アーチルーラー

arch ruler

定規の革命!!

 定規はまっすぐなもの……コレ、常識です。だって、まっすぐに線を引くための道具ですから。しかし、この「アーチ・ルーラー(Arch Ruler)」(アッシュコンセプト、540円)は、普段はこんな風に曲がっているのです。あえて湾曲させることで、定規がつかみやすく、押さえやすくなりました。また、ペンで引いた線のインクも定規の下ににじみにくくなっています。そしてカラフルなクリア色なので、どこに行ったのか見失いがちな定規ですが(定規を何本無くしたことでしょう。みなさんも覚えがありますよね?)、探すときも見つけやすいのがいいですね。机の上で迷子になっても見つけやすいのです。サイズは幅3×厚み0.1×長さ15.5cm、重量は約9g、材質はポリカーボネート製です。非常に持ちやすい。線を引くときは指で押さえるときれいな直線が引けます。曲がっているのに直線が引けてちょっと驚きのルーラーです。

 

・確かに取り上げやすい(コレが一番!)

机に定規を置いてあるとき、なかなか取りづらくて、手前に滑らせて持ち上げる動作はなんとかならないかといつも思っていましたが、この定規の最大の特徴でもあるアーチ状の形状によって、盛り上がった中央部分から垂直に持ち上げられます。単純なことですが、滑らせる動作が減ったことの感動は大きいです。

・思ったより固い(ほどよい触感)

買う前の想像では、指一本で簡単に押せると思っていたのですが、意外としっかりとした固さでした。しっかりと押さえ込まないと浮いてしまいますが、私の場合は指一本で定規を押さえることはせずに、人さし指・中指・薬指の3本で押さえることが多いので、支障はなさそうです。押さえやすく、取り上げやすい、これはグッドですね。

・かさばる(持ち運びにはアウト)

曲がっているので当然ですが、ペンケースに入れるとかさばります。固さもあるので、大きめのペンケースでの利用か、ペンケースには入れないという使い方になるかと思います。持ち運びにはチョット不便かと思います。私は仕事場の机の上に置いています。

カラーは、無色のクリア・ブラック・ブルー・ピンク・オレンジ・グリーンの6色です。ちょっと値段ははりますが、この取りやすさを考えれば安いものです。この定規をデザインした考案者のコメントです。2007年に「グッドデザイン賞」を受賞しています。

 定規が曲がっている?そんなこと、これまであり得なかったことかもしれません。でもそんなアイデアが加わることで、Arch Rulerはいままでの定規よりもずっと楽しく便利になりました。「線を引くときに力が伝わりきらずにずれてしまう、机に張り付いてしまって取りにくい、書類の間に入ってなくしてしまう」など、定規を使う際に誰でも一度は感じたことがある不便さを、まっすぐなはずの定規をアーチ状にすることで解決しました。同時に、実用性と細部にもこだわり、机の上にいつも置いておきたくなるような存在を目指しました。

 今年も、最新文房具情報を求めて目を光らせたいと思っています。最近読んで良かったと思うものは、『グッとくる文房具2015』(徳間書店)『Bun2』12月号(ステイショナー)の二つです。『MONOQLO』2月号(晋遊社)も、「はかどる!仕事の道具」を特集しており、参考になりました。

IMG_5997

 

広告
カテゴリー: 文房具 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中