センター本の在庫について

IMG_9462 博多・大阪・広島と三会場で、私の「2015年度版センター試験対策本~勉強の仕方」は大人気でした。各会場でたくさんの先生方にお申込みいただき、すべて発送を終了しました。大阪講演に行く前は、博多で180冊ほどご注文があり、家にもう在庫が150冊しかありませんでした。これでは大阪・広島と二会場が持つかな、ギリギリかな、とラーンズの担当の金村さんと相談して、大阪では実情を話して、冊数を制限させていただこうということになり、大阪の先生方にはその旨ご協力を要請しました。その甲斐あって、5冊と書いておられた先生方が気を遣って1冊に訂正してくださったりしました。おかげで何とか大阪でご請求いただいた先生方には全員分お届けすることができたんです。でも広島会場は残り部数が極めて少ないので、「早い者勝ち」にしないといけないなと思っていたんです。

 実は、3月に松江北高を退職するときに、10年間分の私物を段ボールに全部詰めて20個ぐらい、大型タクシーで自宅に持って帰って、リビング隣の和室に積み上げていたんです。6月にはそのほとんどを、また同じ運転手さんのタクシーで学校に運ぶことになりましたが。夏休みになって、残りの荷を一つずつほどいていたら、なんと偶然、センター本が120冊と、単語本が50冊ほど段ボールの中から出てきたではありませんか!すっかり忘れてしまっていたんですね。年は取りたくない!そんな訳で、広島会場の先生方のご希望分も十分カバーすることができました。大阪で部数を減らしていただいた先生方、もしまだ部数を必要な先生がいらっしゃいましたら、下記八幡のメールアドレスまでご連絡くださいね。そんなわけで、今なら必要部数を確保することができますから。

⇒ご注文はコチラです  yawata@hb.tp1.jp

 「今年はセンター本の2016年度版を作られないのですか?」という問い合わせを数件いただきましたが、今年は二年生担当なので、今のところ作る予定はありません。悪しからず。 日々の指導に追われているもので、とてもそんな余裕はないんです。会場後ろに展示していた種々の教材・演習プリントに関して、「解説がすごいと思いました」という感想を寄せていただきましたが、授業で取り上げながら、1講1講生徒のつまずくところを解説して、それを活字に起こしていったものです。キーボードに向かい、日々、自転車操業状態で1枚1枚完成していった思い出の多いプリント類です。まさに二宮尊徳の言う「積小為大」の精神ですね。

P1020001

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中