爸爸厨房

IMG_5757 京店商店街、私の大好きな「みなみ」の斜め向かいにある中華料理店「爸爸厨房」(パパちゅうぼう)のご紹介です。2008年8月にオープン、米子からお店を移られたようです。“安心・安全な料理”をモットーに、地元の厳選した食材を使った中華料理店。メニューは、本格四川料理をはじめ、独創的なアレンジを加えた創作中華まで、多彩な料理が堪能できます。中でも人気なのが、山椒を効かせた「麻婆豆腐」や、鶏ガラと魚介のスープにゴマの香りとコク、ラー油の辛みをプラスした「担々麺」。どちらも、四川ならではのピリ辛メニューで1度食べるとクセになると評判です。

IMG_5754 オーナーシェフの細木さんは、日本における「四川料理の父」とされる陳 建民氏の直弟子で、ここでは本格的な四川料理を味わうことができます。中でも麻婆豆腐」は絶品です。鉄板で提供され熱々で、辛さが堪りません。見た目通り、どっさりの山椒と、ラー油のダブルパンチで非常に辛いです。後に痺れるような感覚が残ります。お水をIMG_5755たっぷり取りながら汗をかきかき食べます。ランチでいただくのですが、小鉢・小皿・サラダ・スープやらいろいろついていて、結構なボリュームでお得感があります。デザートに「杏仁豆腐」までついて、これで850円は安いですよね。

 松江の観光スポットの近くに立地しており、価格的にもとてもリーズナブルです。地元の生鮮食材をふんだんに使っているため、食材の特徴を生かした創作中華となっています。お昼はランチで価格、量、味で満足、夜は食事はもちろん、お酒とともに美味しい中華料理で満足といったところでしょうか。本当においしいです。

IMG_5758

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中