ESPカードの読心術

 先日、松山のマジックバー「バックステージ」で、伝説のマジシャンヒガーさんにお会いしたことは書きましたね。⇒コチラ  開店直後に行って、オーナーのヒガーさんが到着されるまで、若手女性マジシャンの大畑真IMG_7784弓(おおはたまゆみ)さんにいろいろとカードマジックを見せてもらっていました。その中の一つに「ESPカード」の読心術がありました。5枚のESPカードを1枚ずつお互いに出していくのですが、後出しではありません。私の心を読みながら大畑さんが先に出すのです。私は適当に出していくのですが、開いてみると見事に全部一致しているのです。「ESPカード」に仕掛けがあるらしいことを、ヒガーさんから教えてもらったのですが(松江の家に帰ってから蔵に入って見ると、私もこのESPカードを持っていました)、それにしても、あれからいくら考えても不思議なんです。答えが出せません????ESPカードの一致マジックは世にたくさん出てはいるのですが、これほどクリーンなものは見たことがありませんでした。

ESPionage 家でネットを見ていたら、大畑さんが演じられたのと同じような現象のマジック商品の新作を二つ見つけました。1つはCharlie Frye「ESPionage」です。ドイツのCard Sharkの最新作品です。机の上に裏向きにお互いにESPカードを出していくのですが、表に向けてみると完全に一致しています。これも後出しではありません。演者が先に置いています。いったいなぜわかるんだ?MIND READINGならぬMIND WRITINGでした。

Rhines Revenge もう一つは、おなじみイギリスのAlakazam Magicの新製品Clint Barronによる「Rhine’s Revenge」です。15年間もこれを目玉に演じているマジシャンです。これも非常にクリーンな印象を受けます。いったいどうやってわかるんでしょう?

 早速に二つとも注文を出したところです。いったいこの二つは、この不思議な現象にどのような解決をしているのか? 届くのが楽しみです。♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中