光を終えて午後3時に店内に入ると、もうすでに今日の分は売り切れてしまい、今残っているのは「シフォンケーキ」だけとのことでした(右の写真)。宿泊者以外でも利用できる喫茶です。平日は作る量が土・日の半分ほどで、行列が出来てすぐになくなってしまうほどのの人気なんだそうです。お泊まりになるDSC00462人には宿に電話でお願いしておくと、特別にお取り置きしてもらえるそうです。電話しておくんでした!今回の由布院旅行で唯一の心残りがこれでした。もう一度このアップルパイを食べるだけに由布院に行かねばなりません。でも、コーヒーも美味しくて(神戸・にしむらのコーヒーでした)、ふわふわのシフォンケーキも最高でした。そして、何よりもスタッフの方が親切でいろいろと話してくださり(5年目だとおっしゃっておられました)、がっかりきていた私も、その素敵な笑顔には、食べられなかったアップルパイの恨みもすっ飛んでいきました。

DSC00464

DSC00456 お店の大きなガラスからは、「玉の湯」の中庭の緑が一望でき、低緑が生い茂っており、その緑を遠目に見ただけで、独特のオーラを感じることでした。ティールームのテラス席も通路の横にあり、ガラス張りで絶景が広がっています。優しい木漏れ日が降り注ぎ、落ち着いた雰囲気の中で、ほっと一息つくことができる場所でした。周囲の雑木林に張り出すように造られたサンテラスでは、あふれる緑と木漏れ日の中、とびきり優雅なティータイムを過ごすことができます。その様子と今回食べられなかった絶品アップルパイの映像が下にありますのでご覧ください。

DSC00455 お隣は「Nicol’s Bar」です。夜になるとムーディーなバーに変身するんです。この「ティールームNicol」「Nicol’s Bar」もともに、あの小説家・ナチュラリストのC.W.Nicol氏にちなんで名前が付けられています。この「玉の湯」はニコルさんの定宿なんだそうですよ。

⇒「玉の湯」(その3)へ続く

DSC00590

広告
カテゴリー: グルメ, 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中