「ハナミズキ」秘話

  私の大好きな一青 窈(ひととよう)さんの「ハナミズキ」という曲は、10年連続でカラオケ・ランキングでトップ10に入っているそうです。さる7月29日に発売された一青 窈さんのカバーアルバム『ヒトトウタ』ヒトトウタ中に、2015年バージョンの「ハナミズキ」が入っていますね。この歌で気がつくまず大きな特徴の一つは、女声によるコーラスが入っていることで、歌っているのは一青さんの母校である森村学園の合唱部の生徒たちです。その若々しくみずみずしい清らかな歌声は、曲の美しさ・純粋さを大きくクローズアップしています。公開済みのレコーディング風景の映像からは、一青さんとアレンジャーの武部聡志さんの前で声を出す彼女たちの姿が見て取ることができます。そしてもうひとつの特徴は、この何年かの間に良好なボイストレーニングと、精力的なライブ活動によって表現力と声量を一段と増した一青さん自身のボーカルにあります。人生の経験を重ね、大人の恋愛に苦しみながら、そこに豊かな包容力をたたえるようになったその歌は、本当に味があって素晴らしいものです。実に。

 ニュースでも伝えられたように、彼女はこの4月に結婚と妊娠を発表しました。昨年発表された「パパママ私重奏』に収録)は、二度と会えない存在になって(小さい頃に死別)久しい両親に向かって、大人の年齢になった彼女がピュアな気持ちで話しかけるような歌で、この曲は同アルバムと今年初頭まで行われた全国ツアーでは重要な役回りを担っていました。その歌詞の中に<もし私が一青窈結婚したら/ おめでとうと言ってくれますか>というフレーズがあるのです。アルバム『私重奏』が出たのは去年の10月ですが、完成したのは夏の終わり頃で、楽曲自体が書かれたのは、それよりさらに前のこと。もしかしたらその時期から結婚というものを心のどこかに意識していたのではないか……と思えます(お相手と出会ったのは昨年の6月23日であることが判明。お父さんにあまりにも似ていて一目惚れだったそうです)。結婚・出産(男の子で11月出産予定)で、今後は活動ペースも変わってくるでしょう。しかし、一青さんが歌うのは人生の歌であり、それを突き詰めれば人間愛の歌であることは変わらないはずです。その過程で、今までの曲のニュアンスにも幅が出てくるはずですし、これからその歌の深みがさらに増していくのを期待しましょう。

 「東洋人の根底にある祈りのような、精神的な部分が多くの人に受け入れられた」と一青さんが感じている「ハナミズキ」ですが、自然に対する感謝とか、いろいろな混乱があっても、最終的には人を信じるという部分で感覚的に共有できる詞となっています。実は、この歌は9・11の被害にあった男友達との関わり合いを歌詞にしたものです(以下、『週刊文春』8月27日号の「阿川佐和子のこの人に会いたい」インタビューを参考)。当時友人の男の子がニューヨークに住んでいて、9・11の被害にあって「家がなくなった、砂埃だらけ」というメールが来たそうです。幸い怪我はなかったものの、彼女と一緒に家を追い出された彼に、「大丈夫?」とすぐにメールを返信しようと思ったものの、少しでもちゃんとした言葉を送り返そうと思ったときに、やっぱり彼とその好きな彼女が百年続きますように、っていう気持ちになったと言います。さらにもし自分が同じ状況に置かれたらどうしよう?と思った時に、ニューヨークの島の周りの海に、ノアの方舟みたいなものがやってくるイメージが浮かんだといいます。燃え盛る中、私と友達カップルの三人に対して、方舟には二人しか乗れない。正直、友人の彼女とは面識がないので、私と友人だけで乗ればいいかもしれないが、いやここは踏みとどまって私が残ろうと、想像したと言います(きっと船が沈んじゃう。どうぞゆきなさい、お先にゆきなさい)。イスラム教徒キリスト教という信仰の違いはさておき、お互い家族を持っている者どうしがなぜ殺しあうのか?一青さんは自分一人が残ることで友人たちを救いたいという精神が広まれば、それが一番の平和的解決なんじゃないのか、と思いました。このように単なるラブソングではなく、平和を希求する思い入れの強い曲であるということが、あまり知られていないのが残念です。この歌がこれだけ多くの人に愛されるのは、楽曲自体の器の大きさはもちろんですが、上に述べた鮮明なメッセージと日本語の美しさにあると思うんですね。

 一青窈そんな一青さんも、デビューしたのは26歳と遅咲きです。デビュー前、「私はこれこれこういう思いで今に至り、こんなに強い思いで詞を書いていて、背景にはこんなことがあって、御社が私を放っておくのは、大損ですよ」と長い手紙を添えて、デモテープを各社に送っても全く関心を持ってもらえず、ほとんどのレコード会社から「こんなの売れないよ」と、全く相手にされなかったといいます。それでも一社だけ手を挙げてくれた会社があり、もらい泣き」でデビュー、大成功を遂げるのです。自分を信じて、コツコツと頑張った成果です。私は彼女が登場してきたときに、裸足で地べたに座り込んで歌い、その衝撃的な日本語の歌詞と歌唱力にガツンとやられたのを今でも覚えています。なんでも迷ったら進む方を選ぶ性格の一青さん。元気な赤ちゃんを産んで、再びあの素敵な歌声を響かせてくださいね。

★『週刊文春』のこの記事には、あの小林 武史さんとの不倫騒動も全部告白しています。あっけらかんと全部語ってしまうところが彼女らしい。

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中