12月北予備センター試験ファイナル

   12月20日(土)―21日(日)は、生徒たちは島根大学で、北九州予備校「北予備センター試験ファイナル」テストを受験しました。松江北高の生徒がこの模擬試験を受験するのは、初めてのことです。他校の生徒たちと一緒に、本番の時間帯でセンター試験を体感しました。貴重な経験になったことでしょう。

IMG_5869 私は、津和野高校勤務の時代に、新山口(昔の小郡)にある北九州予備校に、浪人生をお世話になったことが何度もあります。ずいぶん親身に指導していただき、みな一年間の浪人生活で志望校に合格していきました。特に、寮に入った生徒たちは、その生活の厳しさを報告に来てくれていました。学力の向上を目指した、この「厳しい指導」こそが、北九州予備校の他にはない特徴だと思っています。結果もついてくるので、今全国で注目されている予備校なんです。大野 芳『努力は実る!北予備メソッド』(2011年、講談社)でそのことが実証されていますね。北予備では浪人生を受け入れるに当たって、三つの条件を誓約させています。真剣に受験に取り組む「普通の受験生」の姿を、北予備では見ることができるのです。

1.茶髪禁止  2.ピアス禁止  3.寮生は携帯電話の持ち込み禁止

「大学受験という目的に向かって一直線に進むには、「放任」とか「まあそこそこに」ということはあり得ないわけで、寸刻の勝負になるのは当然なのです」(同書、p.188)と、北予備哲学が。

 さて今回の「北予備ファイナル」、決して易しい出題ではなかった(私の予想した通り)と思いますが、注目すべきは、第一問の「発音・アクセント問題」で、A 発音問題では12語中12語全てが私

▲米子「本の学校」で

▲米子「本の学校」で

の「頻出語リスト」からの出題(100%的中)。B アクセント問題では、16語中15語が出題されました(94%的中)。そうなんです!第一問はやるべきことをちゃんとやっていれば必ず満点が狙える大問なんです。「狙われる語は決まっている」のですから。この分野は年末・年始に集中的に対策をすることが可能です。しっかりと音読して下さい。私の『2015年度センター試験対策本』(自費出版、500円)の第一問の解説をしっかりと読んで、4種類の「頻出語リスト」を音読する、これだけです。今井書店にも置いていただいている本ですが、ずいぶん購入していただき在庫が残り少なくなってきました(現在、今井書店松江学園通り店、殿町店、米子「本の学校」のみ在庫あり)。一・二年生の人も早い時期から準備しておくとよいでしょう。

 いつものように、今回の見直しプリントをダウンロードサイトに登録しておきますので、ご利用下さい。

  • 「3年生12月北予備ファイナル」見直しプリント  島根県立松江北高等学校

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中