give and give

 ある出版社の営業の方が自宅に打ち合わせに来られた際に、「八幡先生の生き方のポリシーは何ですか?」と聞かれたので、「give and giveです」とお答えしました。見返りを求めず、周りの人のために行動していると、神様は必ず見てくれていて、必ず自分に戻ってくる、というわけです。これは、私の亡くなった母の生き方に学ぶところが多かったせいかもしれません。母は実際、おせっかいなくらいに人のために行動していました。人助けです。そうすると不思議なもので、その倍くらいになって戻ってくるものなんだよ、と教えてくれました。母は信仰心のあつい人だったので、神様の教えとしてそれを実践していたのかもしれません。母がずいぶん裏切られたりもしたことを、子供ながらにまじかに見てきましたが、母はそのような生き方を貫き通していました。やはりその子供ということもあり、影響を受けているのでしょうね。見返りを求めずに人のために動いていると、自分も多くの人に助けてもらえている気がしてなりません。

 学校では生徒たちには、人が先、成績は後」と言っています。点を取ればあとは何をしてもよし、では困ります。人の道にはずれるようなことを平気でする生徒がいます。礼儀のまったくかけらもない生徒がいます。点のためならどんな汚い手を使ってもOKという生徒がいます。約束を平気で破る生徒がいます。提出物の締め切りを平気で破る生徒もいます。掃除時間中に単語集片手に英単語の勉強をしている人がいます。努力・準備も全くせずに「富士山に登ろう」としている生徒も目立つようになりました。この人たちには、きちんと「人の道」を教えてあげないといけません。大人になってから困ります。そんな気持ちでずっと教えてきました。クロネコヤマトの小倉昌男社長は「サービスが先、利益は後」と喝破されました(理由:良いサービスを提供すればお客様に喜んでいただける。お客様に喜んでいただければ荷物が増える。荷物が増えると、エリア当たりの荷物の個数が増えて密度化が進む。密度化が進むと生産性が上昇し、自然に利益が出る。とにかく良いサービスを提供することだ)。お客様のための数限りない改革を、この精神で貫き通した人です。本当に大成功をおさめられましたね。今、小倉さんの伝記を読んでいるところです。

 上には上がいるもので、ビズリーチ南 壮一郎社長(”業界に風穴を開ける!”がモットー)は、 「give & take ではなく、give, give & give くらいのつもりでいた方がいいよ。必ずいつか、自分に返ってくるから」とおっしゃっています。

 何のために学ぶのですか?という質問には、We learn to be. であって、We learn to have.ではない!と断言します。自分のあり方、生き方を磨くことで、いくらでも後から利益はついてきます。このことを象徴的に表したお話があります。ダイアーの本で読んだ逸話です。

 子猫が自分のしっぽをつかまえようとしているのを見て、大きな猫がこう尋ねた。「どうして自分のしっぽをつかまえようとするの」子猫が答えた。「猫にとって一番大事なのは幸せで、その幸せは僕のしっぽだってことがわかったんだ。だからつかまえようとしているの。しっぽをつかまえたら、きっと幸せになれるんだ」するとその年取った猫が言った。「坊や、私もそういうことに関心を持ったときがあった。私も幸せは自分のしっぽにあると考えた。けれど、気がついたんだよ。しっぽは追いかけると決まって逃げていく。でも、自分の仕事に精を出していると、しっぽは私がどこへ行っても必ずついてくるみたいだよ」                                                                       (ウェイン・ダイアー)

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中