叶匠壽庵のぜんざい

IMG_6438 以前、津和野高校に勤めていた頃でしょうか、「叶匠壽庵」(かのうしょうじゅあん)のぜんざいが大好きで、百貨店で買い求めたり、お取り寄せして購入していたんです。和菓子の老舗店です。甘く炊いた小豆の汁に、お餅を入れる。熱々をふうふうしながらいただく。ただそれだけで、心の芯までほっこりしちゃう。ぜんざいって、なんでこんなにおいしいのでしょう!しばらく生産していませんでした(以前に百貨店で尋ねたらもう生産していませんとのこと)。今日、岡山・高島屋をのぞいたら、何と店頭にあるではありませんか。もちろん当時とパッケージは異なりますが、本当に久しぶりで、もう飛びつきました。

 「叶匠壽庵」(滋賀県・大津市本店)という名前には、梅の花びら一枚一枚に込められた世界観があります。

…お客様のお口にいますように。
…新たな感性と伝統の技を融合させることで一つの菓子へ
と表現する職人芸を日々磨きをかける。
いのち永く生きることをことほぎ歓ぶおもてなし。
…湖と川と里山の自然に抱かれた小さな菓房

 

IMG_6439 これが「叶匠壽庵」のぜんざいです。いかにも美味しそうでしょ。あっさりとした甘さで、さらさらと軽い口あたり。ホクッとつぶれる小豆の食感が絶妙で、滋味豊かな風味が楽しめます。電子レンジでも簡単に作れますが、私は「ぜんざいは湯煎、お餅はオーブントースターで焼く」方法が断然好みです。こんがり焼いたお餅の香ばしさは、小豆のやさしい甘みと相性抜群!何度食べても飽きのこない美味しさです。ぜんざい420円です。最後のひと口まで、とっても上品な「叶匠壽庵」のぜんざいでした。

週末は、このように私のお気に入りのグルメの紹介と決めています。

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中