「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」

富山白エビラーメン コンビニ(ローソン)で、カップ麺の「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」(寿がきや食品)が目に止まりました。ここの会社のカップ麺は、全国の特色あるご当地ラーメンを取り上げていて、美味しいものが多いんです。富山湾産の「白えび」を使用し、その旨みと香りをぞんぶんに活かした味わい深い塩ラーメンです。そういえば姉妹品で「富山ブラックラーメン」というのも出ていましたね。

 白えびは富山の特産品で、冷凍以外に生での流通方法がなく、新鮮な生の状態で食べるには富山まで行って食べなければならないという白エビ貴重品だそうです。ちょっとネットの画像で白えびを見てみましたが、生きている時は透明でホントきれいで、動かなくなると白くなってしまうそうです。ただその白い状態もやっぱりとてもきれいで、まさに宝石のようという言葉がふさわしい感じでしたよ。

 スープは、「富山湾産白えびのパウダーを使用し、白えびの旨みにホタテやネギの香ばしさをプラスした塩ラーメンスープ」とのこと。基本あっさりめの塩スープです。かやくの中には全然白エビらしきものが見当たりません「白えびパウダー」使用とありますが、エビの肉というより殻の味が強いように感じました。それもかなり強めに。白えびとはずいぶん貴重なエビのようですが、今回のスープの味に関しては、ほんのりとエビの甘みが残る感じがします。よくよく匂いをかいでみると、魚介類独特のクセのある味や香りが若干します。

 麺は、「口当たり滑らかなノンフライめん」とのこと。いつもの寿がきやのしっとりした麺に比べると、歯切れがよく軽い印象の麺のように感じました。存在感を主張するような麺ではなく、あっさりスープの味を邪魔せずに脇役に徹した細麺でした。スープとの相性はバッチリだと思います。具は、「チャーシュー、ネギ、白ネギ、フライドオニオン、フライドネギ、糸唐辛子」とのこと。チャーシューはいつもの寿がきやよろしく薄くて安っぽいですが、他の具は量こそ少ないながらも色的に細かく散りばめられていてきれいでした。そして糸唐辛子が面白くて、味的には噛んでも辛さは殆ど感じないのですが、食感がなんともエビの髭を食べているようで、糸唐辛子なのに、なるほどエビだと妙に関心しました。私はトッピングに、「きたがきのチャーシュー」「九条ネギ」を加えて食べています。エビ殻のダシの効いた、値段分はきちんと満足できる商品でした。美味しかったので、少し買いだめしておこうと思い、再びローソンに走りました。

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中