時間切れの時は??

アンティークの時計

 センター試験は短時間での情報処理能力」を試す試験ですから、一番の大敵は「時間」です。「時間との闘い」と言ってもよいでしょう。だから過去問演習では、ストップウォッチが不可欠なんです。

 でも、問題の難易度によって、どうしても最後までいかない、最後の数問が残ってしまう、ということもあります。全力は尽くしたけれど、最後までいかなかった。でも「解答やめ」という合図がかかってしまった場合はどうしますか?あとちょっとだからといって、解答を続けたりしていると、「不正行為」とみなされ、受験の中止・退室を命ぜられ、すべての教科・科目の成績が無効になってしまいます。こうした注意事項をまとめてある、大学入試センターから出ている「受験上の注意」は、よく読んでおきましょうね(読んでいない人が結構多いんです⇒コチラからダウンロードもできます)。ひざ掛けは?座布団は?耳栓は?携帯電話は?キチンと理解していますか? 次の場合は不正行為となります。

「解答やめ。鉛筆や消しゴムを置いて問題冊子を閉じてください。」の指示に従わず、鉛筆や消しゴムを持っていたり解答を続けること。

 もう時間がほんのわずかしかない、でもあと数問残っている、という場合に、いさぎよくあきらめてそのまま提出するのは愚の骨頂です。どの番号かにマークだけはして、後は神に委ねましょう。もう英文を読んでいる時間はありません。では、どれにマークしますか?①?②?③?④?ですか。過去の英語のセンター本試験25年分(1990年~2014年)の正解選択肢をカウントしてみると、以下のようになります。

  ①→269(20.5%)    ②→307(23.4%)

  ③→315(24.0%)    ④→313(23.9%)

 したがって、確率の問題として、③④②のいずれかに全てマークしておいて、後は幸運を祈る、というのがよいでしょう。また、長さの法則(選択肢の中で一番長いものが正解の場合が多い)も、いざというときのためには知っておくとよいでしょう。しかし、もちろん、これらは奥の手の奥の手ですよ。時間内にきちんと処理できるだけの英語力をつけましょう。なお、詳しい分布資料は、「ダウンロードサイト」に登録しておきましたのでご覧ください。

  • センター試験における正解選択肢の分布   八幡成人編

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中