だて整形外科

 また左手の親指の付け根のあたりが痛くて曲がりません。もう職業病かもしれません。キP1000127ーボードを大量に打ち続けるので、どうしても手首に負担がかかります。「ちょっと無理をしたな」と思うと、必ず反動で痛くなります。そんなときは「だて整形外科」に行って、先生に1本注射を打ってもらうんです。この注射はとてつもなく痛いんですが、効き目はバッチリなんです。あの痛みがウソのようになくなります。4月初旬からずっと辛抱していたんですが、これはもう堪らないと思って、今日「だて整形」に行ってきました。いつも満員でずいぶん待たされます。今日も16時50分頃病院で受付をしたんですが、先生に診察してもらったのは、18時を回っていました。今日はこれでも少ないほうです、と受付の看護師さん。

 先生にいつものように痛みを説明すると、「じゃあ、注射しますか」と先生。「お願いします」と私。IMG_9229診察台に横になると、「ちょっと痛いですよ」と、チクリと注射針が入ってきます。でも今回はいつものようにとてつもない痛みではありませんでした。何とか辛抱のできる痛みです。いつもなら叫びたくなるような痛みを伴う注射です。湿布(「ボルタレンテープ」がよく効くんです)をいただいて、帰ります。おかげでずいぶん痛みが楽になりました。名医です。

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中