みんなのセンター教科書

IMG_9547 昨日、このブログで山下りょうとく先生の『センター英語9割GETの攻略法』(改訂5版、語学春秋社)を紹介しました。センター対策の参考書は書店に山のように並んでいるのですが、使えるのはほんの一握りだけです。今月中旬に発売された東進ハイスクール大岩秀樹(おおいわひでき)先生の『みんなのセンター教科書 英語』(改訂版、旺文社)はそんな優れた解説書です。旧版も十分利用させてもらいましたが、何よりも、語り口調で読みやすく受験生には身近に思えるかもしれませんね。提示されるデータもよく吟味されていて、「問題への迫り方」の解説もわかりやすく的を得たものです。中でも、各大問の冒頭には、ゼロ講」という問答形式の基礎・基本の解説があがっており、スムーズに問題に入っていけるように工夫がなされています。

 見た目の傾向に合わせて解くテクニックではなく、本物の英語を学びなさい」 「学生に習得してほしい力」 「英語は受験のために学ぶわけじゃない」 「あなたの将来を切り開く本物の英語力」といった大岩先生の言葉は、私の信念とまったく同じです。共感を持ちながら、通読しました。

IMG_9548 もう一つ情報を!最新の『蛍雪時代』7月号(旺文社)には、大岩先生「弱点徹底攻略講座」が掲載されていて、苦手&弱点攻略の3ステップ」として、これからの勉強の取り組み方の指針が示されています。そこでは「単語や熟語がなかなか覚えられない」 「発音・アクセント問題でいつも失点してしまう」 「長文の全体把握が苦手で、テーマが読み取れない」  「リスニングが聴き取れず、速さにもついていけない」という弱点をかかえた生徒に対するアドバイスがあがっています。英語の苦手な生徒たちには参考になる記事でしょう。ご紹介しておきますね。この雑誌には、水野 卓先生のセンター講座「傾向と対策ナビ」も毎月掲載されており、解法のツボを教えてもらえます。今月号には「英語リスニング完全攻略本」(CD付き)が付録についており、これだけでも十分元が取れる貴重な冊子となっていますよ。❤❤❤

 

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中