Spelling Bee Contest

DSCN4868 先週は松江北高はインフルエンザの大流行で、生徒たちを放課後早く帰したので、部活動は中止でした。今日は一週間ぶりのESS活動で、Spelling Bee Contest”を行いました。高校生が綴りを間違えやすい英単語を、チェルシー先生に読み上げてもらい、綴っていきました。全部で81個の英単語です。rhythm, forty, parallel, believe, deceive, quarter, sense, grammar, committee, adopt, curiosityなどといった単語です。松江北高の授業の英単語テストでも、生徒たちが綴りをよく間違える単語ばかりです。

 このテストでも取り上げた、believe, niece, relieve, perceive, receive, ceilingというieeiかという区別(どちらも発音は同じ/i:/)は、高校生がよく間違えるものです。これに関してチェルシー先生は、次のようなネイティブ・スピーカーのルールを生徒たちに紹介してくださいました。

      ”i before e  except after c”  (cの後以外はeの前がi)

これに関しては、私も面白い見分け方を、生徒たちに指導しています。私の「センター試験対策本」のp.128をご覧ください。また、principleprincipalの区別は「校長先生はお友達(pal)」と覚えておくと忘れないと思いますよ。

DSCN4871 さすがに二年生の貫録を見せて、部長の野々村さんが最高点を取り、賞品の「デルガード」(ブルー)を獲得しました。このシャープペンに関しては、昨日のブログで詳しく紹介しましたね。今日使った「綴りを間違いやすい単語確認テスト」とその解答解説は、ダウンロードサイト」「英語指導」のカテゴリーの中に収録されていますので、ご参考になさってください。

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中