12月駿台プレテスト&水野先生解説

テスト

 松江北高では、12月13日(土)に「駿台プレテスト」を実施しました。前回(7月)の駿台マーク模試の時と同じで、難しくて点の取れなかった生徒たちがたくさんいました。英語はいつものように駿台らしく、「こんなの知らないでしょ?」というスタンスで、難問が相当数出題されていました(第2問題は特に)。別にこんなのできなくてもいいや、という問題も結構ありました。読解問題はそれほどまでではなかったようですが。ただ、この試験で高得点が取れた人は、自信を持って本番に臨みましょう。

 いつものように見直しプリントを「ダウンロードサイト」に登録しておきました。ご利用下さい。

  • 「3年生12月駿台プレテスト」見直しプリント  島根県立松江北高等学校

IMG_5854 駿台予備校の水野 卓先生が、『蛍雪時代』(旺文社)で分かりやすいセンター講座「傾向と対策ナビ英語」を担当しておられて、これを私は生徒たちに勧めているのですが、今月1月号のテーマは、まるまる「第1問」発音・アクセント問題でした。この数年間の講座で、第1問をここまで徹底してIMG_5855取り上げられたのは今までなく、初めてのことですね。やはりセンター試験でここを取りこぼしている生徒が、上位者でも結構おり、その人たちが何の対策も講じていないことに業を煮やされたのではないか、と推察しているところです。「勉強の仕方」がよく分かる優れた解説です。ぜひご覧ください。

 「第1問」の勉強法は3つしかありません。頻出の発音綴りをチェック、②基本アクセントルールを把握、③発音・アクセント頻出語を音読、の3つです。私が昨年『発音・アクセント問題の攻略法』(自費出版、200円)を作ったのも、このことを生徒たちに徹底するためでした。幸い全国の先生方からも強く支持されて、ずいぶんたくさんの先生・生徒さんたちに使っIMG_2463ていただきました。私の手元の在庫がなくなってしまいました。前任のALTジェーン・ハンフリー先生が、北高の生徒のために頻出語リストをCD化(2枚組)してくれたので、一層便利になりました。夏の暑い時期に、ジェーン先生はひたすらマイクに向かって読んでくれました。このCDも併せて希望される先生や熱心な生徒さんが数多くおられて、私は何百枚コピーしたことでしょう。プリンターでCDラベル印刷して、コピー、こDSCN2730れだけでも相当の手間ひまがかかります。実費と称して100円いただいていましたが、完全に予算オーバーです。それでも喜んでいただけるのであれば本望と、時間の許す限り対応させていただきました。このCDで頑張った生徒たちは、「第1問」をきちんと得点できるようになりました。

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中