2015年ヘルンをたたえるスピーチコンテスト校内予選

 松江北高では、学園祭時に校内予選を開催して、9月27日(日)にブラバホールで行われる「第49回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト」の出場者を決定しています。学園祭初日9月1日にその予選会が行われました。昨年までは、私は裏方でこの予選を運営していましたが、今年は審査員として参加しました。1年生より8名の参加がありました(北高は長い伝統で1年生のみの参加としています。他校は2・3年生も出場するんですが)。18Rの森脇友璃子さんが司会進行を務め、14Rの堀江悠希さんが英語で開会のあいさつを行いました。5人の審査員が表現(15点)、発音(10点)、記憶(10点)、声の大きさ(10点)、態度(5点)の計50点で採点を行いました。クラスの生徒、保護者さんが見守る中、参加者全員見事に暗唱を行いました。校内予選の結果は下記のとおりです。

  第1位 吉岡 美加子(28R)  ”Mujina”

  第2位 下舞 陽菜(28R)  ”The Story of a Futon in Tottori”

  第3位 小川 歩未(26R)  ”The Story of Mimi-Nashi-Hoichi”

 1位と2位の吉岡さんと下舞さんは、9月27日の本大会に北高代表として参加します。頑張ってきてくださいね。

DSC00045

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中