沢田知可子さんの係争

沢田知可子2 歌手沢田知可子さんのヒット曲「会いたい」の歌詞改変や題名変更をめぐり、作詞した沢 ちひろさんが、発売元の「ヤマハミュージックアンドビジュアルズ(現ヤマハミュージックメディア)」などを相手に損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した裁判のことは、以前にレポートしましたね。 ⇒コチラです さて、原告の沢さん側から訴状が取り下げられていたことが10日、分かりました。

 当初はこの日、口頭弁論再開へ向けた弁論準備が予定されていましたが、原告、被告双方の代理人弁護士は姿を見せずじまい。同地裁によると、原告側から訴状が取り下げられ、前日9日付で受理したとのことです。訴状によると、6月30日に原告側代理人から「頭書事件について原告は都合により訴状のすべてを取り下げます」と記載された取り下げ書が、同地裁の当該民事部に届けられ、7月2日に同民事部が受理。同8日に、被告側も同意の書面を提出し、9日付で地裁が訴状の取り下げを受け付けたといいます。理由について、同地裁は「訴状にある以上のことは申し上げられない」と話すにとどまりました。 この裁判では、歌詞の改変などで精神的苦痛を受けたとして、沢さんが、「ヤマハミュージックアンドビジュアルズ」と、沢田さんの夫で所属事務所代表を務める音楽プロデューサーに200万円の損害賠償を求めていました。

 彼女が昨年7月23日に発売したアルバムの中に、沢さん作詞で大ヒットした「会いたい」を、6人組男性ボーカルグループ「INSPi」とともに再歌唱して収録した際に、タイトルを「会いたい~with INSPi」と改変し、歌詞カードにはない冒頭部分で、沢田さんが「アイム・イン・ラブ・ウイズ・ユー」と聞き取れる言葉を発しており、沢さん側はこれが歌詞改変にあたる、などと主張していました。それに対して、ヤマハら被告側は、アルバ厶収録曲のタイトルは「一緒に歌っているグループ名を指すもの」とし、改題との概念はないとし、歌詞についても「歌詞カードにない部分は歌詞ではなく、ナレーションのようなものだ」と対抗しました。ただし、ヤマハ側は、楽曲をめぐる周辺への配慮から、発売後の昨年7月31日に発売を中止し、後に、同楽曲以外を収録したアルバムを再販しています。

 この流れから、今年1月20日に第1回口頭弁論が開かれましたが、その後は弁論再開までに双方の証拠提出などの準備が必要となり、のべ3回、弁論準備で口頭弁論再開へ向けて準備書面を交換。著作権侵害の概念や、侵害のとらえ方など、双方が書面で主張を続けてきました。前回6月1日には、被告側代理人は「弁論再開へ向けて、近づいているとは言える」と話し、主張に自信を持つ様子を見せていました。おそらく水面下でいろいろと交渉していたのでしょうね。いずれにしても、これで決着したわけですが、名曲に汚点が付いたことだけは確かです。いい歌だけに残念なことでした。沢田さんはブログで次のように綴りました。❤❤❤

 この度「会いたい」の同一性保持権侵害訴訟の裁判が、原告であります作詞家 沢ちひろさんからの取り下げにより終結となりましたことをご報告申し上げます。本当にご心配をおかけ致しました。これからも歌手としてより一層精進して参りますので、どうぞ応援のほどよろしくお願い申し上げます。

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中