カフェ クベル

 私の家の近所に(東奥谷町)、自家焙煎珈琲の「カフェ クベル」(Cafe Kubel)があります。チョット分かりにくいところの高台にひっそり佇む喫茶店です。「ラパン」の信号を入って奥に進み左折、小高い丘の上にあります。木の階段をとことこと上がった所にあるんです。まるで隠れ家にでも行こうという雰囲気ですね。

01

IMG_6268 階段を上りきったそこには、店内を通り越して向こうまで見えてしまう程の透明なお店が待っていました。店内はカウンター席、テーブル席4、屋外テラスに2席。とてもウッディーで個性的なテーブルと椅子。椅子の脚にはコロがついていて、引きやすくなっています。お店の片隅には暖炉まであり、高い屋根まで真っ直ぐに煙突が伸びています。暖炉のぬくもりが広がる贅沢な空間の中で、私は最後の模試の「見直しプリント」IMG_6272最終校正を行っていました。なんと言っても壮観なのは天井の高さと、その背の高い窓ガラス。それはほとんど屋外にいる感じさえします。目の前の森と一体になれる数少ないcafeですね。木漏れ日が降り注ぐ店内は静かで、やはり隠れ家の趣が漂っています。ふくよかな香りが漂い、木漏れ日がゆらぐ、良質な空間が広がっています。私が大好きなウエッジウッドのカップに注がれた珈琲には、森が映っていましたよ。

06

IMG_6276 このような隠れ家的なお店で、店内の木のぬくもりと美味しいコーヒーに癒され、ゆっくり過ごすことができます。ブレンドを頼んだんですが、コーヒーの味も、なかなかいけます。いろいろな豆を試してみたい衝動に駆られました。とりあえず「クベル・ブレンド」を挽いてもらって買って帰りました。女性にやさしいフリーマガジン「さくら(SAKURA)」冬 Vol.16(島根日々新聞社)でも、このお店が特集されていましたよ。

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中