安野光雅の世界展

 私は、島根県鹿足郡津和野町にある津和野高校に3年間勤めていました。JR津和野駅の前に「安野光雅美術館」(安野さん75歳の誕生日・平成13年3月20日に開館) があって、安野さんの描く作品を、初期の作品から最新の作品まで、ゆっくり鑑賞できるように、第1展示室、第2展示室の二つの展示室で安野光雅美術館趣向を凝らして展示しています。作品には、それぞれに安野さんの文章が添えられていて、また新鮮な発見があるんです。また、芸術と科学をこよなく愛す安野さんならではの強い希望で、プラネタリウムまで設置されています。流れる映像では、安野さん自身の言葉で、空想や、夢がいかに大事かをうかがい知ることができます。津和野地方特有の赤茶色の石見瓦と白い漆喰でできたこの美術館全体が、安野さんの夢を込めた作品になっています。津和野の小学校の先生に背中を押され画家になった安野さんは、その頃の思い出がよかったものだから「小学校時代の教養があれば世の中生きるていける」 「本を読む習慣を子供のとき、身につけておきさえすれば、悲しいことや、苦しいことなど、どんなことがあっても、あとは何とかなる」というのが持論です。

 私はこの場所が大好きで、日曜日や、アイデアに窮すると必ずここに出かけて、木の教室や、プラネタリウムを鑑賞しながら、「心の洗濯」をしたものです。ここで多くの教材を作ったり、原稿を書いたりもしていました。なぜかしらこの場所は落ち着くんです。津和野町民は無料だったんですが、町の財政難で半額負担となりました(私はそれを知らずに、ずっと正規料金を払って入っていました!!)。

安野光雅 安野光雅(89歳)さんは島根県・津和野町出身の絵本作家で、昭和43年に文章がない絵本「ふしぎなえ」(42歳)でデビュー以来、淡い色調と細やかな水彩画の描写が印象的な、やさしい雰囲気の作品を、今でも現役として発表し続けています。20代の頃は油絵を描いており、画廊で個展を開くが,お客さんが来ません。日がな一日、自分の絵を見ていると欠点が目に付き、手直しをする。その繰り返しを何十年もやり基礎を固めました。芸術のみならず、科学・数学・文学など幅広い分野に造詣が深く、多くの方々と親交をもたれ、そうした豊かな知識と感性、想像力が、他に類を見ない安野作品の特徴を創り、年代を問わず多くの皆さんに親しまれているのだと思います。その好奇心と想像力の豊かさで次々と独創性に富んだ作品や淡い色調の水彩画で、やさしい雰囲気漂う風景を描いた作品は、私は大好きです。その活躍の場は美術のみならず、科学・数学・文学など多岐にわたり、国際アンデルセン賞画家賞や文化功労賞を受賞するなど、その業績は国内外で高く評価されていますね。

IMG_8310IMG_8312 ゴールデン・ウィークも最後ということで、今日は新米子市誕生10周年記念米子市美術館特別共催展「安野光雅の世界展~日本の原風景から平家物語まで」に行ってきました。全国各地で安野展は開催されていますが、ここでは過去最大規模の157点の作品と関連資料を展示し、安野作品の魅力をあますところなく紹介しています。入り口の受付でチケットを買って、1階の第1展示室に入ります。ここには安野さんが旅した「日本の原風景」「もりのえほん」が展示されていました。隣の第2展示室には、座布団が置かれくつろげるようなスペースに、2台のテレビで安野光雅さんの紹介のビデオが流れています。階段を上がり、第3展示室へ向かいます。ここには「外国の風景画」「ふしぎなえ」が展示されていましIMG_8307た。本当にほのぼのとした絵で、心が休まります。真向かいの第4展示室では「繪本 平家物語」の各作品を見ることができました。それぞれ絵の下には、安野さんの文章が付いています。作品の世界を画家がどのように解釈しているかを知る大きな手がかりとなるものです。5月31日(日)まで、米子市美術館でやっています(800円)。5月5日に、来場者数が五千人を突破したそうです。ぜひおでかけください。

 私は『産経新聞』毎月第1日曜日に掲載される、安野さんの「安野光雅が描く 洛中洛外」の絵を楽しみに切り抜いています。『日本海新聞』では、現在この世界展の連載をやっていますね。

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中