松江フォーゲルパーク

IMG_6266 「松江フォーゲルパーク」(松江市大垣町)で、ペンギンたちが羊の格好をして行進するというので、見に行ってきました。ここは、宍道湖に臨む丘陵地32ヘクタールに広がる花と鳥の全天候型の楽園で、フォーゲル(Vogel)とは、ドイツ語で「鳥」のことです。2001年IMG_6265に営業が始まっています。一畑電車(通称バタデン)に乗って、10分ちょっとで「松江フォーゲルパーク駅」に着きます。電車を下りた真正面が、もう入り口です。松江市民には割引制度があります。

 ゲートを入った正面のメインの「センターハウス」には、世界最大規模の展示温室(常時
IMG_6207接し20度前後に保たれている)があり、数千品種のベゴニア、フクシアを中心とするカラフルなお花が、季節・天候を問わずいつでも快適に一面満開の花を咲かせています。鉢植IMG_6242え状態で花の販売も行われています。

IMG_6030 センターハウス」から140メートルの屋根つきの「動く歩道」があります。その行き着く先がくにびき展望台」です。2階の展望台は標高53mで、ここからパーク内や宍道湖の大パノラマを一望できます。東西に長く大きい宍道湖。その湖の中ほどに突き出ている出雲空港の滑走路。中国山脈の山並みや、出雲の国IMG_6033の神々が住むとされる島根半島など自然をそのまま生かして、配置されたパークの全景も一緒に見ることができます。晴天時には大山(伯耆富士)も見ることができますよ。

 花以外にも園内各所で約80種類、800羽のめずらしい鳥たちとも出会えます。季節によって衣替えしたかわいいケープペンギンたちにも遭遇。1日に2回、一緒にお散歩することもできます。そのほか、スピード感あふれるタカ、ハヤブサたちによる「ファルコン&フクロウ飛行ショー」や、人気の「フクロウ飛行ショー」、IMG_6062大きな口でナイスキャッチ「ペンギン餌付け」など、見どころ満載です。たくさんの水鳥たちが住む大温室「ウォーターフォールエイビアリー」。鳥類は全て温室内では放し飼いです。ジャングルを思わせる温室「トロピカルエイビアリー」の中で特に熱帯系の鳥たちに巡り会えます。中部アメリカから南アメリカ北部にかけて生息するオオハシをはじめ、サイチョウ、エボシドリのコレクションは世界有数です。

IMG_6134 トロピカル・エイビアリー出口近くにある人気コーナーでは、4羽のケープペンギンが暮らしています。季節によって衣替えしたかわいいペンギンたちとは1日2回、一緒に園内を大行進できるお散歩タイムも実施しています(10:30~・14:00~)。今回の訪問の目標は、羊年にちなんで、羊の格好をして大行進するという光景を見ることでした。いやあ、とっても愛くるしかったですね。一匹だけ羊の衣装を着ずにネクタイだけのペンギンがいますが、衣装をかじってダメにしてしまったんだそうです。

IMG_6166 広い「水鳥池」にはハクチョウ、ペリカン、アヒル、カモたちが気持ちよさそうに群れをなして仲良く泳いでいます。専用のえさをあげると目の前に急接近。また池では1日2回(10:45~・14:30~)、ペリカンの餌付けを実施。唖然とするほどに大きな口を開け、えさを食べるペリカンたちにビックリです。

IMG_6194 

さらにもう一つ、ラブラブ・カップルには大注目なのが「幸せの椅子」です。座ればきっと永遠の愛・・・「恋」の絆を深めることになるという椅子が用意されています。ベンチには、恋人同士の固い絆を約束するという噂があり、幾多ものカップルがこの“幸せの椅子”に腰掛け、ハッピーな時間を永遠に誓っていくそうです。アツアツカップルのみなさ~ん、この場所で互いの気持ちを再確認してみてはいかがでしょう?受験の喧騒をしばし離れて、ホンワカとした気持ちになりました。

IMG_6216

 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中