Vampire Dawn


 私は、まだこれを超えるパケット・マジックに出会ったことがありません。ポール・ハラス(Paul Hallus)氏の作ったパケットトリック”Vampire Dawn”です。Magic Makersという会社から出ています。私のお気に入りの一品です。この人の作るパケットは、なかなか味があって、意外性もあり、面白いものが多いんです。彼の作品はずいぶんたくさん持っていますが、私が初めてこの人に出会ったのは、ESPecially Wild”という「ESPカード」を使ったワイルド・カード作品でした。「アッ!」と驚いたことを覚えています。動画をご覧ください。

 冒頭の“Vampire Dawn”は、「吸血鬼(ドラキュラ)の絵」が描かれたカードを使Vampire Dawnいます。まずは、真っ白な1枚のカードをテーブルの上に置いておきます。4枚の吸血鬼が描かれたカードを見せます。すると、1枚ずつ徐々にすべての吸血鬼が消えて、裏向きになっていきます。そして表を見ると、全部が真白いブランクカードに変化してしまっているのです。吸血鬼はいったいどこに行ったのでしょうか?あらかじめテーブルに置いた白い1枚のカードを表向きにしてみると、いつの間にか「お墓」の絵と「Pro.Van Helsing Vampire Hunter」と書かれ、吸血鬼が退治されたことを示唆するカードに変化してしまいます。ちなみに、Van Helsingという人はモンスター・ハンターとして知られている人です。  

 付属のカードは、このメーカーの作品らしく綺麗な印刷で、コーティングとエンボス加工もされ、とても品質の良いカードです。吸血鬼というちょっと変わったカードを使ったトリックですので、普通のカードを使ったトリックに飽きた方におすすめです。使う技法はダブル・リフトエルムズレイ・カウントだけです。私の一番のお気に入りのパケット・トリックなんです。カードが痛むたびに何個買ったことでしょう。傑作です。♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中