マジックファニー

IMG_9093 久しぶりに博多・「キャナルシティ」の地階にある「マジックファニー」を訪れました。平成14年から島根県立津和野高校に勤務していたときは、3年間で37回(!)も博多に通っていますから、IMG_9094出る度に「キャナルシティ」に出向いたものです。目的はこのお店と、5階の「ラーメンスタジアム」です。建物に入り地下1階へ向かいます。美しい噴水の横を通り過ぎて左に曲がった先に、ワゴン・ショップの「マジックファニー」はあります。店主の布田川博文さんがやさしい笑顔で迎えてくださいます。よく通ったなじみのお店です。

 お願いしてパケット・マジックを見せてもらいます。「カードアウトオブコントロール」でした。これは、元来Magic Makersから出ている“Queens Out of Control”で、クイーンを使って行うものです。この商品のカードは、ブリッジサイズのものでした。私も大好きで、アメリカから取り寄せては演じていた品目です。4枚の赤裏のクイーンのカードを検めます。裏向きにテーブルに置いておきます。もう一つのパケットも4枚のクイーンであることを検めます。1枚をテーブルに置いて、テーブル上の裏向きQueens out of controlのパケットから1枚取って手元のパケットに裏向きに乗せます。あらふしぎ、すると表向きだったはずのパケットが全て4枚とも裏向きに変化してしまいます。裏向きのカードを1枚テーブルに置いておきます。再び、今度は表向きにして1枚乗せてやると、あらら今度は4枚全部が表向きになってしまうではありませんか!表向きの1枚をテーブルに出して、今度は裏向きにして乗せてやると再び4枚とも裏向きになってしまいます。裏向きの1枚をテーブル上の裏向きのパケットに重ね、表向きにして1枚乗せてやると、また全部が表向きになってしまいます。見えないカードをパケットに投げ込むジェスチャーをして残ったカードをもう一度数えると、不思議なことに1枚だけ裏向きのカードが出てきます。テーブルに置いて、もう一度数えてやると再び裏向きのカードが1枚出てきます。これもテーブルの裏向きの束に置いてやります。残った2枚の表向きのクイーンのカードをテーブルの表向きのパケットに置いてやります。さあ、ここでテーブル上の4枚の裏向きのカードを表にして検めると、なんとクイーンだったはずのカードが4枚ともジョーカーに変化しているではありませんか!その1枚のジョーカーを表向きのパケットの上で振ってやると、何と再び赤裏のクイーンに早変わりです。そして表向きのクイーンを1枚ずつ検めてみると、全く裏の色の異なるカードに変身するというものです。非常にきれいなパケットトリックで、最後には全部のカードを手渡して改めることもできます。

 「マジックファニー」の布田川さんは、このマジックをバイシクルのポーカーサイズで提供しておられます。さらにクイーンをジョーカーで演じておられます。今回はこの特殊カードに解説のDVDをつけての販売です。こうやって実演を見せてもらって、買うと安心ですね。このお店は売ってそれで終わりではなくて、アフターサービスも丁寧ですから、安心して買って帰ることができますよ。布田川さんとマジック談義にふけっていると、時間の経つのも忘れてしまいます。小さなお店ですが、初心者から上級者まで、興味をそそられるマジックが品揃いしています。通信販売もやっておられますので、是非チェックしてみてください。⇒コチラです

IMG_9215 今回の訪問では、これに「スリーアンビション」「スリーカードモンテアルファ」を買って帰りました。いずれも昔からあるものですが、私の持っているカードも古くなっているので、改めて買った訳です。博多に出かける機会があったら、ぜひ「キャナルシティ」の地階「マジックファニー」をのぞいてみてくださいね。♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中