パンティストッキング

 『読売新聞』5月29日付けの記事、五十嵐 文「とらべる英会話」の中につぎのような記述がありました。「日本で主流の、腰までつながったタイプはpanty stockings ではなく、pantyhoseと呼ばれることが多い。」  この記述をみなさんはどう読み解きますか?

 参考書や辞典類の中には「panty stockingは和製英語」と安易に決めつけているものもあります。例えば『ウィズダム英和辞典』(第3版、2013年)では、「×panty stockingsとしない」と出ています。私たちの『ライトハウス英和』(第3版、1996年)では、私は「panty stocking とは普通はいわないという注記を入れました。その後「日英比較 英語では「パンティーストッキング」とはあまり言わないと引き継がれています。この両者の記述のニュアンスの差はいったいどういうことなのでしょうか。

 結論的に言うと、panty stockingは決して「和製英語」ではありません。OED New Supplementにも出ているれっきとした正真正銘の正しい英語です。古くは、メリアム・ウェブスター社12,000 Words(1986)にも見出し語として堂々と登場しています。和製英語のすぐれた研究書である『和製英語事典』(丸善出版、2014年)は、さすがに(この事典オススメします)、△「通じる場合もある」として「一体型のパンストのことだと分かる人もいるでしょう」と述べています。

 私の調査の概要をお伝えしましょう。私たちの編集顧問の故ボリンジャー博士に確認をとったところ、わざわざデパートの下着売り場(Neiman-MarcusとEmporium Capwell)に電話して担当者に尋ねてくださり「誰も聞いたことのない表現」ということでした。しかしその後「広告では使われる可能性がある」というある先生の指摘を受けて、メリアム・ウェブスター社へ問い合わせたところ、同社の1400万枚の用例ファイルにあたっていただき「panty stockingsと常に複数形で広告などに使われることがある」とのことでした(1989年9月7日私信)。そこで再度、ボリンジャー博士のお手を煩わせて調べていただきました。デパートの下着売り場、下着専門店、新聞記者等にあたっていただいた結果、やはり普通に聞かれる英語ではないことが判明しました。イルソン博士も聞いたことがないとの回答でした。私の尋ねた多くのALTも「聞いたこともなければ使ったこともない」という反応でした。

 イギリスの大言語学者であったR.Quirkも”No one in UK knows or would use panty stocking(s).”、文法学者M.Swanも”I’ve never heard it.”、辞書編集者J.Whitcutは、”I have never heard of PANTY STOCKINGS, and the word is not shown in any of my dictionaries; but our secretary says it means ‘tights with a reinforced top’, so the word is used in Britain. We say tights, but I believe Americans prefer pantihose or panty hose.”(以上『現代英語教育』1984年3月号の土屋裕樹氏の調査)

 以上のことから、「和製英語ではないけれど、普通に使われる英語ではない」というのが現代英語の実態ということになるでしょう。『ライトハウス英和』の注記は、このような調査を踏まえて書かれたものなんです。何気ない記述の背後には、膨大な調査が控えているということがおわかりいただけたことと思います。

広告
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中