ようこそ、「瑞風」!

 6月22日(木)、JR松江駅に豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」(みずかぜ)が入ってきました。車体は濃いダーク・グリーンにボンネット型のフェイス、そこに5本の金色のラインが流線形をかたどる素敵なデザインです。設計はN700系新幹線などを手がけた工業デザイナー福田哲夫さんです。この日は2泊3日の山陽・山陰コースの2日目にあたります。駅ホームや構内では、歓迎イベントが開催されました。JR西日本の社員や松江市職員、武者姿の「まつえ若武者隊」など約500人が瑞風の手旗を振るなどしてお出迎えやお見送りをしました。この日は「瑞風バス」に乗り換えて、松江の茶室「明々庵」などを回ったようです。

 「瑞風」は午後3時過ぎに松江駅に入ってきたんですが、間違いなく歓迎客・撮影客でごった返すだろうなと予想していました(実際500人以上が歓迎しました)。実は、当日朝の8時51分にも乗客を乗せずに松江駅に入線してくるという㊙情報を聞きつけた私は、ちょうどこの日は授業がない「旅行日」だったので、この目で見てみようかなと思い立ちました。ちょうど松江中央郵便局に速達を出しに行く用事があったので、そのついでに松江駅に立ち寄ったんです。するとカメラ撮影に来ておられる方がわずか3人ほど!がらがらのホームで「瑞風」を近くから見ることができラッキーでした。入線してきました。まだ車体が新しいこともあって、ピカピカに磨き上げられており、反射で顔が映り込むぐらいです。

▲カメラを向ける私が映り込んでいる!

 普段ではあり得ない非日常で優雅な体験を売りに、「走るホテル」です。客室のシャンプーもエルメスとか。費用は1人27万~125万円。平均倍率25倍、最高で67倍の抽選だそうです。10両編成で、定員は最大34名。それに対してサービスクルーはキッチン含めて14名です。スタッフの経歴は一流ホテルや客室乗務員などサービスのプロばかり。先代の寝台特急「トワイライトエクスプレス」のクルーもいます。ていねいなサービスが味わえそうですね。沿線の工芸品や美術品を施した車内、有名シェフが監修し地元食材を使った料理、途中駅で列車を降りる立ち寄り観光、などが特長です。瑞風のコンセプトは「美しい日本をホテルが走る。最上級の「ザ・スイート」は1両丸ごと尾1室。最後方の展望車は外に出られ、景色を眺めることができます。先頭車両の赤いランプがかっこいい!乗ってみたいですね。

 食堂車では西日本を代表する料理人が監修し、沿線食材を活かした料理がオープンキッチンで供されます。その料理人の一人が、私が大ファンで通う松江温泉・中原町のレストラン「HARA」のオーナーシェフ原 博和(はらひろかず)さんです「山陰の優れた食材を提供する生産者や流通業者が評価されるよう腕をふるいたい」と、抱負を語っておられました。❤❤❤

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

イノダコーヒ

◎週末はグルメ情報です!

 京都に行ったら絶対に「イノダコーヒ」(コーヒーではありません)の「アラビアの真珠」を飲まねばならないと思って、京都駅に降り立ちました。八条口「アスティロード」「イノダコーヒ」の支店があるはず。訪れてみると、何と店の前には行列が出来ていました(京都から帰るときにも立ち寄りましたが、また長い行列でした。人気店なんですね)。喫茶店に行列するなんて松江では考えられません(唯一の例外は3年前にできた「コメダ珈琲」くらいかな)。今や京都の観光名所の一つになりつつある、イノダコーヒ。創業1940年という歴史と伝統あるコーヒー店の味は、今もなお引き継がれています。「京都の朝は、イノダコーヒの香りから」

dsc01283

 しばらく並んで、店内に案内されました。普段はコーヒーはブラックで飲む私ですが、この「アラビアの真珠」に限っては、ミルク・砂糖を入れて飲むのが絶品と聞きました。蝶ネクタイをした女性店員さんが「ミルクとお砂糖を入れますか」と訊いてきました。もちろん入れてもらいました。イノダコーヒのこだわりの伝統を味わいたいならぜひ砂糖・ミルク入りです。このミルクもまた、他の喫茶店のミルクや家庭用のミルクとは一味違うものなんだとか。それと、以前食べて絶品と感じた「アップルパイ」も一緒に注文です。このアップルパイが絶品なんです。私は「アップルパイ」には目がないので、美味しいと噂を聞くといても立ってもいられなくなります。しっとりしつつもアップルのシャリシャリした食感が堪らないアップルパイです。
中に入った私の大好きなレーズンもうれしい。パイ生地に香り豊かな発酵バターを折り込んで、こぼれそうなほどたっぷり入ったリンゴが堪らないスイーツです。ちょっと大きめサイズのアップルパイは、ナイフとフォークで上品にいただきます。

 こだわりの「アラビアの真珠」は、モカマタリをベースにしたヨーロピアンタイプの深煎りのブレンドで、昭和15年以来変わらずに、圧倒的な味を保っているそうですよ。酸味40%、香り38%、コク28%、苦味13%、までは判明しています。確かに美味しいコーヒーでした。それにしても、喫茶店に行列して並ぶというのは、松江では考えられないことです。店内も満杯状態です。京都で一番の喫茶店なんですね。

 コーヒーが美味しいのはもちろんなんですが、提供されるお水がまた抜群に美味しいんです。京都の美味しい水を使って淹れられた一杯は、ここでしか味わうことができません。ずいぶんこだわった一杯だなと感じます。ちなみに今までお水が美味しいと思ったのは、私の定宿である広島・リーガロイヤルホテル最上階のフレンチ・レストランだけです。「こんな美味しいお水飲んだことない!」と店員の方に告げていました。以来、私は必ずここで食事をすることに決めています。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

諺A rolling stone gathers no moss.

 私が教員に成り立ての若い頃、表記のことわざ「転石苔を生ぜず」に、二通りの解釈が存在するということがよく話題になっていました。すなわち(A)「落ち着きなく転居や転職を重ねて動き回っていると財産も地位も身につかない」(悪い意味)(B)「常に活動的に動き回っているものはいつまでも古くならない」(良い意味)と、+-全く正反対の意味に取られるというものです。同じ表現でも、「苔」の解釈一つで、これほどまでに受け止め方が異なるものか、と面白く思ったものです。当然、この問題はさまざまな研究書に取り上げられ、結論的には(A)はイギリス古来の解釈、(B)アメリカの新しい解釈、という扱いが一般的であったようです。いくつかの学習辞典の扱いを見てみましょう。

◎「職業や住居をしばしば変える人は、金がたまらず、友人ができない」の意味だが、転職 や転居に違和感をもたない人々の間では「活動的な人はいつも清新である」という解釈も一般的。〔スーパーアンカー〕
 ◎「職業や住まいを転々と変える人は金がたまらず、友人もできない」と「常に活動的な人 は新鮮である」との両方の意がある。〔ウィズダム〕
 ◎このことわざの本来の意味は、職業を変えてばかりいる人には金はできない、落ち着いて身を固めないと家庭の幸福は得られない、相手を変えてばかりいては本物の愛は手に入らな  いということ。「常に活動している人は沈滞しない」と、最近ではよい意味でも用いられる。
 〔ユースプログレッシブ〕
 ◎「職をよく変える人は成功し[金持ちになれ]ない」という「忍耐」を尊重するのが本来の意;《米》では「活動する人は常に新鮮である」の意でも用いる。〔ジーニアス〕

◎主に英国では、「たびたび転居や転職をする人は金がたまらない」、「技術や信用も身につかない」、あるいは「移り気な人は真の愛情が得られない」といった意味で使われるが、mobility(移動すること)に価値を置く米国では、「たえず積極的に活動している人は常に新鮮でいられる」と解されることが多い。〔アドバンストフェイバリット〕

 しかしながら、現代英語において、A=イギリス用法、B=アメリカ用法、といった割り切り方は危険だと思われます。この二つの解釈に関して、かつてR.イルソン博士(ロンドン大学)は、興味深い事実を教えてくださいました。ロンドン大学のスタッフ(The Survey of English Usage)の中で、40歳以上の人たちは(A)の悪い意味に取り、40歳以下の人たちは(B)の良い意味に解釈するという傾向が見られた、というのです。少なくとも、イギリスでも両方の意味が存在しており、若い人たちの間では、(B)の良い意味の方が一般的という結論ですね。若い人たちの間でも(A)の悪い意味も消えてはいないとのことでした。

 今度は、アメリカでの実態を、J.アルジオ博士(ジョージア大学)に聞き取り調査していただきました。被験者は60人(大学教授、大学院生、英語専攻大学4年生)。

(a) People who often move or change jobs will never succeed.
(b) Active people don’t become bogged down or old-fashioned.
(c) People who constantly move go through life without incumbrances.

 それによると、(a)と解答した人は15%、(b)または(c)のいずれかと解答した人は85%((b)と(c)はほぼ半分ずつに分かれた)でした。アルジオ博士ご自身も、”If you stay active doing things, you won’t get bogged down or become set in your ways” “If you keep up with things around you, you won’t get left behind by changing conditions.”という良い意味の解釈しか知らない、と答えられました。本校の前ALTチェルシーさんも、現ALTのエドワード先生(共に米国出身)も良い意味に受け取るとのことでした。アルジオ博士のジョージア大学の同僚に諺の専門家がおられ、文献を教示していただき、もともとの悪い意味は英語本来の用法であり、良い意味はスコットランドの用法であり、その影響という歴史も学びました。

 というわけで、私たちの『ライトハウス英和辞典』(第6版)では、「以前は「しばしば職業や住居を変える人は成功しない」という意味に使われていたが、最近では「活動している[飛び回っている]人はいつも清新である」という意味に使う人が多い」という説明に落ち着いたのでした。以上、今日は辞典編集の舞台裏をご紹介してみました。♥♥♥

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

educate

 話はもう今から40年も前のことです。大学を卒業し、島根県教員採用試験に合格して、教員としての第一歩を踏み出そうとするとき、島根県庁で行われた4月1日の「辞令交付式」で、私は新規採用教員を代表して挨拶をしました。英語の教員らしく、educate(教育する)という言葉の語源を引き合いにして、ex(外へ)+duce(引き出す)ということから、生徒たちの秘められた無限の数々の才能を外へ引き出してやるお手伝いをさせてもらいたい、という決意を、期待に胸膨らませながら述べたのを鮮明に覚えています。あれから40年か。そういう教師を目指して、駆け抜けてきました。

 19世紀のイギリスの哲学者ウィリアム・アーサー・ウォードは、こう述べています。名言だと思います。

The mediocre teacher tells.
The good teacher explains.
The superior teacher demonstrates.
The great teacher inspires.
凡庸な教師はただしゃべる。
良い教師は説明する。
優れた教師は自らやってみせる。
しかし偉大な教師は心に火をつける

 「生徒の心に火をつける教師」を目指して、これまで40年やってきました。一人でも二人でも、そういう生徒が出てきたのであれば嬉しいのですが…。

 さて、英単語のeducate(教育する)を教える時に、duce「導く」という語根を押さえておくと、後々役に立ちますよ。ライトハウス英和辞典』「単語の記憶」というコラムをぜひ活用していただければ嬉しく思います。このように語源を活用してやると、英単語の記憶がずいぶん楽になるんです。❤❤❤

educate   e(=ex)「外へ」+duce「導く+ate「させる」⇒「能力を外へ導き出す」⇒教育する」produce  pro「前へ」+ duce「導く⇒「前へ導き出す」⇒「作り出す」introduce  intro「中へ」+ duce「導く」⇒「中へ導き入れる」⇒「紹介する」
reduce  re「後ろへ」+ duce「導く⇒「後ろへ引き戻す」⇒「少なくする」induce  in「中に」+duce「導く⇒「中に導き入れる」⇒「誘惑する」

 

▲懐かしい写真ですね~私が北高で担任した生徒たちです

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「フレンズ」の歌詞は書き換えられた!

 大好きな歌手の髙橋真梨子(たかはしまりこ)さんが、お父さんを裏切り不倫に走ったお母さんをずっと恨んで不仲だったことは、以前にご紹介しました。そのお母さんが、晩年ガンに冒され、余命いくばくもないと知ったときに、いままでのわだかまりが解けて、お母さんを博多から東京に呼び寄せて一緒に暮らします。気分のいい時には、コンサートにも顔を出しました。そのお母さんが、娘の真梨子さんの歌で一番好きだったのが、真梨子さん自身が作詞したフレンズ」でした。お母さんは、会場で「フレンズ」になると、涙を流して聞いていたといいます。お母さんにガンが見つかってから、特に親切を始めたが、もっと早く母に孝行して置けばよかったと、述悔していた真梨子さんです。その後、遺品整理で博多の母の自宅へ行ってみると、これまで真梨子さんが出演した膨大なビデオテープと、雑誌のスクラップがきちんと整理されていました。全部娘のものは記録しておいたのですね。たんすの中には、真梨子さんが仕送りしたお金の通帳があり、一切手をつけられていなかったそうです。親の愛とはこんなものですね。お母さんが亡くなる2ヶ月前に発売された「フレンズ」は、お母さんが最も好きだった曲でした。スタジオで、高橋真梨子は、どんどん年をとって歌をとられていく、でも、一秒でも一歩でも前に進んで歌えるようにしたいと思っていると話しました。

     フレンズ          高橋真梨子作詞

煌めいてそして 戸惑う青春だった
争いの酒に 眠ることを忘れ
命まで賭けた 愛さえ勝てないほど
とてつもない未来に しがみついた二人
フレンズ あれからの フレンズ 歳月は移り気で
フレンズ とにかく今 長い時間を君に打ち明けたい

 元々の歌詞は「修羅のごとく生きた  青春の抜け殻」で始まりました。それは、真梨子さんのお母さんの生き様そのままだったのでしょう。高橋真梨子さんとお母さんとは歌詞でつながっていた、高橋真梨子は歌に救われた人生だったと伝えました。高橋真梨子さんは、昨年芸能生活50周年を迎えました。去年、カーネギーホールで日本人初の3回目の公演を大成功させています。現在67歳、毎年年間50公演を行っている。紅白歌合戦の12月31日はお母さんの命日でもありました。

 コンサートでしか歌わなかったこの歌をCD化することになり、夫でプロデューサーでもあるヘンリー広瀬さんが、真梨子さんのところへやってきて、冒頭の部分の書き換えを求めます。「この冒頭部分は真梨子らしくないから書き換えてくれないか」と。求めに応じて真梨子さんは上のように出だしを改めました。コンサートでこのニューバージョンを聞いたお母さんは、コンサート終了後、血相を変えてヘンリーさんの所へ猛抗議にやってきます。ヘンリーさん、なんで歌詞を変えたの?!私は元のあの歌が好きだったのに!」

 その髙橋真梨子さんが、5月31日にニューアルバム『Dramatic Best~ドラマ・映画主題歌集~』を発売しました。その名の通り、髙橋さんが1978年にソロ活動をスタートしてから担当した全25曲にもわたるテレビドラマから映画作品に至るまでの主題歌集です。みんな聞き覚えのある曲ばかりです。「はがゆい唇」「蜃気楼「ごめんね…」など、髙橋さんの約40年にわたるドラマ&映画主題歌集という初企画作品になっています。なかでもTBS系『中居正広の金曜のスマイルたちへ』で歌唱した「フレンズ」は、髙橋さんの亡きお母さんもこよなく愛した楽曲で、実はコンサートで歌われてきた初稿の歌詞と、世に発表されている作品の歌詞では歌い出しの部分が変更になり、当初の歌詞「修羅の如く」と始まる言葉そのものが強すぎるため、レコーディングで急遽変更したことを知った髙橋の母が珍しく苦言を呈したことなどが放送されると、初稿の歌詞バージョン楽曲の問い合わせがレコード店などに殺到しました。それを知った髙橋さんとプロデューサーのヘンリー広瀬さんが、ファンはもちろん、その強すぎる歌詞に自分の半生を重ねて愛していたのであろう髙橋の亡きお母さんへの追悼も兼ねて、今回約20年の時を経て初稿の歌詞バージョンでレコーディングをしました。そして今回のボーナストラックとして収録された、初音源化の「フレンズ<Prelude version>」に注目です。ちなみに、私が好きなのは、1996年日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」の主題歌となった「ごめんね…」です。大好きな高林鮎子弁護士シリーズのテーマ曲でもありました。この曲を聞いては当時を懐かしんでいます。♥♥♥

 

 

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

新幹線お掃除

 以前に新幹線のお掃除チーム「テッセイ」の素晴らしさを取り上げて解説をしました(⇒コチラです)。新幹線が入線してくると、一礼をして出迎え、乗り込んで手際よく車内の掃除を行い、また一礼してお見送りをしておられるあの人たちです。ハーバード大学の授業でも取り上げられるという「7分間の奇跡」ですね。新幹線のホームに到着した車両が折り返して発車するまでの時間が12分間。そのうち、乗客が降りるのに2分間、次のお客が乗車するのに3分とられますから、掃除に使うことができるのは7分間しかないのです。1チーム22人で1両約100席を1人(グリーン車は3人)が担当します。座席の下や物入れにたまったゴミをかき集め、座席の向きを進行方法に戻し、テーブルを拭き、窓のブラインドを上げ、窓枠を拭き、座席カバーを交換し、忘れ物がないかチェックし、車内のトイレを掃除します。これを7分間で行うのですから、驚異のスピードと確かな技術です。このような一流のパーフォーマンスは、いつしか「新幹線劇場」とも呼ばれるようになりました。詳しくは、遠藤 功『新幹線お掃除の天使たち』(あさ出版)、矢部輝夫『奇跡の職場』(あさ出版)を読むと分かります。最近も、矢部輝夫『新幹線清掃チームのやる気革命』(宝島社、2017年5月)を読みました。その中で、テッセイはスタッフのモチベーションを高めるための努力を重ね続けた結果、教わる気持ちになり始め、新しい姿を求める時期に至ったと述べておられました。これからは「矯育・脅育・恐育・狭育・怯育・凶育」ではなくて、共育・協育・驚育・響育・鏡育・恭育」を目指したい、と宣言しておられます。

 さて、以前にこのテッセイの取り組みをブログで取り上げた際に、次のようなコメントが送られてきました。この会社に働いておられた方からの苦情でした。私はそのときにも、物事には表と裏があり、100%素晴らしいなどということはないと思っていましたので、そんな面もあるのか、と思いました。絶賛の裏には、不満も渦巻いていると受け取っておけばよいかと思います。全体としては素晴らしい取り組みの会社だと感じています。❤❤❤

 かつて東京サービスセンターで3年ほど働いていました。退職時までパートでしたが他にやりたいことがあり社員になっても手取り16万前後で昇給なしなので受ける気にはなりませんでした。この会社で社員で10年以上勤めている人はあまりいません。主任や管理職まで登りつめたような人でも辞めるときは辞めます。月に10人雇って5人辞めるような感じです。ひどい時は全滅です。その度に既存の従業員の休日が減らされる訳ですが、休日出勤を月に3回以上頼まれる時もあります。社員登用も毎年受けては落とされるような人も沢山いるので、そのような人を半年契約のパートで雇い続ける会社側もどうかと思います。優秀な人は東海の清掃会社に転職します。理由は圧倒的に待遇が良いから。同じ勤務時間、仕事内容で時給1100円と日給9000円なので話にならないですよね。後、意外に本の内容で誇張されている部分があります。従業員が主体的にとは言っても、それを出す、提案するよう上司から求められれば、これは業務命令になり主体的にとは言えません。また、駅員は扉の開閉を時間通りに行うので車内で何が起きようとも待ってくれません。気がついたら車内で乗客と鉢合わせなんてことは良くありました。腰痛、ヘルニアで休職する人が後を絶たないので長く務めるところではありません

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

近況より…

 この5月いっぱいで松江北高・常勤講師を退職しまして、現在は非常勤講師として引き続き勤務しています。授業のあるときだけに学校へ行き、授業が終わると「失礼します」と言って帰ることのできる天国みたいな生活です。朝も今までは6時半に登校していましたが、のんびりと自宅で一仕事してから学校へ行っています。3年生と補習科の授業を持っています。週に一日木曜日は授業がないので、学校に行く必要がありません。この日を旅行日に充てようと、記念すべき第1回目は門司・小倉へ悠々自適の旅をしてきました。時間的な余裕がこれだけありがたいものか、ということを実感する日々を過ごしていますよ。授業が終わると、美味しいお店を訪ねて食事をして帰る、という生活です。退職後にほんの2ヶ月だけ旅行三昧で味わうことのできた生活が、再び始まった感じですね。長年勤務のご褒美としてありがたく享受させていただきます。

 今日、6月18日(日)の一日を振り返ってみます。朝の6時前に、昨日快勝した巨人の詳細報道を読むために、近くのセブン・イレブンに行って「スポーツ報知」「日刊スポーツ」「大阪スポーツ」「産経新聞」「日本経済新聞」を買います。熟読。切り抜き。今日は「クリーンまつえ」の実施日で、私は今年は町内の組長をやっているものですから、朝の6時40分頃から町内の草取りを始めました。一応7時半から8時半までと時間は決まっているのですが、みなさん7時過ぎからどんどん出てこられて、あっという間にきれいになりました。あれだけ草ぼうぼうだった道路沿いが、見事にすっきりしています。お疲れ様でした。

 8時半にきれいになったところで、現在抱えている2つの仕事を持って、行きつけの「珈琲館」へモーニングを食べに出かけました。ほぼ完成している原稿の最終チェックです。私はいつもこうやって、環境を変えて仕事をしています。この私のお気に入り「珈琲館」の2階の指定席で、いつも原稿を仕上げているのですが、昔からなぜかこのお店は落ち着くんです。今日も最後の仕上げを行い、原稿が完成しました。自宅に戻って、パソコンに向かい入力仕上げです。

 2時間ほどお昼寝(これが最高の気分転換!)をして、巨人―ロッテのデーゲームをテレビ観戦します。序盤に阿部慎之助が2本のホームランを打って楽勝かと思いきや、土壇場でリリーフのマシソンが2ランHRを打たれ延長戦へ突入。ジータスで最後まで見ていたところ、延長12回表高木が打たれて2点差に。こりゃもうダメだ。13連敗しているときの私なら、腹立ち紛れにとっくにスイッチを切って、さっさと切り上げてしまうところでしたが、今日はなぜか最後まで見届けようと寝転がって見ていましたら、坂本のタイムリーで1点差。マギーは歩かされて、亀井義行に回ってきました。前の2打席とも全く同じような得点機に、キャッチャーフライと三振で、心が折れていた」と言います。いつもは道具を大事にする男がベンチで珍しくバットをたたきつけ、怒りを爆発させました。今度打てなかったら「命を取られると思って必死でした」とヒーローインタビューで語りました。無心で振り抜いた打球はライトスタンド上段に突き刺さり、起死回生の逆転3ランホームラン!野球は何が起こるか分からない、とはまさにこのことでした。最後の最後に「野球の神様がいた」、とホームインするや号泣しながら高橋監督に抱きつきました。感動的な場面でした。久しぶりだな、こんな強い巨人を見たのは。夕食が美味しかったです。以下は亀井のヒーローインタビュー。

Q:すごい拍手ですね

いや、もうほんとすいません

Q:ダイヤモンド一周して由伸監督のもとに飛び込みましたが

覚えてないですけど…。ほんとに心折れてたので、奇跡としか言いようがないです

Q:二度チャンスで回ってきて、その中で回ってきた最後のチャンスでしたね

ほんとに最後打てなかったら、命取られると思って、それぐらいの気持ちでいきました

Q:プレッシャーの中で捉えたあの打球の感触はどうでしたか

もうどこ飛んでいったかもわからなかったです

Q:相当大きな打球でしたよ

ほんと皆さんにご迷惑をおかけしました

Q:今日はチームも亀井選手自身も苦しい試合でしたが、勝利することができました

いや、もう皆さんにご迷惑をおかけしたことぐらいしかわからないです

Q:これまでも劇的なサヨナラ打を放ってきた亀井選手ですが、今日の一打はどうでしたか

プロ13年間いるんですけど、一番良かったです

Q:交流戦苦しみましたが、いい形で締めくくることができました

(交流戦の間は)何もできてなかったので、最後に打ててよかったです

Q:延長戦になりましたが、これだけのファンが亀井選手の一打を待っていました

途中で帰った人に自分のホームラン見せられなかったんですけど、皆さん残っていただいてありがとうございました!

 野球観戦中に、セオマジックフェザータッチマジックから、頼んでいた商品が届きました。マジックランドの新作2点(チェンジングファン」「エスケイプの女王」)を楽しみにしていたんです。小野坂トンさんの作品は全部買うことにしているんです。今回も期待にたがわぬ傑作でした。マイケル・チャタレンの新作にギミックコインの「N3厚川昌夫の名作、DPGのシルク新作、と心躍る作品たちでした。また詳しく紹介しますね。

 巨人がサヨナラ勝ちしたことで、今日は気分よく夜の机に向かっています。悪夢の13連敗の時には、仕事をする気にもなれず、フテ寝をしていました。今日は気持ちよくパソコンの画面に向かって、入力作業をしています。さて、詳細は間もなく発表になると思いますが、7月22日(土)福岡・博多で講演会を行います。3年連続になりますね。先日松江に担当者お二人がお越しになり、打ち合わせを終えました。今年もとんでもないお土産(!)を持って、博多にお邪魔します。今その作業で忙しくしているんです。先生方、当日博多でお会いしましょう。スケジュールを空けておいてくださいね。詳しくは、近日中に発表します。❤❤❤

★7月22日(土)博多で講演会!!~お会いしましょう!!㊙凄いお土産も!!!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

半崎美子さん

 みなさんは、半崎美子(はんざきよしこ、36歳)さんというシンガーソングライターをご存じですか?この4月にメジャーデビューを果たしました。私も最近、彼女の音楽を知ったばかりなんですけどね。19歳で札幌から上京し、個人で細々と活動を続け、苦節17年、ショッピングモールを中心に地道にライブ活動を展開してきました。ショッピングモールの歌姫」はそんな所からつけられた愛称です。じんと心に響く楽曲に由来して「メンタルソングの女王」とも呼ばれたりもします。ラジオ番組で、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが取り上げ激賞した事で話題となりました。ミニアルバム『うた弁』で4月6日にメジャーデビューしました。

 半崎 美子(はんざき よしこ) 生年月日:1980年12月13日 36歳出身地:北海道札幌市  血液型:B型  職業:シンガーソングライター  所属事務所:サンミュージック  レコード会社:日本クラウン 札幌大学・経営学部に入学するが、音楽への思いが強く大学を1年で中退し、東京に上京したという常人には理解不能な行動力の持ち主ですね。本人曰く、一生懸命勉強して合格した大学をあっさりと辞めてしまうほど歌への情熱が強かったそうです

 様々な場所へデモテープを持って行き、クラブで歌わせてもらったり、誰にも頼まれていないのに、坊主頭にしたりと奇行も多く、それさえも自身の戦略なのではとも受け取れます。無謀ともいえる行動力の高さから、上京して17年の下積みと時間はかかりましたが、晴れてメジャーデビューです!小さい頃から歌うことだけは好きだっという半崎美子さん。サザンの桑田さん曰く、日本のアニタ・ベイカーだ!」。 ※アニタ・ベイカーとは、アメリカ合衆国の女性R&Bシンガー  桑田佳祐さんお気に入りの曲は、「ふたりの砂時計」だとか。

 ほやほやのぽっと出の新人ではなく、すでにベテランですから、大きなホールでライブをやったり、環境の良いスタジオを使うことで、より一層楽曲の幅が広がるのではないかと思われます。半崎美子さんのレコード会社は「日本クラウン」で、なんと5社を交えての争奪戦から権利を獲得されたそうで、それだけ期待値が高いという表れなのでしょうね。

 先日、東京スカイツリーでのライブでは、尊敬するアーティストにシンガーソングライターのさだまさしさんを挙げ、「さだまさしさんのように、1年を通してずっとライブを続けていけるようなアーティストになりたい」と、力を込めて抱負を語りました。目標はよし。伸びやかな歌声と叙情的な歌詞は本物を感じさせます。

 私は早速、田和山のスタジオ・ワンダーに出かけ、アルバム『明日に向かう人』『うた弁』を買ってきました。今も仕事をしながらかけていますが、『明日に向かう人』に収録された「夏の夢」「種」がめっちゃ気に入りました。ライブ映像を貼り付けておきますので、ぜひ聞いてみてください。圧倒的な声量、間違いなく本物の歌唱力が印象的です。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

「食べる水」

◎週末はグルメ情報です!!

 大阪のエキスポシティ」内にある新しい水族館「ニフレル」の2階、ピクニックカフェ「イート・イート・イート」内において、数量限定で販売されるのが「食べる水」です。これを目当てにここにやって来ました。ここの天井はかなり高いです。何か販売しているブースを発見。近づいてみたところ、あった、あった食べる水」(Eating Water)。 いろいろ説明が書いてあります。 お値段は一つ250円(税込)。早速250円払って購入しました。食べる水・つまようじ・スプーン・皿・お手ふきがセットになっています。

 食べ方は、パッケージ下の部分をめくって、風船の真横をつまようじでプチッと刺す、というもの。プッチン成功、ぷるぷる~んと落ちてきました。スプーンですくってみました。壁面から入る日の光を受けて、キラキラと輝く水玉はかなりグッドです。雰囲気は満点!肝心の味の方は単純な水だとあまりに味気ないと考えたのか、あるいはあまりにもまずかったのか、ちゃんと糖分が加えられており、あっさりとした甘さのぷるぷるんゼリーそのもので、可もなく不可もなく。要するに、「甘いゼリー」という感じ。むしろ味ではなく、「割る」というこのアクションそのものに価値を見いだすべきでしょう。割るまでが本番ということです。そこからあとはオマケ。ちゅるるんと食べて「うん、こんなものか」ということで、席を立って、次の展示に進みました(笑)。❤❤❤

 

 

 

 

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

クナイプバスソルト スーパーミント

 八幡家の癒やしスポットは「パナソニック製のお風呂」です。今から11年前に家を建てた時に、業者の方から「お風呂にこんなにお金を使う人は知らない」と言われたくらいですから、私のこだわりが分かるでしょう?サウナ、ジャグジー、美泡湯(温泉効果)、ヒーリングライト、広い人工大理石のバスタブ、と当時最高の設備を盛り込んだお風呂を特注しました(いろいろと見学に回った中で、米子のパナソニックの展示場で見つけたお風呂です)。学校で夜遅くまで働いて、くたくたになって帰って来て、唯一心安らぐ場所がお風呂です。どんなにお金がかかっても、ここだけは譲れませんでした。ところが、昨年10年目にして、ジャグジー・美泡湯が全く作動しなくなり、これは大変と、パナソニック専門業者(広島)の方に修理に来てもらいましたが、ユニットごと交換せねばならなかったので、ずいぶんお金がかかりました。そのとき言われたことは、もうこの型のバス・ユニットは生産しておらず、貴重品なので、大切に大切に使うようにとのことでした。以前はよく、八幡家で合宿をしたりしていたので、生徒たちもずいぶん泊まりに来て、お風呂に入って感激していましたね。

 暑くなってきました。この時期に八幡家のお風呂で活躍しているのが、クナイプのバスソルトです。いろいろな種類のものが出ていますが、最近は、Loftで買い込んできた「スーパーミント」(850g、税別2400円)を重宝しています。小袋(50g、税別150円)も出ています。4種類のミントの天然成分とメントールが配合されており、爽快感あふれるミントの香りと、スーッとクールな感触で、涼やかなリフレッシュ・バスタイムを楽しむことができます。お風呂場がミントのとってもいい匂いなんです。もうこの香りだけで癒やされます。こんな方にオススメです。

  • 汗ばむ身体をクールダウンしたい

  • スカッとリフレッシュしたい(湯上がりがスーッとして気持ちいい)

  • 夏でもお風呂でさっぱりしたい

  • 集中力を高めたい

  • 夏の冷えが気になる

 ハミガキ粉やガムなど、日常生活でもおなじみのミントですね。ミントの成分であるメントールは、頭や神経の働きを良くし、全身の代謝を盛んにさせ、胃や肝臓の機能を促進させてくれます。1日の始まりには最適なハーブと言えるでしょう。食欲増進や疲労回復に効果があり、殺菌力も強いため、欧米では肉料理のソースとしても使われます。 ミントには「頭脳明晰化効果」があるともいわれています。頭を使いすぎた時、脳を刺激してクリアにし、フレッシュな気分にさせてくれるんです。実は、治療でも重要な効果を発揮し、消化器系の不調の他、風邪、インフルエンザにも効き目があります。冷却効果があるため、熱があるときに使うとよいでしょう。身体が冷却されることによって、身体が活発に反応して、逆に発汗を促すのです。また、ユーカリと同様、蒸気吸入すれば鼻づまりが解消されますよ。【心&気持ちへの効果】― リフレッシュ 頭脳明晰化、鼻づまり解消  【体&お肌への効果】― 暑気払い、冷房疲れ、肌の冷却作用

 ということで、ジャグジーを作動したお風呂場に漂う、すがすがしくてさわやかなミントの香りに、毎日癒やされている八幡です。このバスソルト、夏場にはオススメですよ。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

松井悦夫氏への最後の手紙

 まだ松江南高校に勤務していた若い頃、当時河合塾・広島校の校舎長だった故・松井悦夫先生の大ファンで、追っかけのようなことをしていました。先生が来られる河合塾の説明会には皆勤賞で参加しては、お話に感銘を受けていたものです。派手さはないけれども、知的で、理路整然と問題点を整理され、端的な形でわかりやすく示して下さるのが何よりも好きでした。本当に頭の切れる先生でした。先生からは本当にいろいろなことを学ばせていただきました。その後、私は大田高校の進路部長、津和野高校の総務部長、松江北高の総務部長を務めることになるのですが、大きな指針を数多くいただいたように思います。

 たとえば、保護者の役割について、松井先生は、子供のよき理解者、であり、②経済支援者、の二面を指摘されます。そして①に関しては、保護者三悪を戒められました。私もいろいろな場でお話させていただいた「保護者三悪」ですが、これは松井先生に教えてもらったことです。すなわち、保護者が気をつけなくてはいけないことが、(1)あたまごなし、(2)他人との比較、(3)過度の期待、の三つです。本人と本人のおかれた状況をよく理解する事が大切であり、受験を迎えた時期には、成績の上がらないあせりや、自分の弱さ・つたなさを露呈したり、結果に対する不安で揺れ動く時期なので、必要に応じて「良き理解者」としての役割を発揮するように、と締めくくられました。②の「経済支援者」としての立場に関しては、絶対に曖昧にすることなく毅然とした態度で子供に伝えるべきである、とおっしゃいました。このような松井先生のお話に触発されて、津和野高校時代に作ったのが、「保護者シラバス」(1年生~3年生です。これは保護者のみなさんにずいぶん喜んでもらいました。「チーム八ちゃん」の「ダウンロードサイト」に登録してありますから、ご参考にしていただきたく思います。大田高校時代に作った「進路シラバス」といい、この「保護者シラバス」といい、当時としては画期的なものだったんです。⇒ダウンロードサイト

 その後、名古屋・河合塾の本部長になられてからも、なにかにつけてご指導をいただきました。お忙しい中を、島根にも何度かご講演に足を運んでいただいたものです。津和野高校にご講演に来ていたいただいた時の、講演「保護者の心構え」の要旨を私がまとめた文書が公開されていますので、ぜひご覧ください。私がマイクロソフトの「パブリッシャー」を使って発行していた懐かしい学校通信です。裏面には元松江北高校長、当時東出雲町長の鞁嶋弘明先生の講演記録が載っていますよ。それにしても豪華な講演講師陣でした。⇒コチラです   

 そうそう、松江北高に戻ってきた年に、大学入試センター試験に「リスニング試験」が導入されることになり、模擬試験もICプレーヤーを使って演習を始めることになりました。ところが模試会社のリスニング機器が全国の学校で取り合いになり、全く在庫がないというピンチで、北高には手配することができない、と河合塾・広島校の担当者から連絡。途方にくれた進路部長が私の所に相談にみえました。「先生は、松井さんと知り合いだから、なんとか頼んでみてもらえませんか?」ということでした。早速、本部の松井さんにお電話して泣きつきました。するとなかったはずのものがその日のうちに本部から手配され、ICプレーヤー一式が生徒人数分送られてきました。やはり偉い人の力はすごいですね、と話したものです。懐かしい思い出です。

 私は北高に戻って2年目に、心筋梗塞で入院・手術を受けました。松井先生もちょうど同じ時期にガンで入院をされ、退院後は、病気こそ違えど、「病気と闘いましょう」と約束しあったものです。松井先生からは「病気が一進一退で、少しのんびりして温泉にでもつかりに来たい」とお手紙をいただきました。そのお手紙に対して、私が送ったお返事が最後になりました。松井先生が急逝されたのです。今日文書を整理していて(まもなく発表できる企画が進行中で、それをまとめている最中なんです。今日もデータを漁っています)、ちょうどそのときの手紙が出てきました。

拝復
 その後おかげんは如何でしょうか。お手紙を拝読し大変びっくりいたしました。一日も早いご回復をお祈りしております。
 私も一昨年、心筋梗塞で手術台に上がりました。生まれて初めての入院・手術で心配な毎日でした。手術当日は若い先生がなかなかうまくいかず、途中でベテランの先生に交替するという不安だらけの手術でした。局部麻酔で回りの様子が全てわかるので、思わず「神様助けて」と心の中で叫んでおりました。そのおかげで右手が1ヶ月内出血でつかいものになりませんでした。幸い詰まっていた血管は開通し、平穏無事な生活に戻ることができましたが、血液が行かなかった心臓の2箇所が壊死してしまっており、これはもう元には戻らないと言われています。一生薬を飲み続けなければなりません。毎日6種類の薬は結構おっくうなものです。最近は糖尿病の心配もあり、定期的に通院をしながら、学校務めをしております。北高の総務部長職も結構激務で、なかなか息が抜けません。先週はPTA役員会、PTA総会を無事に終えました。その準備で早くお手紙をしたいと思いながらも、校務に追われて、このようにお返事が遅くなりましたことをお許しください。生まれて初めて病院暮らしを体験して、健康の有り難みを実感いたしました。今までむちゃくちゃな食生活、むちゃくちゃな仕事をやってきたツケが回ってきたものと反省し、食生活の改善と仕事量を減らすことを心がけているところです。
 とは言っても、島根の凋落ぶりはひどいものがあり、北高がつぶれてしまったら、島根が終わってしまう危機感もあり、何とかせねばとあくせくしております。今年は島根県の東大合格者は北高の2人だけでした。その北高も10数人が受験をして現役はわずか1人だけですから、これも何とかせねばなりません。私は3年前に津和野高校から転勤してきてすぐ3年文系の早進度クラスの担任でした。3人が東大を受けましたが全員合格しております。この年は現役だけで6人が合格しておりますから、昨年の3人、今年の2人と、間違いなく北高の力も落ちてきております。「小事、細事が大事につながる」という言葉がありますが、今の北高も見ていて穴だらけの指導(特に生活指導ができていません)をやっているので、当然の結果かもしれません。尊敬する岩浅先生(出雲高校校長を昨年退職)から「北高の再生をお祈りします」というきついお言葉をいただいております。今年の3年生は1年生の時から英語を持ち上がった学年ですので、何とかせねばと思っております。上位層の子供達は岡山朝日といい勝負をしていますから、チョット楽しみです。
 昨年ベネッセラーンズの延原社長(松井さんが広島校校舎長をなさっていた頃のベネッセの営業担当でその頃からの付き合いです)に頼まれて、『センター英語重要問題演習』の大幅リニューアルを行いました。病院を退院したばかりの病み上がりの時でしたので、ずいぶん迷いましたが、売り上げがどんどん落ちているので思い切った紙面改革を行いたいという社長の熱意に動かされて協力しました。結果すごい売り上げにつながったそうで、今年も私が担当することになり、連休明けに原稿を渡したところです。2年続けてセンター試験の大幅な変動があったので、結構大変な作業となりました。他社にない特徴を出せば必ず結果につながるという信念で 、今までとは大きく異なる問題集となっております。営業の人は会社の記録が出ると張り切っておられます。そうなればいいのですが。
 一昨年北高のすぐそばに家を新築しました。ぜひ一度松江をお訪ねください。玉造温泉もありますので。昔の教え子達がずいぶん立派になって訪ねてくれるようになりました。昨年末には南高時代の教え子達が私の病気を心配してくれて26人集まってくれました。理系の40人のクラスでしたが、現在大学教授が2人、医者が7人、博士で研究職に就いているのが5人いました。子供達が活躍してくれるのが一番の喜びです。近く津和野高校の教え子が島根県教員採用試験を受けるのに(北高で実施)我が家に泊まって受験する予定です。
 どうかくれぐれもご自愛ください。お会い出来る日を楽しみにしております。
                                                                                               敬具

 平成20年5月18日
                                                                              八 幡 成 人

松 井 悦 夫 様

 もっともっと教えていただきたいことがたくさんありました。先生の分まで私が長生きしないといけません。先生、天国から見守っていていてくださいね。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

What’s the matter with you?

 ちょっと昔話を。高校時代に、What’s the matter with you?という表現を「どうかしたのですか?」と習いました。辞典や参考書には、with youは(  )に入れてあって、あってもなくてもどちらでもよい、といった説明だったと記憶しています。いまだにそのような杜撰な扱いをしている学習参考書・問題集が目立ちます。当時の私もそのような理解をして大学に進みました。

 大学生になり、英米のペーパーバックをむさぼり読んでいた頃、「あれ?これ違うんじゃないか?!」と疑問を持ちました。しょんぼりしていたり、泣いていたりする人に「どうしたの?」と問いかけるときには、判で押したように”What’s the matter?”です。それに対してwith youがつくときには、「いったい全体どうしたっていうんだ?」「どうかしたんじゃないか?」という、相手を詰問する調子が感じられました。当時の辞典にも参考書にもそんなことは書いてありませんでした。自分で用例をどんどん集めていくにつれて、このことは確信に変わりました。不思議なもので、こういった問題意識を持って英語を読んでいると、類例が面白いように集まってくるんです。100枚以上の用例カードが集まりました。辞典の編集に携わるようになって、私はそれらを基に、ライトハウス英和辞典』(研究社)には次のような語法注記を書きました。

[語法]  with youがつくと「どうしてそんなに様子がおかしいの」と非難する気持ちが含まれる.

 相手の態度や言葉が気にいらないときに、「いったい何だっていうんだ」「どうかしちゃったんじゃないか」「いったいぜんたいどうしちゃったのか」と不満をあらわにして詰め寄るときの英語表現が“What’s the matter with you?”です。決して「どうしたの?」というニュアンスではありません。これは“What’s wrong with you?”の場合も同じです。

What’s the matter with you? I didn’t do anything.(なんか文句でもあるっていうの?あたし何もしていないわよ)

What’s the matter with you? Are you scared?(いったいどうしたっていうんだ?怖いのか?) ※用例は里中哲彦・キャサリン・クラフト『その英語は、ちょっと恥ずかしい!?』(王様文庫、2014年)

 尊敬する赤野一郎先生の『総合英語エイブル』(改訂2版、第一学習社、2015年)には、コーパスで知る」という最新の言語学的研究に裏付けられた画期的なコラムが数多くあって(第2版で拡充)、拾い読みするだけでとても勉強になるんです。この学習参考書は英語の正確な記述に裏打ちされた素晴らしい教材ですので、先生方にもご一読をオススメします。「What’s wrong with you?とWhat’s the matter with you?」という項目には、次のような参考になる記述があります。

 相手に「どうしたのですか。」と聞くWhat’s the matter with you?とWhat’s wrong with you?を比べると、What’s wrong with you?のほうが2倍ほど多く使われる。また、相手の様子を心配して「どうかしたのですか。」と聞く場合はwith youをつけないことが多いので、with youがついたWhat’s wrong[the matter] with you?の8割以上は、相手にいらだちをなどを示して「いったいどうしたんだ。」という否定的な意味になる。

What’s the matter with you? Don’t you understand what I’m saying?(いったいどういうことだ。私の言っていることがわからないのか。)

 尊敬する山岸勝栄先生の『スーパーアンカー英和辞典』(学研)にも、実態を明確にする記述が見られます。

What’s the matter?は「どこかぐあいが悪いのか、何か困ったことでも起こったのか」の意。What’s the matter with you?とすると「きみはどうかしているんじゃないか」と相手をとがめる意味にもなる。

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

「鉄道捜査官」シリーズ

 沢口靖子(51歳  信じられない、まだ若い!さんが鉄道捜査官・花村乃里子(はなむらのりこ)を演じる人気シリーズ「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官」(テレビ朝日系)の最新作が、6月11日(この日の意味は後述)の日曜日に放送されました。鉄道捜査官」「土曜ワイド劇場」を代表する人気シリーズで、警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所刑事課」という架空の組織を舞台とした刑事ドラマです。沢口さんが演じる花村乃里子主任刑事が鉄道にまつわる事件を解決していく物語で、すでに17作品を数えます。土曜夜の「土曜ワイド劇場」が、今年4月9日に日曜の朝に移行して以来、再放送作品が多かったのですが、人気シリーズの新作登場はこの日が初めてでした。今後は、片岡鶴太郎主演の「終着駅シリーズ」や伊東四朗主演「おかしな刑事シリーズ」の新作も放送されるということです。土曜ワイド劇場の最後は、高橋英樹が十津川警部を演じる『西村京太郎トラベルミステリー、今回の日曜ワイドの第1作が鉄道捜査官。西村京太郎作品がラストと最初を飾ることになり、私のようなファンには最高のプレゼントとなりました。脚本を手がけたのは「警視庁捜査一課9係」シリーズ(テレビ朝日)、「女たちの特装最前線」(テレビ朝日)、「ST赤と白の捜査ファイル」(日本テレビ)などを手がける深沢正樹さん。メガホンを取るのはドラマ、映画「あぶない刑事」シリーズを手がけた村川 透さん。 テレビ朝日の関プロデューサーは、新作の1作目は絶対にこの作品、とこだわったと言います。「時間帯が土曜夜から日曜朝に移るので、サスペンスでドキドキするより、謎解きを楽しんでもらいたい。沢口さんの明るいキャラクターも、新番組のカラーにぴったりです」と舞台裏を明かしました。

 2000年の第1回放送以来、ほぼ年1作のペースで作られ、毎年春先に放映されてきました。ところが、2016年は沢口さんが『科捜研の女』(テレビ朝日系)で忙しかったらしく、10月にずれ込み、ファンをやきもきさせたんです。で、2017年も秋に放送かなと淡い期待をしていたところ、土曜ワイド劇場』の枠そのものが終了してしまいました。新作を諦めていたところに、『日曜ワイド』(テレビ朝日系)で放送されることがわかり、しかも思っていたより早く放送され、鉄道ファンを大いに喜ばせました。

 第1作、第2作は『鉄道おんな捜査官 花村乃里子』(てつどうおんなそうさかん はなむらのりこ)のタイトルで放送されました。第1作、第3作(津和野山口線のSLをテーマにした作品でトリックがとても面白かった)以外の原作は西村京太郎先生の十津川警部シリーズですが、捜査員はすべて「鉄道捜査隊」に置き換えられています。原作は十津川警部シリーズですが、主人公を鉄道捜査官の乃里子に置き換えました。ゴツゴツしたイメージの十津川警部ではなく、女性刑事を配することで、お茶の間の人気を狙ったテレビ局側の作戦だったのでしょう。そこら辺は、大好きな津村修介さんの私立探偵浦上伸介シリーズが、テレビ化される際に高林鮎子弁護士に置き換えられたこととよく似ていますね。以来17年も長続きする長寿番組に成長しました。主演の沢口さんは、年に1本のペースで一作、一作を大切にしてきて、振り返ってみれば17年も続いてきたという感じですね。街中で、「『鉄道捜査官』観てます」と声をかけていただくことも多いんですよ。楽しみにしてくださっているファンの皆さまに、新作をお届けできて、大変うれしいです」と語りました。なお、今回の西村先生の原作は、『祝日に殺人(ころし)の列車が走る』(1988年、カドカワノベルス)でした。

 今回の第17作は、鉄道捜査官花村乃里子宛てに送られてきた「祝日に殺人の列車が走る」という長野県・戸倉の消印がついた手紙。そして実際に、祝日に観光列車「ろくもん」の停車駅長野・上田駅の構内で男性の刺殺体が発見されます。「もっと警戒すべきだった」と責任を感じた乃里子は現地に乗り込んで捜査を始めます。手紙の真相をめぐって、鉄道捜査隊が大活躍! 今回の舞台は、初夏の信州。5月20日~31日に長野、上田、小布施で撮影をしていますが、新緑が清々しく、映像でもその美しさは伝わってきます。千曲川の景色も素晴らしい。編集作業はわずか10日間。なるべく早く新作の放送を始めることと、沢口さんの誕生日に合わせる(6月11日、なんと放送日!)ことにこだわって、限界ギリギリに挑んだそうですよ。このように、このシリーズの魅力は、西村京太郎先生の原作で、鉄道トリックが面白いところ、そして、各地を走る鉄道や名所旧跡がストーリーの中に織り込まれていて、まるでその土地に行ったような気分を楽しむことができる点にあると思います。鉄道トリックの解明美しい名所旧跡の描写、この二つが、この鉄道捜査官シリーズが長続きしている理由だと私は感じています。今回も、観光列車「ろくもん」の鉄道トリックと、長野の風光明媚な名所旧跡が見事に描かれていました。沢口さんは、「大事に取り組むだけ。作品ごとに舞台が変わるし、殺人のトリックも変わる。毎年、新鮮な気持ちで台本のページをめくっています。」「ともに年齢を重ね、ともに歩んできた。上司の課長以外は後輩になって、多少は成長して頼れるお姉さん的存在になったのかなと思います」「私も乃里子とともに成長していければと思います。私自身がこれから月日を重ねる、経験したことや学んだことが、次回作を撮影するときに、キャラクターのふくらみとして表現できたらいいな、と思います」と次回作への意気込みを語っています。

 沢口さんといえば、同局系で1999年から続く『科捜研の女』シリーズで演じる榊マリコ(さかき)というハマリ役もあります。「乃里子」と「マリコ」、2つのキャラクターを一体どう演じ分けているのか? 「乃里子とマリコ、似ているようですがもちろん違います。『鉄道捜査官』の花村乃里子は鉄道捜査隊の主任で、課長以外のメンバーは皆、後輩になる。性格も穏やかで頼れるお姉さん的存在です。作品の中で表立って描かれることはないけれど、同じ警察官の夫が殉職して、その亡き夫の遺志を継いで刑事を続けているという初期設定はずっとあって、犯罪を未然に防ぎたいという思いを強く持っている人です。一方、『科捜研の女』の榊マリコは、ラボの中でも人一倍、追究心、探究心が旺盛で、真実を解明するためには寝食を忘れ、時にラボの仲間まで巻き込んでしまうところがあります。また、マリコも一度結婚しているのですが、元夫とは生活のすれ違いで離婚、きっと家事よりも科学を探究することのほうが性分に合っているんです。でも、そんな2人に共通するのは、犯罪に関わった人物の人間性を見つめる温かさをもっているというところです」と語っています。1984年に「第1回東宝シンデレラ」グランプリに輝いて女優デビュー。「こんなに長くやるとは思わなかった。目の前の作品に無我夢中で取り組んできただけ。今は警察関係者の役が多いから、OLとか主婦の役をやってみたい。犯人役もいいですね」と笑っています。❤❤❤

★沢口靖子さん誕生日の放送だった!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「松本清張記念館」に行ってきた!

 松本清張さんの死没を受けて、生前の功績を称え、後世に語り継ぐことを目的として、清張の郷里である小倉北区に「北九州市立松本清張記念館」が、小倉城址域の南西端の一角に、1998年8月4日に建立されました。今日の訪問は、津和野高校時代以来二回目になります。小倉駅から西鉄バスで約10分、「小倉城・松本清張記念館前」100円)のバス停で降りてすぐの所にあります。ここをちょっと歩けばもう小倉城です。私はこの記念館と小倉城小倉城庭園の三施設共通入場券(700円、別々に買えば1150円ですからずいぶんお得!)を求めてお邪魔しました。日常の喧騒の中にあって、静寂で穏やかな低層の日本瓦葺きの大屋根が連なり、平明かつ端正な容姿と力量溢れる大空間を、素材の持つディテールが生み出す対比によって、清張さんの『理』と『気』を来館者の心に与えたいと願った建築だそうです。この壮大な屋根瓦のカーブと丸みがとても印象的でした。同記念館の公式ウェブサイトはコチラです。

 

 館内では、地下1階から2階まで清張さんの業績に関するありとあらゆる資料が、映像(オリジナルドキュメンタリー)や展示物などで紹介されています。中でも驚かされるのが、東京にある松本邸の一部をそのまま館内に再現してしまったというコーナー。それも2階まで忠実に。東京都杉並区高井戸の自宅の外観をはじめ、遺族から寄贈を受けて、書斎や書庫・応接間を清張が亡くなった当時の状態で忠実に再現し、宅内の家具や書物、インテリアなどの小物に至るまで、すべて生前松本さんが使っておられた実物が、皆ありし日のままの状態で置かれていました。「この本はこの場所にこういう角度でこう開いて置かれていた」といった事細かな点にまで配慮された展示なんです。これにはさすがに呆然とするしかなく、館内の至る所に松本清張さんへの愛が感じ取れる施設でした。

 松本清張といえば小倉北区出身で芥川賞も受賞した日本の文壇を代表する作家。私は普段テレビドラマくらいでしか清張さんの作品に触れることはないのですが(あまり好きにはなれないでいます)、異例の42歳から作家として活動され、亡くなる82歳までの四十余年もの間、あらゆるジャンルを越えて多様な作品を生み出し続けた日本文学を代表する作家です。その作品数は長篇・短篇他あわせて千篇にも及ぶといいますからすごいですね。その松本さんの生い立ちから晩年までの全てを疑似体験できる施設が、ここ「松本清張記念館」です。館内には松本さんに縁のある品々をはじめ、生後から没年までの歴史を示した巨大な年表などが展示され、様々な角度から彼の人生を垣間見ることができます。

 ここで今日の耳寄りな情報を。これが私が清張作品をあまり好きになれない理由でもあるんですが…。私の大好きな西村京太郎先生と松本清張さんの間には、チョットしたいざこざがあったみたいです。『人生は愛と友情と、そして裏切りとでできている 西村京太郎 ザ・インタビューズ』(サンポスト、2015年)で詳しく、重田 玲さんがインタビューしています。私はこれを知って、「松本清張」の人柄に、疑問符をつけずにはいられませんでした。文壇の権力をかさにきた横暴ではないかと。

「楽観主義というだけでしょうか?でも、それがなにかを長く続けるコツかもしれないですね。人間って、人を憎んだりしたくなるじゃないですか。仕事をしていてもそう。人間が関わる限り、憎んだり恨んだりという感情は生まれるように思います。でもそれにとらわれすぎると、なにか物事を長く続けていくことって、難しいのかもしれないなと思いました。許す心も必要、というか」
「でも、恨んだこともありますよ」
「え、どんな出来事でしょうか?」
「一度だけ。松本清張さんに邪魔されてね」
「松本清張さんといいうことは、あの山村さんが受賞を逃した話も含めてでしょうか?」
「いや、あれは清張さんと山村さんとの話なんだけどね。要するに清張さんは山村さんに好意を持っていたと思うんです。そこに僕が入ってきちゃったから、嫉妬があったんじゃないかと思います。山村さんには『あんな若造で将来性がないヤツとは付き合うな』とか、いっていたらしくて」
「なるほど」
「そのころ清張さんは文壇ですごく力があったんです。それで、僕が新しい本を書いても出なかったことがあるんです」
「本が出ない?」
「光文社の本だったんですけど、突然編集部から連絡がきて、『これから清張さんの家に行って謝ってきてください』というわけです。
「それはなぜですか?」
「僕もそう思って、『どうしてすか?』と尋ねたんですね。でも、編集部からは『とにかく行ってくれればいいんです。清張さんに申し訳なかった、すみませんでしたと謝ってください』って」
「いきなりそんな…」
「でも、『謝らないとあなたの本が出ない』といわれて」
「え?話の脈絡がまったくわかりませんが…」
「でしょうね(笑)。僕もよくわかりませんでした。当時、清張さんは杉並区の浜田山のあたりに住んでいたのですが、結局、僕はそこまで謝罪に行きました」
「そもそも謝る理由ってなんだったんですか?」
「松本清張さんが、あいつの本を出すなって」
「え、西村先生の本をですか?」
「おそらく、山村さんのことで気に入らなかったんだと思います。清張さんが京都に行くときには、山村さんに着物を着てくるようにいっていて、着物姿の山村さんに京都を案内させていたらしいんですね。そこに僕が入っていったものだから…。それで編集部が僕に向かって、とにかく『すみません』と謝れば本が出せるからと」
「ちょっと理不尽な話の流れのような気がしますが…」
「出版社からすれば『本は出したいんだけど、清張さんが出すなといっているから、申し訳ないけど意味はわからなくても謝ってください。そうしたら本は出せるので、とにかく謝ってください』というので」
「清張さんはまさに文壇における権力者だったんですね」
「しょうがないからメロン買って謝りに行ったんですけど、会ってくれないんですよ。追い返されちゃってね」
「それは…。で、結局その作品はどうされたんですか?」
「出ましたよ。そのとき山村さんに、今松本清張さんとこんなことになってる、というような話をしたんです。そしたら『私がいってあげる』って。そうして出たんです」
「その本のタイトルはなんですか?」
「ヨットの話で、『赤い帆船』です。あとがきに、『この本は、松本清張さんのご厚意により…』という一文が入っているんですよ。清張さんが、こう書けば出してもいいとおっしゃったらしくて…。別に、厚意もなんにもないんですが…(笑)。要は、清張さんが昔ヨットを題材にした、ちょっと似たような本を出していらっしゃった。だから、あとがきにそう書けば出してもいいといったみたいです」

   

  このどろどろとした事件の全貌は、西村先生がミステリーの女王・山村美紗さんの姿を描いて捧げた自伝的小説『女流作家』(朝日新聞社、2000年)に、当時の様子が生々しく書き込まれていますので、ご興味のある方はお読み下さい。152頁から168頁がその顛末です。西村先生は矢木、山村さんは夏子、松本清張さんは松木(!)という名前で登場します。メロンを持って謝りに行ったが会ってももらえなかった、編集者からはとにかく謝ってくれと懇願され、途方に暮れる西村先生が詳細に描かれています。仲を取りなしたのは山村さん本人でした。❤❤❤

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

プレミアホテル門司港

 朝から晩までの学校勤務から解放されて、記念すべき旅行の第1回目は、門司港に来ています。いつもは行き帰りの計画をきちんと立てて、切符を手配して旅に出かけるのですが、今回は切符も買わずに、気の向くままぶらりと気まま旅です。たまにはこういう旅もいいもんですね。これからこうして旅に出かけることが多くなると思います。以前、津和野高校に勤めていたときの遠足が門司港でした。それ以来の訪問になります。特急「やくも」新幹線「みずほ」と乗り継いで小倉まで、鹿児島本線に乗って門司港へとやってきました。

 復元補修工事中の門司港駅から歩いて5分、チェックインしたのは「プレミアホテル門司港」です。イタリアの有名建築家故アルド・ロッシさん(1931~1997年)の最後の設計になる世界的な建築物としても名高い「門司港ホテル」が、2016年4月にリブランド・オープンしました。一度泊まってみたいホテルでした。正面の独特な姿にちょっと感動です。何でも門司の鮫をイメージして造られ、建物上部にある大きな丸い窓が鮫の目を表現しているそうです。対岸の門司港展望タワーの最上階からホテルを臨んでみました。これが鮫のイメージなんですね。

 館内に入ったらこんな素敵なお出迎えです。登って2階ロビーラウンジも、関門海峡の眺望を生かした開放的な空間にゆったりと寛ぐことのできるラウンジ・スペースとなっています。雰囲気のある造りです。お部屋も素敵です。関門海峡に面したお部屋をお願いしました(レトロ街側よりもお値段がちょっと高いんです)。関門海峡を正面に臨みながら、昨日学校で実施された「3年生6月進研マーク模試」の「見直しプリント」の原稿を整理していました。来週早々生徒たちに見直しをしてもらいます。ベッドはシモンズ社のものでした。「帝国ホテル」などの高級ホテルに導入されている、快適な眠りを追求した140年の歴史を持つベッドです。包み込むような寝心地で、熟睡することができました。ホテルのスタッフの人に、「夕陽がきれいですよ」と場所まで教えてもらったので、午後7時前にホテルの玄関を出て、関門海峡に面した波止場のベンチに腰掛けました。船が行き交う中を夕陽がゆっくり沈んでいきます。心癒やされる瞬間でした。ホテルのテラスからは関門海峡が正面に臨め、素敵な景色が楽しめます。スタッフの人もとても親切で、オススメスポットまでたくさん教えていただきました。天秤座」という美味しいパン屋さんを紹介してもらって歩いて出かけましたが、定休日でガッカリ!

  朝食も地元の食材にこだわって、産地直送サラダバーや、美味しさと栄養バランスにこだわって厳選した、九州の地元産直送の新鮮な朝採り野菜やフルーツを多彩に取り揃えていました。毎朝ホテルで仕込み、オーブンで焼いたフランスパンやマフィン等、自家製焼きたてのパンもふんだんに。昨日も食べた門司港名物「焼きカレー」も美味しくいただきました。料理長のこだわりをたっぷりと詰め込んだ特製の焼きカレーです。ホワイトソースとカレーの絶妙に絡み合うチーズとの相性も抜群の一品です。脂がほどよく乗った銀鮭を伝統的な塩麹に漬け込んで調理した、ほのかな甘みが特徴の鮭の塩麹焼きもいただきました。奥の所に特製スープを作ってくれるコーナーがありました。オニオンスープ」「ミネストローネ」「コーンスープ」が用意されています。係の人がトッピングの好みを聞いて、特製のスープを作ってくれます。私は「オニオンスープ」をお願いしました。玉ねぎを飴色になるまでじっくりソテーし、鶏ガラベースのブイヨンから作ったコンソメを使用した、深みのある味わいです。さらにスープに合わせて、グリルトマトを混ぜてくれます。熊本県産の産地直送トマトを使用し、モッツァレラチーズとベーコン、ガーリックチップをトッピングした絶妙なまろやかさが特徴です。これが美味しいこと!何よりも雰囲気の素敵な朝食レストランでした。これから小倉に向かいます❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

N4

 私はコイン・マジックはほとんどやらないのですが、現象の強烈なギミック・コインだけは、結構買っているんです。発売されたときに買っておかないと、すぐに入手不能(絶版)になってしまうからです。以前、「N3コインセット」が出た時から、この「N4」が待ち望まれていましたが、なかなかマーケットに出回りませんでした。
N3」は、銀貨(ハーフダラー)⇒銅貨(ペニー)に変化します
N4」は、この反対で銅貨(ペニー銀貨(ハーフダラー)に変化します

このギミックコイン、なかなかの出来で、いろいろな使い方が考えられそうです。

 取りだした2枚のコイン、銀貨(米国ハーフダラー)銅貨(イングランドペニー)を観客に渡して、握ってもらいます。その中から1枚銅貨を取出し、演者の指先に持ちます。観客はまだ銀貨を持っています。演者が持っている銅貨ペニーにフッと息を掛けた瞬間、一瞬で銀貨ハーフダラーに変わってしまいます。観客が握っているコインを見てもらうとそれは銅貨ペニーです。瞬間に入れ替わりました!すぐに2枚のコインを観客に渡し検めてもらいます。変化後のコインは即、裏表検められます。動画のように、「N3」「N4」を組み合わせるとさらにビジュアルで不思議な変化現象となります。即リセット完了。シェルは使っていません。両手が空から始まり空で終われます。ギミックコインにはフラップはありませんので、ゴムが切れるといった心配は全く不要です。変化後の裏表の検めも完璧です。宙にコインを投げて裏表見せられます。フラップでもない、シェルでもない、精巧な新ギミックが見せる瞬速のコインチェンジです。あらゆるコインマジックにこの「N3」「N4」を取り入れてビジュアルなコインチェンジを楽しむことができます。

 私は普段こんな使い方をしています。イングリッシュペニーハーフダラーを片手に持ち示します。他には何も持っていないことを確認した後に、「一瞬ですから、よ~く見ていてください」と言って、その2枚を右手から左手に投げて飛ばします。左手でキャッチしてそのまま握ってしまいます。両手を握った状態で、まず右手には何も持っていないことを示し、今度は左手をゆっくりと開きます。そこにはハーフダラーしかありません。コインはすぐに両面を観客に示します。イングリッシュペニーは、あろうことかポケットの中から出てきます。このギミック・コインの優れた点は、次のような点でしょう。 ♠♣♥♦ 

・すぐに簡単にセットができる。
・リセットもすぐに出来ます。
・簡単に演技が出来ます。技術不要。
・どんな場所でも演技が出来ます。
・空の手から始め、空の手で演技を終われる。

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

Triple Coincidence

★3段構えの予言トリック!!これはすごい!

 たった1つのデックで、3つのフリー・チョイス(自由選択)を完全に当てることができるトリックが「Triple Coincidence」です。製作はドイツカードシャーク( Card-Shark)社で、フェニックス・デックですから、品質はお墨付きです。非常にきれいな作りです。今私の一番のお気に入りトリック・デックと言っていいでしょう。

 マジシャンは1組のデックを取り出し、カードの裏面にはそれぞれ1から52までの数字が黒いマジックで大きく書かれていることを検めて示します。デックはランダムにシャッフルされているため表や裏の数字はバラバラになっています。まず、マジシャンは一つのカード、例えば「ハートのQ」を言います。観客に、そのカード裏面の数字は何だと思うか、一人目の観客に尋ねます。例えば「35」と答えます。デックから「ハートのQ」を取出し、その裏の数字を確認します。なんと観客が選んだ「35」です!見事、指定したカードの裏に書かれた数字を観客が当てました!これが1回目の奇跡。

  次に二人目の観客にも、同様のことを行います。マジシャンが指定したカードは「ダイヤの2」 観客が自由に推測して答えた数字は「17」デックから「ダイヤの2」を取出し、その裏の数字を確認します。観客が選んだ「17」です!再度、観客はカードの裏の数字を当ててしまいました!これが2回目の奇跡。

 最後の3回目は、今度は、演者が数字を最初に言い、その後観客がそのカードの表のマークと数字が何かを当てるという、今までの実験とは逆の方法で試してみます。マジシャがランダムな数字(例えば「27)を言い、三人目の観客にそのカードが何だと思うかを尋ねます。ここで観客が全く自由に1枚のカードを心に決めて言います。例えば「スペードの7」デックの中から選ばれたこれらのカード(スペードの7)を取り出します。そのカードの裏の数字を確認してもらいます。なんとその裏の数字は「27」ではありませんか!3回とも全て組み合わせが一致しました! あり得ない偶然が3回も重なったことになります!

 この現象は、以前に出ていたBrian Caswell「Trilogy(トリロジー)」に着想は似ていますが、今回のカードシャーク社の作っている特製デック・フェニックスのダブルデッカーのおかげで、ハンドリングが大変クリーンで確実なものになりました。従来まであった妥協と制約に対する、完璧な解決策が実現しています。使うデックは本当にたった一つだけです。 数字も1~52まで全て書かれていることを検めて見せることもできます。カードのフェイス(表面)も全てのカードが揃っていることを検めて見せられます。かなりフェアな検めが可能になっていますね。それでは、3回連続して起こる奇跡的な偶然の一致Triple Coincidence)をお楽しみください。♠♣♥♦

(追記) なおこの素晴らしいデック「Phoenix Double Decker」(ダブルデッカー)の効果的な手順については、カードシャーク社から、英文の「手順書」を無料でダウンロードできるようになっていて(⇒コチラです)、一流マジシャンによる様々な手順が解説されています(16種類)。私も早速試してみています。フェザータッチ・マジックの竹本修さんが、その<日本語版>を販売しておられます(1200円)。❤❤❤

 明日から4日間も休みが取れたので、何の計画も決めずにフラっと旅に出てきます。自由な身となって、初めての旅行です。楽しんできます。♦♦♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

歴史

 あるとき、あの文豪・夏目漱石の家に泥棒が入りました。そしてその泥棒は、漱石の家の庭にウンチ(!)をしてから逃げました。明治時代には、泥棒は自分が押し入った家に脱糞すると捕まらない、というジンクスがあったようで、漱石の家に入った泥棒もそれにしたがったようです。このような状況から、いったい何が分かるか?警察は庭についた泥棒の足跡の大きさやくぼみの深さから、泥棒の体重や体格をほぼ推定することができます。また糞を詳しく分析すれば、泥棒に入る前に何を食べていたかが分かります。もしかしたら、泥棒の身分までも推定できるかもしれませんね。

 ところで、この泥棒が自分で持っていた手帳日記帳を庭に落としていったとしましょう。すると足跡や糞からは分からなかったことが一気に分かります。この泥棒が日頃どんなことを考えていたか、毎日どんな生活をしていたかが明らかになるでしょう。ひょっとすると名前も分かるかもしれませんし、親や親類あるいは交友関係まで分かるかもしれません。

 泥棒の本質を知るには、足跡や糞から分析されるものは非常に重要な証拠となります。これは学問で言えば、考古学」に属するような研究分野だと言えるでしょう。一方で、彼が落としていった手帳や日記帳に基づいて、泥棒の姿を推定していくのは、歴史」の研究にあたります。歴史の研究にとって絶対に必要なものは、「書かれたもの」なのです。その「書かれたもの」の裏付けとして、考古学的な研究が極めて貴重な証拠となるのです。

 なるほど。この漱石の家に入った泥棒の話は、最近お亡くなりになった、尊敬する渡部昇一先生が、新著『名著で読む日本史』(扶桑社文庫)「まえがき」に書いておられました。「歴史」の勉強の本質をついた話として心しておきたいですね。渡部先生を悼む記事や先生の追悼号がたくさん出始めました。先生がいかに偉大であったかを改めて噛みしめています。

 私は教室でよく「賢者は歴史に学ぶ、愚者は体験に学ぶ」という話をします。これは、ドイツの初代首相ビスマルクが残した言葉とされています。言葉の内容は、愚か者は学ぶことなく行動し、その結果失敗して初めて間違いを知るが、賢明な者は先人の知恵及び知識を活かして予め言動の是非を知り、実際に行動する際に失敗しないという意味です。 私が過去のセンター試験の詳細な分析に基づいて、次年度の予測をするのもこれに相当します。 過去問は実にいろいろなことを教えてくれます。⇒過去問の意義に関して私の詳細記事はコチラです。 ぜひお読み下さい。❤❤❤ 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

カードシャーク社の火事

 このブログでも、最近よくカードシャーク(CardShark)社の商品を取り上げます。大変質のいいマジック製品を届けてくれる会社です。去る4月10日に、会社からメールが来て驚きました。4月8日の夜、フェニックスデック」でも知られるこのドイツのメーカー「Card Shark」の倉庫で、火災が発生したとのこと。真夜中に電話で呼び出され、倉庫に行ってみると火の海だったそうです。奇跡的なことに、死傷者は一人もいなかったものの、倉庫はデック類やDVDといった商品在庫の保管以外に、工場として生産も兼ねていたため、そうした製作機材などがもろとも被害に遭い、経営に大きな打撃を与えました。火災の詳しい原因はまだ明らかになっていませんが、巨大な工業用地の中にあり、そのうちの一ヶ所から同社の倉庫に燃え移ったと考えられているようです。幸いなことに、オフィスや出荷部門は、経営者のクリスチャン・シェンク(Christian Shcenk)の自宅の中で行われており、一部の在庫はまだドイツ国内に残っている状態です。加えて、同社では、アメリカ国内にも倉庫を持っていて、そこには北米及び南米の顧客に出荷予定の在庫や完成済みの製品も多く、すぐに在庫が切れることはないとの見方を示しています。しかし一方で、全世界から、支援と称して商品の購買運動が一挙に集中すれば、生産が追いつかず、皮肉な事態に見舞われる可能性も考えられるかもしれません(現に品切れ状態が続いているショップもあります)。

 それでも、倉庫の中で商品の製作も兼ねていたことが尾を引いているのは事実で、しばらくの間、販売業を休止する必要があるとのこと。そもそも、フェニックスデック(Phoenix Deck)とは、マジックの世界に通じ、グラフィックデザイナーでもあったクリスチャン・シェンクがプロデュースしたマジシャン用のデックでした。少し振り返ってみましょう。

 それまでゲーム用に使われてきたバイシクルとは異なり、こちらは製造過程からプロのマジシャンが使うことを意識したデザインとなっています。例えば、バックデザインやフェイスにワンウェイデザインが施されていたり、バイシクル・ユーザーからスムーズに乗り換えられるよう裁断方法には旧式を使ったりと、発売当時から脚光を浴びました。以降、マジシャンが愛用するトランプの新たなスタンダードとなるべく、デザインの修正や品質の向上、ギャフ・デック/トリック・デック/パーラー・デックの製造などに力を注いできました。つい先頃には、カードサイズそのままにインデックスの大きさを1.5倍にした「フェニックス・ラージインデックス」が全世界に向けて発売されたばかりでした。このほかにも、Card Shark社製の商品には、傑作が多く見られます。私はこの会社の作品の大ファンです。

 続いて4月18日、あの悲劇から10日後、Card Shark社から続報のメールが届きました。

 数日前、自社倉庫が火災の被害に遭い、商品や製造機材が全焼する事態となりました。そこで、我々は「Rise from the Ashes」と題し、商品券と引き換えに運営立て直しのファンドを呼びかけました。すると、世界中から莫大な援助と励ましのメッセージが届き、私は涙していました。振り返ること8年前、初めてフェニックスデックをリリースしたとき、私は深刻な問題に直面していたことを覚えています。というのは、US Playing Cards社から届いた初回生産のデックすべてが、思っていた以上に品質が悪く、短期間ですぐに劣化してしまうことがわかったのです。その後、原因がUS Playing Cards社のある特定の印刷機に問題があることを突き止め、すぐさま再起を図ることができました。そして現在、状況はあの頃とは一変しました。当時とは違い、妻と義理の妹とともにファミリー・ビジネスへと進展し、次々と新たな企画に挑戦する毎日を送っています。そのうえ、Card Shark社の代表として、ロジャー・ニコット(Roger Nicot)やドニー・バックリー(Donnie Buckley)らが就任。彼らはこの不況の中、本当に素晴らしい仕事をしてくれていると思います。それでも、今回、世界中のマジシャンたちから受け取ったフィードバックに比べれば、言葉もありません。親しいマジック関係の友人から会ったことすらない愛好家まで積極的に商品券を買ってくれたり、人によってはいち早く駆けつけてくれたりと。それはもう圧倒されっぱなしでした!本当にありがとうございました。皆さんのご支援を胸に、必ずや素晴らしい商品を作り、皆さんに恩返ししたいと思います。実は、もう既に新たな倉庫をそれも以前より広い場所を見つけていて、早速契約しました。ちなみに、保険には入っていたのですが、火災で失われたことを証明するための過去10年分の税務書類も全て灰となってしまったせいで、もうしばらく時間がかかるようです。このようにフェニックスはもうすぐ灰の中から孵化しようとしています。そして、再び立ち上がります!

 頑張れ!カードシャーク社!♠♣♥♦

 

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

新しい生活だ!

 この2年間ずっと、松江北高で、早朝から晩まで勤務しておりましたが、今日(6月5日)から、授業のある時間に出勤し、授業が終われば帰ることができるという新しい生活が始まりました。一切の校務分掌からも解き放たれました。おまけに、週の中程には学校に行かなくてもいい日が1日ある、という幸せをかみしめております。この日は旅行に充てると決めました。長く勤務してきたことへのご褒美と思って、楽しみたいと思います。7月は各地で授業や講演会で忙しくしておりますが、8月は学校もなく、暇を持て余しております。ボケない程度(笑)には働こうとは思っていますが。

 2年前に定年退職したときには、すべてのお申し出を断って、念願だった悠々自適の生活を選びましたが、事情があって2ヶ月ほどで、再び学校に戻ってきました。その生活もようやく終わり、ちょっと解き放たれた生活に入ることになりました。やり残した仕事、やり遂げないといけないことが山のようにあるので、この時間的な余裕はありがたいんです。家の整理もしないといけません。本が山積みです。買い溜めてたまり放題のマジックも「蔵」に片付けないといけません。まだ訪れたことのない地も制覇したいですし。夢は広がりますね。

 勤務形態が切り替わることで、保険証を事務に返却したんですね。新しい保険証が来るまでは、保険証なしで病院通いです。昨日も、病院で実費を払ったんですが、3万円近くかかりました。「保険証」の有り難みを実感したことでした。何事もこうしてなくなってみると、その有り難みがよく分かりますね。早く来い来い、保険証!です。病院を6件もはしごする身ですので。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

財津和夫さん大腸がんに

 「心の旅」「虹とスニーカーの頃」「サボテンの花」などのヒット曲で知られる4人組バンド「TULIP(チューリップ)」のボーカル・財津和夫(ざいつかずお、69歳)さんが、大腸がんと診断されたことを公表しました。昨年9月から開催していたチューリップ結成45周年」を記念した全国ツアーの残り4公演を中止し、治療に専念することを決めました。ガンのステージに関しては公表を控えていますが、「現状は深刻な状態ではない」と説明しているといいます。

 5月下旬に体調不良を訴えた財津さんは、医師の診察を受けた結果、「腸閉塞」と診断されたことを当初公表していましたが、その後、精密検査の結果、「大腸癌(下行結腸癌)」が明らかになりました。関係各所との協議の結果、しばらくの間治療に専念するために、7月22日に故郷の福岡で千秋楽を迎える予定だったツアーは、残す4公演をすべて中止にします。来年2月には古稀の誕生日を迎えることになっていた財津さんは、無念の思いを綴りました。

皆様へ 

 5月下旬、腸閉塞の治療のため入院中に受けた精密検査の結果、大腸癌(下行結腸癌)が見つかりました。関係者の皆様へ多大なご迷惑をおかけすることになってしまいますが、しばらくの間ステージ活動を休ませて頂き、治療に専念させていただくことをお許しください。また、ご来場を予定して下さっていたお客様へ心よりお詫び申し上げます。チューリップ45周年ツアーもラストスパートに差し掛かっていただけに心残りです。完走できなかった今回のツアーですが、来年にはチューリップの一員として新たなコンサートツアーを開始するつもりです。皆様とお会いできることを楽しみにしています。

2017年6月2日
財津和夫

 チューリップのメンバーもコメントを発表。ボーカル兼キーボードの姫野達也(65歳)さんは、「ライブを完走できない事、責任を感じているだろうし、本人が一番悔しい思いでいることでしょう」と財津さんの胸中を代弁しました。ドラムの上田雅利(66歳)さんは「財津さんが元気復活を果たし、皆さんとの再会を果たせるよう、日々を大切に重ねる所存です」と。ベースの宮城伸一郎(61歳)さんも「チューリップとして共にステージに立てるよう祈っています」と願いました。

 私はあの財津さんの声が大好きで、チューリップの頃から応援していますが、ぜひ病気を克服して帰ってきてもらいたいと切に願っています。またあの素敵な歌声で私の一番好きな「青春の影」を聞かせてもらいたいものです。そういえば、大好きなさだまさし(65歳)さんも、最近のどの調子が悪くコンサート(郡山・仙台・秋田)を3本キャンセルしています。5月27日深夜の「今夜も生でさだまさし」の出演後に発熱、のどの痛みや声のかすれが出ました。未だ納得のいくパフォーマンスを行うことは難しい状況で、無理をしてステージに立つことはご来場のお客様にかえって不誠実であると判断致しました」との事務所からの発表でした。医師の診断書によれば、病名は「急性咽頭扁桃炎 安静加療を要する 全治7日間の見込み」ということです。自宅で療養して快方に向かっていると聞いていますが、一日も早い回復をお祈りしております。

 私も昨日の病院検査では、過去最悪の数値を見せられ落ち込んでおりますが、年を取ってくると、健康のありがたみをしみじみとかみしめるようになってきます。ちょっとこの2ヶ月は羽目を外しすぎました。節制します。

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

ベニ屋のカレー

 JR鳥取駅を降りて、若狭街道を歩くこと5分、創業昭和23年、カレーが名物の老舗喫茶店「ベニ屋があります。鳥取大学に通う教え子たちが教えてくれた美味しいお店です。鳥取県はカレーの消費が全国でもトップだそうで、カレー推しな県という事でも知られています。店内には、宮川大輔ケンドーコバヤシ、最近の所では、スピッツのサインもあったので、有名人の通う店としてメディアに露出する事もあるのかもしれませんね。県外から足を運ぶ人も多いようで、この日も、観光客らしき人が店内に結構いました。

 このお店は営業時間が朝8時からと、めちゃくちゃ早い開店だということ。これは、旅行者にとっては、時間を有効に使えるのでありがたいですね。そして、朝から高カロリーな食事をとっても、その足で、運動がてらに鳥取砂丘を歩けば、カロリーを消費しながら観光もできますよね。今日は「ベニ屋」のご主人に「なんでこんなに朝早くから営業しておられるのですか?」と聞いてみました。特に土・日になると、ビジネスマンの人たちが8時の開店を待ってなだれこんで来られるそうです。朝カレーを食べた後に、次の仕事に出かけて行かれるという光景があるんだそうです。8時から9時までが激戦の時間帯ということでした。ご主人の写真も撮らせていただきました。ご許可をいただいて掲載します。

 名物はチキンカツカレー(800円)。私も朝8時からカレーです。見た目は、黒っぽく欧風カレーのようで、ジャガイモやニンジンがゴロゴロ入ってないのが特長。味は少し甘くてコクのあるカレー。カレーってスパイスの配合で個性が出しやすい料理だとは思いますが、このお店のは良くも悪くも日本人好みしそうなカレーです。ということで非常に食べやすい。1週間以上かけて作るカレーは、創業から製法が変わっていないようで、60年以上経過した今でも愛されているということは、完成度がいかに高いかがうかがえます。やる気のない喫茶店が、業務用のカレーでお茶を濁している事を考えると、このお店はさすがに老舗だなと感じます。美味しくいただきました。❤❤❤

◎週末はグルメ情報です!!

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

NIFREL

 今回大阪に行くにあたって、どうしても訪ねてみたい場所が「NIFREL」でした。1990年から大阪市で水族館を運営している「海遊館」ここには昨年行きました)がプロデュースした、「生きているミュージアム」との呼び名を持つ施設です。「感性にふれる」をコンセプトに、従来の水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、アートの要素も取り入れた生き物の美しさ・不思議さを直感的に表現した、子どもから大人まで、感性を豊かにする展示を行っています。そのため、水族館でよく飼育されている魚類や水辺の生物に限らず、哺乳類や鳥類も飼育していて、全く新しいタイプの水族館です。施設の名前「NIFREL」の由来は、コンセプトの「感性にふれる」から採用したとのことです。「にふれる」⇒「ニフレル」⇒「NIFREL」という洒落です。なるほど!ロゴマークは、進化する生物とEXPOCITYのゲートとしての役割をイメージして、頭文字のnを図案化した水色のものが制定されました。

 市販されているガイドブックやホームページには、アクセス方法として、私の泊まっていた「ユニバーサルシティ駅」より環状線大阪駅まで行き、改札を出て歩いて梅田駅から地下鉄御堂筋線「千里中央駅」へ。モノレール駅から 「大阪モノレール」に乗り換えて千里中央駅から「万博記念公園駅」で降りて歩いて2分、と書いてあります。実に面倒くさい!何かもっと便利な行き方はないものか?ホテル(「ユニバーサルタワー」)のフロントの女性に相談をしてみました。すると、この案の他にもう一つ便利な方法があるという。それは環状線大阪駅まで出て、京都線に乗り換えて「茨木駅」まで行くと、駅前に「万博記念公園行き」のバスが20分間隔で出ているとのこと。こっちの方がはるかに楽チンです。この方法で向かったんですが、1つだけ誤算だったのは、連休中ということもあって万博記念公園行きのバスが、長蛇の列で超満員であったことです。それさえなければ、絶対にこの方が楽チンでした。

 「万博記念公園」に入るのにも、とんでもない大行列でしたが、橋を渡って歩いて「NIFREL」にやって来て、またビックリ。チケット売り場から長蛇の行列が続いています。係員の方が「チケット購入まで30分待ち」という看板を持って案内をしておられました。ここを目標に来ているのですから、いくら待たされてもはずすわけにはいきません。実際には15分くらいで、入場券を購入でき、館内に入ることができました。3階建ての建物ですが、私たちが入れるのは1階と2階部分です。

 建物は鉄骨造り3階建てで、館内は7つのゾーンで構成されていました。いずれのゾーンにも、「生き物たちの一番面白い特徴や特性を知るための謎かけ」として、夏井いつき(俳人)さんの監修による「生きもの五七五」(飼育する生物の特徴や性格を俳句で表現した種名版)をすべての水槽に掲示していました。入り口でいただいたパンフレットには、次のような言葉が最初に出ていました。

不思議さに目を見はる。驚きや神秘さに興味を持つ。その驚きや感動を、きっと誰かと共有したくなる。生きものたちとの出会いにより、あなたの感覚は共鳴し、つながって、生きもののように目を覚ますのです。ここで出会えるのは、生きものだけじゃない。かつてない体験を通じて見つかる、新しい自分でもあるのです。  生きているミュージアム ニフレル

◎「いろにふれる…入場すると「いろにふれる」ゾーンからスタートします。水のゆらぎを感じる蓋のない13台の水槽には、赤や青、黄色など色鮮やかな魚たち、ゆるやかに色が変化していく世界が楽しみなゾーンです。青やピンク、緑色と照明の色が変わります。どの色に心を奪われますか?

◎「わざにふれる…水を噴く、砂にもぐって隠れる、周りと同じ色に変化する、など生き物たちのオリジナリティあふれる「わざ」を間近に見ることのできる工夫を凝らした水槽で、キュレーター(ここではスタッフのことを「飼育員」ではなくこう呼びます)が分かりやすく解説してくださいます。擬態するヒラメやカブトガニの裏側、ドクターフィッシュの感覚など印象的でした。

◎「すがたにふれる…光のドットが無限に続く空間の中に、生き物たちの不思議な姿が浮かび上がります。一見無機質だけれど美しい造形物と、姿かたちが不思議な生き物の個性に魅了されるゾーンです。美しい造形物と生き物の個性が調和したアーティスティックに配置された水槽が魅了します。

◎「つながりにふれる…壁と床、2面のスクリーンで迫力ある立体的な映像を上映。自然、生き物、私たち・現代生活にある「つながり」を発見できます。私たちと生き物、「同じもの」は近くに感じ、「違うもの」は面白いのかもしれません。

◎「みずべにふれる…光が差し込む広く開放的な空間には水辺に棲む大型動物の暮らしぶりが提示されます。その迫力に、驚きと感動が湧き上がりました。

◎「うごきにふれる…生き物たちの柵のない遊び場にちょこっとお邪魔できる空間です。ホワイトタイガーやワニやカピバラやペンギンなどの生き物たちが自由気ままに動き回っていて、至近距離で感じることのできる体験は、視覚的な体験とはまた違う感動を与えてくれますね。自由奔放な「うごき」を感じられる新体験に胸が高鳴ります。

◎「WONDER MOMENTS…吹き抜けの大きな空間に、アーティスト松尾高広さんが描く光のインスタレーション。宇宙から星を眺めるような神秘的な空間アート体験。水の彫刻や花木、宇宙などが球体に描かれ、光のシャワーが降り注ぎます。映像と音楽が融合した、これまでにない神秘的で幻想的なアート空間が広がっていました。フロアの映像は人の動きに反応して変化します。映像は全17シーン。約10分間上映されます。ずーっっと見ていられる美しさでした。

 水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアート作品を楽しむように生き物や自然の魅力を直感的に楽しめる工夫を凝らした新感覚型ミュージアムでした。ゾーンごとに全く異なる世界が広がっています。360度楽しめる新しい展示方法で、見て、感じて、生き物の生態や自分の感性「にふれる」ミュージアムでしたよ。

 二階には、カフェ「EAT EAT EAT」が併設されていて、窓からは「太陽の塔」が、室内では生き物を眺めながらのカフェスタイルはここだけだそうですよ。私は予習段階から、ここのカフェでどうしても試してみたい食べ物(飲み物?)があったんですが、それはまた回を改めて報告します。食べる水」という食品です。出口にはスーベニア・ショップがありました。可愛らしいぬいぐるみがいっぱいありましたね。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

MoCo Lo Coco閉店

DSC09614
DSC02691 
     黄色い看板が目印の雑貨屋さんです。2015年の8月に、浜乃木にオープンしました。文房具やヘアクセサリー、キッチン用品に、バスグッズ、ギフト商品など、店主さんがセレクトしたアイテムが豊富な取り揃えられています。つい手に取りたくなるような女の子が大好きな可愛いアイテムが盛り沢山です。ラッピングも無料だそうです。お子様連れ、女性同士誰と来ても楽しめるお店です。かわいらしいデザインDSC02692の文具や雑貨を集めたセレクトショップ。ステーショナリー、アクセサリー、インテリア、日用雑貨など、全国の業者とやり取りをして集めた豊富な品揃えが魅力。10代向けのファンシーグッズから、20代、30代向けの大人っぽさとかわいらしさが同居したデザインのものまで、多彩なアイテムが並ぶ。中でもマスキングテープや、便せん、ペーパーナプキンなどの紙製品が充実。私はここに売れている「ケース付きの付箋」を重宝して、大量に買い付けました。これ意外に便利なんです。ただその当時、こういうおしゃれな文具や雑貨のお店が松江で成立するとは思えませんでした。私が行くときには、いつもお客は私一人でした。

 今日5月27日、運動公園に総体の下見に出かける際に、通りかかったら、案の定、店はたたまれて、屋内はがらんどうになっていました。やはり松江では商売にならなかったということでしょう。


 最近松江を回っていると閉店したお店をよく見ます。日赤の前のパン屋さん、春日のラーメン屋さん「花椿」、長続きすることの難しさがよく分かります。

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

大阪で大好きなお店

 大阪に出てきたら、絶対に外せないお店が2軒あります。大阪駅に隣接する「ルクア」8階にある「フランフラン」と(⇒私のレポートはコチラ)、ルクア1100(イーレ)の7階にある「フライングタイガー」です(⇒私の詳しいレポートはコチラ)。どちらもインテリア・ショップなんですが、ちょっと他のお店とは差別化した商品がいっぱいあって、大好きなんです。今回は、万博記念公園」「NIFREL」の大行列で時間が大幅に狂ってしまい、、あまり自由時間がなくなってしまったんですが、どうしてもここだけは外せません。短時間を覚悟で立ち寄ってみました。

 「フライイングタイガー」では、特に目立ったものはありませんでしたが、ジャンボトランプ(400円)と新しいデック(200円)が入荷していましたので、買っておきました。ちょっと珍しいトランプです。文房具も北欧らしいものがたくさんあり、私は大好きなお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 もうひとつのお店「フランフラン」は、新幹線「さくら」の時間が迫っていて、どうしようかとかなり迷ったんですが、せっかく来たんだから短時間でも寄っておこうと思って、駆け足で向かいました。最初に入り口で目に付いたのは、私の大好きな青色の素敵なグラスでした。輝く夏の日差しを受けて多彩な表情を魅せるクリアグラスです。これから暑くなるので、冷たい飲み物を入れるのにうってつけだなと思って、2個セットで買っておきました。移動して、クッションの売り場に行くと(このお店には毎回訪れるたびに、面白いクッションがあって買って帰ります)、リボン型のクッションが黒と青の色違いで置いてありました。これちょっといけるんじゃないかと思い、ペアで購入しました。今までにない形状の、太めのボーダーが存在感のあるリボン・クッションです。ソファやベッドに置くだけで、お部屋がぐっと大人可愛い雰囲気になります。八幡家のリビングのソファに置いてあります。いつもは配送してもらうんですが、配送手続きの時間も押していたので、ここは持って帰ることにして、大きなお店の袋に入れてもらいました。「新幹線」「やくも」の車内でも結構かさばって運搬に苦労しました。

 「フランフラン」は1992年7月に、東京・天王洲アイルに誕生したお店です。「franc」は、フランス語で、「率直な、正直な、誠実な、自由な、純粋な」という意味。普段の気取らない生活の中で「今」という感性を軽やかに、豊かに表現し、一人一人の住空間に、このfrancを届けたいという思いを込めたものです。今創立25周年を迎えるのにあたって、今後も「フランフラン」が成長し続けるために、スケール感と視認性の向上を目的に、ブランドロゴをリニューアルしました。デザインには、既存ロゴを手掛けたアラン・チャン氏を起用しています。これまで親しまれてきたロゴのイメージを崩さずに、より強いイメージを持たせています。従来のボタンマーク(丸ロゴ)を廃止し、ボックスロゴを新たにデザインしました。四角の枠の中にFrancfrancを上下に並べることで、今までにないダイナミックな印象を与えることができ、存在感を放つことができると考えました。ロゴの変更に合わせ、店舗内装も順次、リニューアルする予定とか。楽しみです。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

お帰りなさい、佐藤先生!

 2年間のミシシッピ大学・大学院で、外国語英語教授法を学ぶ留学生活を終えて、佐藤敦子(さとうあつこ)先生が無事帰国されました。今日、学校に帰国のご報告に見えられました。私は、退職した後のこの2年間、佐藤先生のお留守番役で、北高に勤務していたんです。さあ、これでやっと無罪放免!と思っていましたが、6月からも引き続き、非常勤で北高に勤めることになりました。週に1日だけ学校に行かなくてもよい日があって、これが今からめっちゃ楽しみなんです。旅行日に充てようかと計画中です。教員になって今まで、旅行らしい旅行をしたことがありませんでした。そもそも休みを取ることをほとんどしてこなかったので。部活動と、進学指導と、校務に明け暮れる毎日でした。それでも退職してからは、少しずつ取り戻すべく、全国各地に出かけてはいますが(笑)。

 佐藤先生は、私が退職するまでの2年間、英語の新規採用教員として勤務され、私は彼女の指導教員を務めました(逆に私が教えてもらっていました。「フェイスブック」を教えてもらったのも先生です)。私は毎日朝6時半には登校して、その日の準備や仕事の段取り、生徒の質問を受けたりしているのですが、佐藤先生はその私よりも早く学校に来て、美味しいコーヒーを入れて待っていてくださいました。そのコーヒが美味しいのなんのって!!この2年間は私がコーヒーを入れていました(笑)。

 私の今担当している2年生の授業と校務は、そのまま佐藤先生に引き継ぎ、私は補習科の授業と、新しく3年生の授業を非常勤で担当します。少しゆとりのある新しい生活が6月から待っています。今からとても楽しみですね。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

See you again

 キャサリン・クラフト『日本人の9割が間違える英語表現100』(ちくま新書、2017年)の16ページに「”See you again.”を連発する日本人」と題して、クラフト先生は、次のようなことを書いておられます。

 別れ際、日本人は”See you again.”と言ってしまいがち。この表現は「これでお別れですね」、あるいは「(もうお会いすることはないでしょうが)またどこかでお会いできたらいいですね」という離別のあいさつ。”永遠の別れ”を予感したときに用いるフレーズです。私自身、これまで一度も”See you again.”と言ったことがありませんし、またあえて言わないようにもしています。ところが、日本人は「またね」といったニュアンスでこの表現を連発しています。どうも学校でそう教えているらしい…。困ったものです。

 このように、一つの表現の典型的な使い方まで押さえておかないと、とんだ誤解を招きかねません。See you again.」の意味は、「さようなら」とか「また会おう」ではないのです。その人としばらく会えそうにない状況で使うのが「See you again」。「ここお別れすると、この先何年も会えなくなるだろうし、ひょっとしたら2度と会えなくなるかもしれないけど、いつかまたお会いしたいものですね。」というのが、この「See you again.」に込められた気持ちです。ですから、明日また学校で会う友達に「See you again.」などと言ったら、友達は驚いて「え?転校でもしちゃうの?もう学校に来ないの?」と尋ねてくるかもしれませんね。自分がよその町に引っ越しをするので、友達ともう会えなくなってしまうとき(いつかまたどこかで会いたいな)という思いを込めて言う、さよならの挨拶が「See you again.」なのです。日本語の「お元気で」「お達者で」が近いかも知れませんね。「またね」とか「さようなら」とか「また会おう」とかの挨拶、友達同士がさよならをするときの軽い挨拶は、「See you later.」です。ここら辺をはっきりと教えてくれる本は極めて少ないですね。❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

JRゆめ咲線

 新幹線で新大阪駅に降りて、神戸線で大阪駅へ向かいます。大阪駅から目標「ユニバーサルシティ駅」に行くには、JRゆめ咲線桜島行きに乗る必要があります。方法は2つあります。

1.JRゆめ咲線(桜島線)直通電車に乗る☆

 これに乗ると、直通でUSJに行くことが出来ます。時間帯にもよりますが約20分に1本の間隔で、ゆめ咲線が環状線内に入ってきます。環状線内に入ってくるJRゆめ咲線・桜島行きに乗れば大阪駅を通り(西九条まで各駅停車)、直通でユニバーサルシティ駅に行くことができます。環状線オレンジ色の場合もあり。

2.JR環状線で西九条駅まで行き、JRゆめ咲線・桜島行きに乗り換える☆

 環状線内に「ゆめ咲線」が入ってこない時間帯があります。その時は西九条駅まで行きます。内回り(反時計回り)に乗り、JR西九条駅で降ります。すると向かいのホームにJRゆめ咲線・桜島行きが入ってくるので、それに乗り換えます。

USJ電車で行く方法
 

 この「ゆめ咲線」にはラッピング電車が走っています。「ハリーポッター」「ユニバーサルワンダーランド」内の人気キャラクタースヌーピー、ハローキティ、セサミストリートの電車の2種類があるようです。私が今回乗り合わせたのは、スヌーピーとキティちゃん、セサミストリートの電車でした。可愛らしい電車でしたよ。こんな電車だと乗るのが楽しいですよね。

  帰りもこの電車に乗れるかな、と期待していたのですが、残念ながらホームに入って来たのは普通の電車でした。運にも左右されるみたいですよ。向かい側のホームに入ってきたのは、現在公開中の人気映画「たたら侍」のラッピング電車でした。❤❤❤

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

すなばパンケーキ

 

◎週末はグルメ情報です!!

 かつて鳥取県の平井伸治知事による「鳥取にはスタバはないが、日本一のスナバ(鳥取砂丘)はある」という言葉から生まれたのが「すなば珈琲」です。その後、2015年5月に「スターバックス」が鳥取駅裏に出店したため、鳥取にはスタバもスナバもあるという状態になりましたが、訪れる人は多く、人気スポットの1つとなっています。鳥取駅前の「すなば珈琲」では、昼間は大行列ができています。

 ドアを開けてお店に入ると、まず目に飛び込んでくるのはマツコ・デラックスのパネル。これは、マツコさんがテレビの「月曜から夜ふかし」の中で、「すなば珈琲」を取り上げたことで人気を博したことから、いつか来店してもらった時のための特別席として用意してあるのだそうです。今でも入り口の端っこの席には、マツコさんが鎮座していますよ。もうずいぶん長く座っておられること(笑)。

 「すなば珈琲」に行くと、私が必ず食べるのがこの「すなばパンケーキ」です。フルーツはバナナ、パイナップル、イチゴ、ブルーベリーなどがふんだんに使用されており、中心にホイップクリーム、その下に隠れるようにバニラアイス、土台をパンケーキが支える感じです。パンケーキの生地は外側サクッとしておりフルーツとの相性も良好。「自信をもってオススメする逸品」とお店がPRするのも分かります。東京で同じ量を口にしたら、間違いなく1皿1,000円は超えるんじゃないだろうかってくらいに食べ応え充分です。

 コーヒーは苦みはそれほど強くなく、えぐみもないので、スッキリと飲み干せました。コーヒーを飲み終えると、カップの底にはラクダのマークが。❤❤❤

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

小田さんと建築

 大好きな小田和正(おだかずまさ)さんは、東北大学工学部で建築を専攻し、小田さんの卒業設計(当時の教授からは「建築は絵画ではない!」と酷評された)が、「東北大学の卒業設計60年間のアーカイブス」として優秀作品に選ばれ、マイクロ保存されています。そこら辺の様子は『建築ジャーナル』11月号(2012年)に詳しく出ていました。4年間を仙台で過ごし、大学卒業後も就職をする気になれず、「なんとか学生時代を引き延ばそう」と、早稲田大学・大学院の修士課程(池原義郎研究室)に進みます。入学から1年経った頃、東京へ戻ってきたことで、高校時代のメンバーとバンド練習する機会もずいぶん増え、あきらめかけていた音楽をもう一度やりたい、という思いが芽生えてきました。小田さんは、池原教授に休学を申し出ます「『音楽を一生懸命やりたいんです』って言ったら、先生は『好きなことをやりなさい』とやさしく言ってくれてね」 休学中に、オフコースとしてファーストアルバムも出しました。復学。修士論文を書き上げます。建築から音楽の道へと静かにシフトするつもりだったと言います。事件は修士論文の「発表会」で起こります。論文のタイトルは「建築への訣別」。なんとも刺激的なタイトルです。発表中に勢い余って、「この建物だってポリシーがない」と言ってしまい、場がどよめきます。当時修士論文の審査をしていた主任教授が、まさにその建物を設計していたご当人だったのです。「建築が悪くて、音楽ならいいのかい!」と怒り出します。その場で小田さんの論文を読んだ主任教授は「なんだ、ちゃんと書いてあるじゃないか」と一応評価はされますが、結局、タイトルを「私的建築論」と変えることで大学に受理されました。小田さんは、は建築とお別れしてきました」と、その日に新宿・ルイードでライブをやっています。これ以降、小田さんの本格的な音楽人生が始まりました。「建築」も「音楽」も、両方とも同じ「ものづくり」の仕事であって、共通点も多くあるのでしょうね。苦悩や喜びも共感できることも多いのでしょう。

 最近出たばかりの、早稲田理工 by AERA 2017』(朝日新聞出版、2017年3月)というムックで、小田さんのスペシャル・インタビューが掲載されました。彼の言葉です。重い言葉ですね。

 自分がかっこいいと思うようなものは共感してもらえるという気持ちでやってきた。結局、好きなことをやるのがいいっていうことかな。好きだと、結果が見たいから、『今日はこれで終わりにしよう』って思っているのについ続けてしまう。音楽が好きでやってきて、今ここに至っているわけだしね。

 最近、テレビの明治安田生命の新CM~アフターフォロー「歳の差兄弟」篇に、小田さんの「ダイジョウブ」使用されていますね。このCM映像やメイキング映像などを、下記ページで動画を見ることができます!⇒コチラです

 マイアミ・マーリンズ所属のイチロー選手が出演する「NTT東日本企業」のために、小田さんがCMソングを書き下ろしました。テーマは「いっしょに、一生懸命に。」小田さんらしい高音の響きが素敵な新曲です。いくつかのバージョンが公開されていますが、私が一番好きな映像は、下のものです。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

福満さん世界2位に!

★学生科学賞代表の福満さん世界2等!★

蚕の繭のイラスト

 昨年末の「第60回日本学生科学賞」(読売新聞社主催、旭化成協賛)において、全国の中学・高校から参加した約6万点もの研究作品の中から、高校の研究作品15点が中央最終審査に臨みました。そこで、島根県立益田高校・理数科3年福満 和(ふくみつのどか)さんの研究「ローダミンBの赤い繭・青い繭」「文部科学大臣賞」を受賞して、今年5月にアメリカ合衆国のロサンジェルスで行われる「ISEF世界大会(International Science and Engineering Fair・国際学生科学技術フェア)」の日本代表に選出されたことを報告しました(⇒コチラです)。

 世界の高校生が、科学技術研究の成果を競う、世界最大の科学コンテスト「国際学生科学技術フェア」(ISEF)の優秀賞が5月19日、ロサンジェルス・コンベンションセンターで発表されました。福満さんはこの4月から慶応大学・環境情報学部で学んでいます。動物科学部門」2等に選ばれました。78カ国から1778人が参加しました。学生科学賞の日本代表者の受賞は2年ぶりだそうです。すごいことですね。一緒に渡米しておられたお父様の福満 晋先生より、受賞直後に嬉しいご連絡をいただきました。早速5月20日の『読売新聞』『朝日新聞』にも取り上げられましたね。受賞の詳しい様子については、「日本サイエンスサービス」のホームページが詳しく取り上げています。⇒コチラで読むことができます   下記の報告文書(大会の写真多数)も併せてお読み下さい。

 本校ALTのエドワード先生と一緒に、英語のアブストラクトを少しだけ協力させていただいたんですが、エドワード先生もめっちゃ喜んでいました。島根県出身の生徒が日本のみならず、世界を舞台に活躍するというのは、とっても嬉しいことですね。福満さん、おめでとうございました。❤❤❤

ISEF世界大会(報告)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

竹岡先生の勉強法

 竹岡 広信(たけおかひろのぶ)先生とは、最近もお電話でお話しました。京都の素敵な和菓子をお送りいただき、北高英語科全員で美味しくいただきました。竹岡先生、ありがとうございました。先生は、駿台予備学校・洛南高等学校講師、竹岡塾を主宰され、英語教育に並々ならぬ情熱を注ぐカリスマ講師で、あの「ドラゴン桜」のモデルになった先生です。松江北高では、生徒に読ませたい本100選を選定して(北高100選)、図書館で広くPRをしているのですが、その中の1冊に先生の『英語の頭に変わる勉強法』(中経出版、2009年)という本があります。私は英語教師の指導で一番大切なことは、生徒に「勉強の仕方」をどのように教えてあげるか、ということだと考えています。この本は竹岡先生の豊富な経験に裏打ちされたそういった「勉強の仕方」を開陳しておられるところが、北高生の参考になると思って、紹介・推薦しているんです。どのような指導が有効であるのか試行錯誤を続け、これまでに「語源を活用した単語指導」や「100の基本英文を活用した英作文指導」などを確立され、近年では、高校教員向けのセミナーでも講師をお務めになり、北高からも多くの先生が受講しておられます。 「英語を好きになってほしい」「英語教育をよくしたい」という熱い思いのこもった授業は、多くの受験生を惹きつけ、数多くの教え子を難関大学合格へと導いておられます。竹岡先生が教師を志すことになったいきさつについては、地歴の教科書・地図帳の出版社である帝国書院が、定期的に刊行する教育情報誌『階(きざはし)』なにくそ!負けるものか!」というエッセイを寄せておられました(⇒コチラで読むことができます)

 そんな竹岡先生が、このほどさらに具体的にあなたの悩みを即解決するために、単語・文法・ライティング・スピーキング・リスニング・リーディングの「勉強法」をQ&A形式で伝授した本『Q&A即決英語勉強法』(教学社)が出版されました。ここに取り上げたものは、実際に竹岡先生が、毎年のように生徒から尋ねられる疑問ばかりです。難関大突破の英語力をつけるために、受験生の「なぜ?」「どうしたらいいの?」を解消し、ワンランクUPのための具体的な学習方法や考え方をアドバイスした好著です。先生方にも大いに勉強になる本です。そこに取り上げられた質問で、八幡が特に参考になったものをいくつかを挙げてみると、

Q 単語を覚えるのがすごく苦手です。何かよい方法はありませんか?
Q 同じような意味の単語の用法の違いは、どのように調べればいいでしょうか?
Q センター試験の文法問題を解くコツを教えてください。
Q 英作文を書いても、学校の先生が示される模範解答と全く異なります。どうすればいいのですか?
Q 和文英訳で、ミスをなくすためのコツはありますか?
Q 名詞を単数形にするか複数形にするかでいつも迷ってしまいます。                  Q 語句整序問題が苦手です。解くコツを教えてください。            Q 自由英作文で、どのように書き始めればよいかがよくわかりません。

 みなさんなら、どう答えますか?この他にも「検索サイトの活用法」「過去問とのつきあい方」のコラムが勉強になりました。この本を読むことで、英語という大海の姿が見えてきます。  

 さらに、これまで竹岡先生が指導してきた教え子の、印象深いエピソード「元気が出る!卒業生エピソード」が巻末に載っていて、非常に参考になります。私も以前に『センター試験英語過去問題集 文法・語法頻出17項目の演習 TREND 17』(桐原書店、2012年)を出したときに、同じように卒業生の経験談を巻末に収録して好評でした。 受験の道はひとそれぞれ。個性的な先輩達の話を読んで、元気とやる気を注入してあげてください。さあ、竹岡式勉強法で、難関大突破の英語力を身につけましょう!

 今日は数研出版が、新刊の『英語プレノート』を持ってきてくれました。この問題集には、竹岡先生の「2018大学入試センター試験必携ガイドブック」がついています。これもセンター試験の「勉強法」を竹岡先生がわかりやすく解説しておられます。❤❤❤

 

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

トリックスのコイン絶版品

 日本のコインを使って、しかも観客から借りたコインでできる、簡単で効果的なコインマジックをご紹介します。海外からの輸入物ではなく、日本のコインにピッタリ合わせて作られた、昔のトリックス社(今はもうなくなってしまいましたが)製の貴重な絶版品です。プラスチック製のおもちゃなんですが、これがどうして、なかなかよくできているんです!

●コインベース

 まず最初は、プラスチックのコインベースの上に100円硬貨を乗せます。よくあらためた蓋でカバーして、おまじないのジェスチャーをかけます。そして、蓋を取ると、100円硬貨は、なんと!あろうことか10円硬貨に変化してしまっています。100円玉は観客から借りたほうがリアル感が出て効果的でしょうね。非常に精巧にできた道具です。♠♣♥♦

●ショッキングスパイク

 500円硬貨1枚がぴたりと納まる、フタ付きの円柱形の容器を見せます。500円硬貨を容器の中に入れ、容器のフタを閉めて500円コインを閉じ込めます。容器のフタと底には5つの穴があり、この穴はフタから底に向かって抜けるように開いています。中のコインはこの穴を遮るように、容器の中へ平らに入った状態です。観客にも5つの穴と、更に5本のスパイク(ピン)を確認させます。そして、全てのスパイクを容器の上から、コインもろとも、底に向かって突き通したとすると、その出来事に驚くかどうかを問いかけます。ここでゆっくりと1本のピンを取り上げ、フタの上から底に向かって真っ直ぐに突き刺すのです。更に2本、3本、4本と全てのピンを突き通します。最後に真ん中に刺します。中のピンは上のフタから中のコインを突き抜けて底から飛び出ているように見えます。その状態を良く見せた後、全てのピンを抜き取り、フタを開けてみると……中のコインは容器にピタリと納まったまま、どこにも穴は開いていません。無キズです。「人体串刺し」をコインを使って行うマジックです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

総体結団式

 5月19日(金)中間試験終了後、松江北高では迫ってきている県総体の「総体結団式」が開催されました。現在北高は県総体男女総合優勝2連覇中で、今年は3連覇がかかっています(以前北高は4連覇したこともあります)。

 出場各部の入場を全校生が拍手で迎え、生徒会長激励の言葉、校長激励の言葉、各キャプテンより総体にかける思いのメッセージ、応援団による応援、と続きました。以前は「○月○日、△△で行われる総体に出場します。持てる力を十分発揮して頑張ってきます。応援よろしくお願いします。」といった紋切り型の挨拶を20近くも聞かされて、うんざりしたものですが、昨年からは各部が総体に至るまでの練習の苦労、大会にかける思いなどを吐露してくれ、聞き応えのある挨拶となりました。そして今年は、総体を盛り上げるために、生徒会執行部で「総体応援クッキー」を各部に届けることが発表されました。さらに、総体とほぼ同じ時期に大会がある文化系の部の紹介もありました。各部が勇壮に退場し、結団式を閉じました。

 私の現在の仕事は、昨年に引き続き、この総体に関する応援計画のプロデユースをやっています。総体の公欠者の入力が終わり、今日は来週から始まるホームルームの時間を利用しての全校応援の名簿をエクセルで作成しました。6月1日、2日は北高も授業を完全にカットして、松江市内の会場に応援に出かけるのですが、来週は誰がどの場所に応援に出かけるかという調査と一覧表の作成が待っています。いよいよ北高での私の最後の仕事になります。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

The Stolen Cards

 あの伝説のFISMチャンピオン・レナート・グリーン(Lennart Green)が製作した傑作レインボー・デック「The Stolen Cards」です。以前はデックのみでの販売でしたが、メーカーでも完売してしまい、今はDVDとのセット販売となっています。演技・解説も新たに撮り直していて、ルイス・デ・マトスダニ・ダ・オティスを相手にレナート・グリーン本人が演技解説をしています。私もレインボー・デックはたくさん持っていますが、世界チャンピオンが作るレインボー・デックだけあって、マジック愛好家が見たら思わずため息がでるような貴重な珍しいカードがふんだんに使われていて、お宝としても価値のあるデックです。ここが他のレインボー・デックとの違いです。さすがレナート・グリーンと感心します。

 全く自由にストップしてもらったところ2か所に入れたカードとペアになるカードが奇跡的な一致を見せます。表も裏も全く同じ!それだけではありません。そのペアになった2枚以外のカードは全て同じカード(例えば「スペードの10」)なのです。彼は、世界中でギャンブルをした際に、全世界から珍しいカードをこっそり盗んで集めてきた、という設定で進んでいきます。それらは全て「スペードの10」のカードだけを集めてきたのです。でも、最後に集めた2枚だけが、ハートとダイヤのエースだったのです。

 2枚のカードを表向きにテーブルに出して、変わった実験のようなことをすると言います。デックからカードを配っていき、適当な所に表向きのままカードを戻します。2枚ともカードを戻して、デックをスプレッドします。表向きのカードの両隣は、バックデザインが一緒で色違いのカードです。偶然でしょうか?さらに表向きのカードを裏返すと、バックデザインも見事に一致していて、表向きにすると表も一致しているのです。そして残りのデックを見てみると、表は全く異なるカードです。畳みかけるように現象が続きます。この素晴らしい現象が、セルフワーキングで行えるのです。単純にカード裏が違うカード52枚ではなく、このマジック用に特別にセットされた52枚です。(通常の1から13が4組あるデックとは違います)  いろいろな所からこっそりくすねてきて52枚集めた(?)という珍しいカードを使って、不思議なメンタルカードマジックが演じられます。それにしても1枚1枚見ていくと、本当に珍しいカードがいっぱいあって、思わずニンマリです。♠♣♥♦

 あ、そうそう。レナート・グリーンのデックがありました。Lennart Green Playing Cards」です。Vanessa Viana によりデザインされたデックで、 レナードの肖像画は有名アーティストの Ken Knowlton によるものです。ケースのデザインは、一目見ると、カードに使用されている数字やマークがランダムに描かれた 幾何学模様にも見えますが、少し離れたところから見て見ると、レナートの肖像画になっているから不思議です。もうだいぶん前に購入しましたが、実に味のあるデックです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「伝七ラーメン」

dsc09923dsc09934

◎週末はグルメ情報です!!

 学年末試験の最中に、寄宿舎の午後の日直を終えて、自転車で家路に急いでいたら、その途中で「伝七ラーメン」という目新しい看板を見つけました(苧町)。あれ、こんなところにラーメン屋はなかったぞ、と思いながら気になったので、翌日に出かけてみました。昨年の12月5日にオープンした新しいお店だそうdsc09925です。メニューは「汁なし坦々麺」と、20食限定のプレミアム「黄金塩ラーメン」。私は汁なしには少々嫌悪感があり、黄金塩チャーシュー麺」をいただきました。お店の看板メニューは「汁なし坦々麺」の方で「黄金塩ラーメン」は取り敢えずのメニューとか。 伊勢宮にある「おとなの居酒屋 伝七」さんの経営だそうです。こちらをオープンするにあたって、何か特徴的なメニューを考えた末、居酒屋の方とは全く関係ない「汁なし坦々麺」に行き着いたとか。レシピはdsc09927洋食経験のある若いスタッフさんによるもので、特製のようです。「汁なし担々麺」はお持ち帰り用もあるらしく、入り口には専用窓口まで用意してありました。お店はこじんまりとカウンター席と背後にある椅子席のみのとても小さなお店です。

  塩ラーメンですが、麺は中太縮れ麺、スープは鶏ガラと野菜をじっくり煮込んだ旨みのあるものでした。コクの点でいまいち塩辛いかなとは感じましたが、まずまず後味さっぱりで美味しいラーメンでした。大好きなネギがたっぷり盛ってあったのも嬉しかったですね。中でも特に自家製チャーシューは柔らかくて、味もあっさりしていて食べ応えがありましたね。

dsc09931dsc09932

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

万博記念公園~森のトレイン号

 エキスポ70」が開催された「万博記念公園。 大人の入場料が250円と格安で、1日では回りきれないほど見どころ満載のスポットです。自然公園はあまりにも広大すぎるので、後で紹介する「森のトレイン号」期間限定)に乗るのもオススメです。 園内に入ったら、必ずマップを手に入れて。歩きやすい靴で、森林浴をしましょう。

 私は大行列に並んで、入場券をゲットして、まずは岡本太郎さんの「太陽の塔」をじっくりと観察しました。実物を見るのは初めてです。「太陽の塔」は、芸術家の岡本太郎さんがデザインし、1970年に開催された「日本万国博覧会」のシンボルゾーンにテーマ展示館として、母の塔・青春の塔・大屋根(長さ292メートル、幅108メートル、高さ約40メートル)とともにつくられました。塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔、現在を象徴する正面の「太陽の顔、背中側には過去を象徴する「黒い太陽」という3つの顔を持っています。過去・現在・未来を貫いて生成する万物におけるエネルギーの象徴で、生命の中の心、祭りの中心を示したモニュメントです。構造は、鉄骨、鉄筋コンクリート造りで一部軽量化のため吹き付けのコンクリートが使われています。また、内部は空洞になっており、博覧会当時は展示空間でしたが、現在は公開していません。「太陽の塔」は過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴であると同時に、生命の中心、祭りの中心を示したもので、博覧会開催期間中、テーマ館の来館者(約920万人)に多くの感動を与えました。40年を経た今でも、この塔はシンボルマークとして残されています。

 この公園は広大な敷地面積を誇っていて、「日本庭園」「花の丘」「自然文化園」「けやきの丘」「夢の池」「ソラード」など、見るべきところが山のようにあります。私は、公園入り口で並ぶのに疲れたので、この広い公園を歩いて回るエネルギーは残っていません。広場に汽車ぽっぽのような乗り物が待機していました。森のトレイン号」です。300円で園内を一周してくれるといいます。私は公園の果てにある「花の丘」で、「ポピー祭り」を見たかったので、楽チンをして乗ってみることにしました。女性の車掌さんが、アナウンスで公園の豆知識を披露してくれるのもありがたいですね。私は途中いったん汽車を降りて、「花の丘」を歩いて目指すことにしました。公園内の西の端にあるゆるやかな丘陵にあります。春を待ちわびたように、暖かい日差しを取り込もうと空に向って、ポピーネモフィラの花が咲き乱れていました。 赤、白、黄色、橙色などカラフルなポピーの花は広い丘いっぱいに咲く景色はなんともカラフルで見る人の心をも暖かくしてくれます。花以外は小さな展望台があるだけで何もありませんが、まさに花のためにだけ作られた贅沢な土地ですね。丘陵がやや丸みを帯び、それが一層、開放感を煽っている。花々も豊かにそして輝きを放って、広い空を我がものにしようと、近くに引き寄せているようです。あまりの美しさに、思わずカメラを向けていました。あの大行列がなかったら、日本庭園」やその他の場所も歩いてみたかったんですが、次の予定も押していたので、今回はここだけで我慢しておくことにしました。NIFRELへ向かいます。また訪れて、ゆっくりと歩いてみたいと思っています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

地方小鉄道への愛

 大好きな国民的推理作家西村京太郎先生は、北海道新幹線が開通したらいち早くこの話題を取り上げ、北海道新幹線殺人事件』(光文社、2016年)を著されました。最近では、現美新幹線が湯沢湯本~新潟間を走り始めると、早速にこの列車を題材にして、『現美新幹線殺人事件』(文藝春秋、2017年)を世に問うておられます。非常に素早くタイムリーな出版ですね。こういうタイムリーな企画が、とかく注目されますが、西村先生は、経営改善のために地方で奮闘している小鉄道へも愛情あふれた優しい視線を注いでおられます。作品の中でも、優しい目でこれを取り上げておられるのです。そんな作品を二つばかりご紹介してみたいと思います。

 1冊は『十津川警部 わが愛する犬吠の海』(祥伝社、2016年)。東京Tホテルで殺された男が残した血文字「こいけてつみち」は、被害者の名前でした。死に際に、なぜ自分の名を残したのか?十津川警部は、「小池鉄道」という駅が銚子にあると知り、現地へ急行します。銚子電鉄が駅名愛称命名権を販売、終点外川駅の権利を小池が買っていたことを掴みます。さらに彼は駅前に事務所を開く一方で、住まいのある京都では広告会社の経営を続けていた。被害者の小池はなぜ駅の命名権を買い、銚子と京都の二重生活を送っていたのか?やがて十六年前に犬吠埼で起こった悲劇が浮上した時、十津川が哀切の真相に迫るという物語です。

 地域鉄道の銚子電鉄は、幾度とない経営危機を迎えながらも、どんな逆境にもあきらめない想いと、ぬれ煎餅の製造販売に代表されるような、常識にとらわれないチャレンジ精神で、必死に鉄道事業を守り続けてきました。しかし、東日本大震災以来、観光客が激減し、それに伴い乗客数も減少し、回復の目途がたたず、再び経営危機の真っただ中にいます。 そんな経営状態を打開するために取り組んだのが、「駅名愛称のネーミングライツ」でした。単なる駅名愛称の命名権だけでなく、「銚子電鉄の経営再建」「銚子への地域貢献」という熱い想いを持った会社に、銚子の活性化への取り組みを共にチャレンジしていくパートナーとしての役割を託し、地域鉄道による地域活性モデルの確立を目指しました。2015年12月1日より、ネーミングライツによる新駅名愛称の運用が始まっています。そんな取り組みを、上の作品の中に詳細に取り入れて、小説に仕立てたのが西村先生です。先生は銚子電鉄に激励のメッセージも寄せておられます。

         「がんばれ銚子電鉄」      西村京太郎

 ここにきて、高齢者の交通事故が問題になって、免許証の返還が話題になっているが、それに比例して、地方の交通手段、特に鉄道の必要性がクローズ・アップされた。こうなると、銚子電鉄は、高齢化社会、過疎社会の重要な切り札になってきたといってもいいだろう。経済的に大変だということも、よくわかるが、銚子の人たちにとっては、必要欠くべからざるものだし、何よりも、地域の人たちの、銚子電鉄への愛情が、素晴しい。いくつもの地方鉄道に乗っているが、お世辞でなく、地元の人たちの愛し方は一番だと思う。だから、第三者の私も乗っていて楽しいのだ。現状維持だけでなく、半島を一周する鉄道になって欲しい。その時には、絶対に初電車に乗りたい。

がんばれ、銚子電鉄!

  さて、もう1冊は、札幌・桑園駅-新十津川駅を結ぶJR札沼(さっしょう)線が、最新作『札沼線の愛と死 新十津川町を行く』(実業之日本社、2017年)の舞台となり、町内でも話題になっているようです。主人公の十津川警部が、東京で起きた銃殺事件の被害者を、北海道新十津川町出身と推理し、捜査に訪れます。同線の一部区間が廃止対象となっていることも詳しく触れられています。西村先生は、奈良県十津川村の観光大使を務めておられ、同村出身者の多い新十津川町を舞台に選んだと思われます。熊田義信町長は「町を訪れる人が増えてくれれば」と利用者アップに期待しておられます。

 2016年3月のダイヤ改正で、JR北海道札沼線の終点である新十津川駅(新十津川町)は、列車本数が1日1往復(以前は3往復)になりました。札沼線は札幌駅の隣、桑園駅と新十津川駅を結ぶ76.5kmの路線です。起点の桑園(札幌)駅側は大都市近郊路線として列車本数も多いですが、途中の北海道医療大学駅(当別町)から終点の新十津川駅までのあいだは、JR北海道トップクラスの閑散区間。2014年度のデータでは、輸送密度(1キロあたりの1日平均輸送人員)が81人で、営業係数は2162円(管理費を除くと1909円)、すなわち100円の収入を得るのに2162円の経費を要する状況になっていました。そうした中、JR北海道は2015年、利用の少ない列車について運行を見直すと発表。この札沼線の末端区間(新十津川駅側)についても、3往復の運転本数を1往復に減らす方針を示していました。石狩当別駅(当別町)を7時45分に発車し新十津川駅へ9時28分に到着。折り返し新十津川駅を9時40分に発車して石狩当別駅へ11時03分に到着。わずかこれだけです。このように午前9時40分発が“最終列車”になる札沼線の新十津川駅。この新十津川駅が「日本一終列車の早い駅」になったわけです。西村先生は、作品の中でここら辺の事情も詳しく描き、プロットの中に巧みに織り込んでおられました。 

 経営改善のために駅名愛称命名権を売り出した銚子電鉄、日本一終列車の早い札沼線など、地方で奮闘する小鉄道に注ぐ西村先生の視線は、常に温かいものがあります。最近届けられた、最新の西村京太郎ファンクラブ会報「TOTSUGAWA EXPRESS」vol.30(2017年)の巻頭エッセイには、「列車の二分化に反対」と題して、こんなことを言っておられました。

 「ななつ星」が成功したとなると、たちまち、同じようなクルーズトレインが出現した。それがJR東日本の「トランスイート四季島」と、JR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風」である。どちらも、より豪華な車両になり、料金も、より高くなった。それでも、前売券は、すでに完売だという。私は鉄道が好きだから、嬉しいニュースではあるのだが、心配なのは、生活に必要な列車のことである。特に、地方で、人々の足になっている生活列車の不振は、問題だった。地方の多くが、過疎を迎え、赤字になり、第三セクターになっているのだが、それでも乗客は減少し、一日五本の列車が三本になり、三本が一本になってしまった路線もある。中には、廃線になってしまったものもある。その一方で、一週間の旅行に一人七十万、二人なら、スイートルームが百四十万円という切符が売れるのである。何とか、生活列車を守れないかと思うのだが。

 他人事ではありません。島根県でも、江津と広島県の三次を結ぶローカル線の三江線は、JR西日本が全線一括廃止方針を固めています。2018年春にも三江線が廃止され、バスに転換される見通しです。この後には木次線も対象になるのでは?と恐れられています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

池泉牡丹

 ゴールデン連休最後の5月7日には、大根島の「由志園」(ゆうしえん)に行ってきました。「とっとり花回廊」「足立美術館」と並んで、私の三大癒やしスポットの一つです。お目当ては、毎年この連休中に開催されている「池泉牡丹」(ちせんぼたん)です。昨年もちょうどこの連休中に訪れています。(⇒私のレポートはコチラです)

 

 昨年は、初めてとなる新企画の「イエローガーデンフェスティバル」が2日間限定で開催されました。「三万輪の池泉牡丹」(ちせんぼたん)「黄金の池泉牡丹」の両方を鑑賞することができました。大池(三万輪の池泉牡丹エリア)は、紅白の牡丹(白とピンク)による池泉牡丹です。三万輪ともなるともう圧巻ですね。昨年は、30,000輪の紅白牡丹が浮かぶ、その横で15,000輪の黄色牡丹が浮かぶ、というものでした。黄色牡丹の評判がとてもよかったのでしょう。今年は、5月7日(日)の一日限定で、30,000輪の黄色牡丹と20,000輪の紅白牡丹が池に浮かびました。まさに3万輪の黄金牡丹は、池を黄金色に染めあげていましたね。

 大根島で栽培される牡丹は、本来は花ではなく、苗を販売するために育てています。 品種交配などの目的で開花した花は、以前は摘み取って捨てていたそうですが、その牡丹の花を有効活用しようと、2011年からゴールデンウィークに行われる「大根島ぼたん祭り」に合わせて池に浮かべるようになったそうです。今年はゴールデーンウィーク最終日5月7日限定で、奇跡の絶景「黄金の池泉牡丹」が開催されたのです。 昨年は、牡丹苑路のみの光景でしたが、ことしは3万輪の池が黄金に染まりました。ものすごい数の観光客が訪れ、カメラのシャッター音が響き渡っていました。私もすっかり虜になってカメラを構えていました。きれいでしょ?❤❤❤

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ホテルの英語掲示など

 ゴールデン連休でUSJに行ったときに、オフィシャル・ホテルの「ホテル京阪ユニバーサルタワー」に泊まったことを書きました(⇒コチラです)。ホテルの雰囲気はとっても素敵で、職員の方も親切で(ガイドブックやホームページには載っていない交通手段を調べて教えてくださいました)、サービスも一流で、食事も美味しく、大いに満足だったんですが、一つだけ気になったことがありました。それは部屋に置いてある部屋着等に関する英語掲示(ラミネート化して部屋に置いてありました)の英語の質のひどさです。「この英語は何だ!!?」 一目読んだだけで違和感を感じる英語です。たくさんの外国の方も泊まっておられるホテルです。やはりきちんとした英語で、説明をしてあげないと、印象も悪くなります。ここら辺のおもてなしにも、配慮して気を配らないと恥ずかしいことです。ネイティブの人にちょっと見てもらえば、こんなことは避けることができます。写真に撮ってきましたので、みなさんもちょっと考えてみてください。ホテルにはお知らせしておきましたが、すぐに対応するとの返事がありました。

 2年前に、私は九州の湯布院温泉に行くのに、念願の観光特急「ゆふいんの森」号に初めて乗りました。列車のデザイン、他の列車には見られないおもてなしの数々には感動しきりだったのですが、唯一不満であったのが、車内放送で流れてくる英語のひどさでした。アテンダントの方が生放送で原稿を読んでおられるのですが、この英語が下手くそでお粗末でした。JR九州はもっと英語に力を入れないとダメです。あの人気を誇る豪華寝台特急「ななつ星」でも、唯一不評だったのが英語であったと聞きました。さすがに当時の唐池社長は、採用の際に英語に力を入れなければ、とインタビューで語っておられましたので、少しは改善されたのでしょうかね?

 地元にかえって、最近、松江駅でも「やくも号」の構内アナウンスが英語で始まりました。これが非常にそっけない。また「やくも号」の車内の英語アナウンスはもっとひどい。もうちょっとお金をかけて、きちんとしたものを流して欲しいですね。JR北海道の英語アナウンスは、それに比べて非常に素晴らしいと感じました。新幹線はさすがですね。

 今年の島根県の高校入試問題の英語も、ひどい英語が散見されました。人前に出るものは、最低でもチェックをかけておく必要性を痛感しています。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ひどい模試問題

 模擬試験の問題の中には、ひどい問題が結構あります。今年の島根県の高校入試問題は、新しい学力観に基づく、非常に意欲的でいい問題だったと感心したのですが、残念ながら英語そのものに問題が散見されました。お粗末な英語が結構見られたんです(「CEEA(高校[+α]英語教育研究会)」に投稿しました)。内容面でもどうかな?と思うものもありました(⇒例えばコチラ)。あれだけ膨大な時間と検討をかけて練りに練ったはずの問題(少なくとも私の経験では)でもあの程度なんですから、短期間で作り上げる模試の問題が低レベルであることは、やむを得ないのかもしれません。私は昨年一年間、三年生を指導して、数多くの模試問題を、生徒と一緒に解いてきましたが、その中で唖然としたことを、今日の話題にします。

 一番ひどかったのは、昨年12月に実施した「駿台プレテスト」でした。第5問の物語文の問1に関してです。この英文は、犬の人間に対する愛情を取り上げた英文で、チョットいい話なんです。

 当日に配布した駿台の「解答解説」には、「第1段落第5文(At the time…)に「この物語の時点では、ロッキーは3歳で、リタは11歳の少女だった」とあり、続く第6文(Rocky had been…)に「ロッキーは生後10週間の時にリタにもらわれ…」とある。この2文からロッキーがリタにもらわれたとき、ロッキーは生後10週間でリタはおよそ8歳くらいだったことになり、この事実と一致する④が正解となる。」という解説がありました。この出来事が起こったのはロッキーが3歳で、リタは11歳の時。ロッキーは生後10週間でもらわれてきた。11-3=8歳、という計算をさせたいのでしょうね。 正解は ④she was not yet in her teens
のようです。ところが、そもそもteensというのは、-teenのついた“between 13 and 19 years old”(13歳から19歳)を言う単語で、「11歳」の時点でもうteensではありません。計算など不要です。ナンセンスな出題&解説です。おそらく出題者は、11歳を日本語の感覚で「10代」と思い込んで、このようなひどい作問をしたものと思われます。駿台にも苦情を申し上げましたが、なしのつぶてでしたね。問題作成に対するこの予備校の姿勢がうかがえます。

 次に、同じ駿台の模試から、第2問Cの問1を見てみましょう。応答文の完成」という新傾向問題です。生徒たちには、2番目、3番目の選択肢が大きなヒントになるよ、と私が指導している問題です。

Yuri: I heard you couldn't find your way to the new restaurant yesterday. Didn't you  have a map?
Ken: I did have one, but (  24  )

(A)I just couldn't work out    (A)that I had    (A)got started.
                            →          →       
(B)it was very difficult       (B)where I was   (B)to start with.  

 そもそも(24)に入るとされる文章の意味が分かりません。どういう状況なのか、たったこれだけの文脈で生徒に思い描けというほうが無理というものです。ただ難しくしたいがあまりに、こねくりまわしたという印象があります。およそ良い出題とは言えません。駿台の模試にはこういったレベルの問題が非常に多い。私は試験後、こんな問題できなくても、ちっとも構わないと生徒には公言しています。

 模試の生命線である長文問題」に関しては、選択肢は巧妙な言い換えになっているはずなのですが、他社の模試では、露骨に本文通りなどという低レベルの作問もかなり目立ちました。しっかりと練り上げて問題を出題して欲しいものです。生徒の英語の力がきちんと測れる出題を望みます。♠♠♠

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

USJ③~Spiderman

 「スパイダーマンザライド」は屋内型アトラクションで、雨の日でも安心のアトラクションとして人気があります。施設内にはライド(乗り物)があって「3Dグラス」を付けて体験します。映し出される映像がリアルに立体的に見え、スパイダーマンの活躍をその場にいるかのように体験できるというアトラクションです。ライドに乗るまでは通路を通りますが、その間にも映像が流れたりします。そこで流れる映像は、スパイダーマンのアニメを使って ストーリーと、ライドへの乗り方の説明なのです。私は一応それらを見ながら乗り場へと向かいました。乗車場には「回転・揺れ等々のため心臓の悪い方はご遠慮してください」という旨の掲示がありました。そのまま引き返そうかとも思いましたが、「ハリーポッター」でも乗り場で引き返したこともあり、せっかくここまで来たんだから、ここは意を決して乗ってみようと、ライドに乗り込んでバーを降ろしました。これが失敗でした。

 ナイトゴーグルを装着して、ライドへ乗車!!夜のニューヨークへ出発です。ストーリーは盗まれた自由の女神像をスパイダーマンが取返し、新聞社に入社した私達がライドに乗って追いかけるという感じです。さっそくライドのボンネットに大きな衝撃が。スパイダーマンが目の前に!こっちに向かって何か話しかけてきます。そして敵の攻撃に合わせて、ライドが激しい動きをします。ここら辺から気分が悪くなり始めます。悪の一味の総攻撃も本当に火が出たりして迫力満点!映像だけでなく、現実世界の装飾とも組み合わせています。さらに途中で、USJお得意の水しぶきや熱風の演出が盛り上がります。攻撃に敢然と立ち向かうスパイダーマン。しかしその激しいバトルにライドも巻き込まれていきます。夜空高くに舞い上げられたライド。360度の回転、落下、後進、激しい揺れ、浮遊、とますます気分が悪くなりました。アトラクションの体験時間は4~5分といった感じで、絶叫系ではないはずですが、いろんな人が叫び声をあげていました。浮遊感なども感じる場面があるので ジェットコースターがとにかく嫌!という人は要注意です。あと、VR(ヴァーチャルリアリティ)酔いについて!ライドの振動と3D映像&現実のセットを組み合わせたアトラクションが魅力の一つですが、この条件はVR酔いしやすいのです。体験時間は短いですがVR酔いしやすい人は注意した方が いいかもしれません。ハイテンポのストーリーなので、何度か乗らないと内容がわからないかもしれません。気持ちが悪くなってそれどころではない私は、ずーっと目をつぶっていました。

 「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D」は、映像に連動するビークルの動きと、圧倒的な立体感・奥行感、さらにスパイダーマンの筋肉の動きといった緻密な描写を再現し、光、音、炎、煙、水を駆使した100種類を超える特殊効果が融合した画期的なアトラクションで、世界最高の映像技術「4KHD×3D」を搭載しています。2004年から7年連続で最優秀屋内ライドに輝くなど、数々のメディアから世界最高の称号が与えられているそうです。幅約18m、高さ9mの世界最大級のカーブスクリーンなど、コース内12面の大型3Dスクリーンで、桁違いの巻き込まれ感に想像を絶する興奮を味わうことができますが、私は気持ち悪くてずっと目をつぶっていました(笑)。めっちゃ気分が悪かった。

 出口には、スパイダーマンのショップがあって、数々のスパイダーマングッズが売れていました。私は缶が素敵なチョコレートを買って帰りました。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「クリオロ」

◎週末はグルメ情報です!!

 一畑百貨店でゴールデン連休中に「全国うまいもの博」をやっていて、例によって私は、「松風庵かねすえ」のわらび餅を買いに行列をしてきたんですが、その一角に、松江初出店の「クリオロ」という東京の洋菓子店がありました。そこにアルバイト販売員として立っていたのが、北高の卒業生だったので、幻のチーズケーキ」を薦められて買って帰りました。幻のようにふんわり滑らかに口の中で溶けていく、という様を名前に落とし込んでいます。10分間で2000本売れたという話ですよ。家に帰って一口食べてみて、口の中でとろける美味に感動しました。翌日また買いに行っていました。チーズケーキ」と言えば、私の中では小樽の「ルタオ」「ドゥーブル・フロマージュ」がダントツ1位なんですが(⇒私の紹介記事はコチラです)、このチーズケーキは、また違ったおいしさですっかり気に入ってしまいました。

 「クリオロ」のチーズケーキは、フランス産の滑らかなクリームチーズに、厳選したミルク、卵を使ったこだわりの味わい。手間暇をかけて混ぜ合わせ、蒸し焼きにして優しい色合いと食感をつくりだしています。口に入れた瞬間にふわっと溶け、濃厚なチーズの味わいなのにさっぱりとした後味、スフレのように軽い食感が特徴です。クリームチーズの美味しさを活かした「幻のチーズケーキ」や、チーズの量が2倍になった「濃いチーズケーキ、季節のフルーツを使った「レアチーズケーキ」など様々な種類があるみたいです。

 この「幻のチーズケーキ」は、発売当初(2004年)はネット限定の商品だったようで、今のものよりも表面がかなり丸くなっている形でした。販売後、すぐに数ヶ月先まで予約でいっぱいになるほどの人気だったそうです。2006年にはレシピを改良して、完全な丸形にリニューアルしました。初めの長方形の方が切り分けやすいとのお客さまの声で、濃厚だけれどもふわっと消える上品な口どけと、優しい食感のレシピは変えずに、しっかりとした長方形に復活、生まれ変わりました。時代とともに、今の形にバージョンアップしていったわけです。

 店主のAntoine Santos(サントス・アントワーヌ)さんは、フランス・プロヴァンス出身。 フランス、スイス、イギリスなどヨーロッパ各地でシェフパティシエを務めたのち、飴細工のパランス感覚を養おうと生け花を学びに来日。 来日後は京都の洋菓子店「バイカル」や、フランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ・ジャポン(東京)」などで技術指導やレシピ開発などを務めます。 2003年にパティスリー「エコール・クリオロ」をオープンし、“時代に合った美味しいもので幸せに”という考えのもと、フランスで培ったセンスに日本独特の繊細さを織り交ぜた独自のスイーツを展開。「世界パティスリー2009」において最優秀味覚賞を受賞するなど、世界的にも高い評価を得るシェフとして様々なメディアや雑誌にも取り上げられています(同社ウェブサイトより)。

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

USJ②~Backdraft

2

 USJのアトラクションの中でも定番である「バックドラフトカート・ラッセル主演の映画「バックドラフト」の世界観を体験することができるアトラクションです(この映画、消防士の生き様を描いた傑作で大好きな映画です)。映画のセット、映画撮影の様子、そして本物の炎を間近で見ることができます。「バックドラフト」は、USJのサンフランシスコ・エリアにある屋内型のアトラクションです。ウォーク・スルー型のアトラクションなので、乗り物には乗りません。ゲストは3つの部屋を順番に歩いて見学する、という流れです。定員は240名(車椅子・電動車いすスペース5台)です。ただ、一気に240名が入るわけではありません。3つの部屋がそれぞれ稼働していますので、約80名ずつ移動して行きます。前の部屋のゲストが次の部屋への移動が終了してから、その部屋に入る・・・という流れです。比較的待ち時間は短めです。屋内型のアトラクションなので、雨の日や強風でコースター系のライドが一時停止している時などに待ち時間が少し伸びてきます。1日の平均待ち時間は、平日でだいたい30~40分程度。土日や祝日などはプラス10~20分程度です。今日は「待ち時間30分」とありました。その他もろもろの注意事項が英語で書いてあって(下写真)、「心臓疾患のある人はご遠慮ください」とありましたが、ここまで来て後には引けません。

 気密性の高い部屋で火災が起こった時には、一時的に火災が鎮火したような状態になります。しかし、これは空気不足で一見鎮火したようになるだけであって、そのような部屋の扉を開けてしまうと、新鮮な空気(酸素)が入り込んで大爆発を起こしてしまう・・・これがバックドラフト現象です。実際の火災現場でもよく起こっている実在する現象です。以前に映画でも見ましたが、それはものすごい炎です。

1

 アトラクション内に入ると、まずはベビーカー置き場がある建物内へ。消防署の中のような作りになっていて、ホースやヘルメット、防火服などが飾られています。そこを通り過ぎると待ち列(写真下)になります。天井から吊り下げられたテレビモニターを見ながら待ちますが、待ち列は屋外になっています。そして、中に入りますがウォーク・スルー型のアトラクションなので、最初から最後まで立ち見です。それぞれの部屋へ歩いて移動し、立って見学します。アトラクションの入り口から中に入ると、最初の部屋に入る前から、3つのレーンに分けられています。扉が開いてレーンを進んでいくと、常に右手側にセットがあります。なので、進行方向に向かって右側が最前列になります。一度レーンに並んでしまうと、最後までレーンの変更はできず、出口まで同じレーンを進んでいくことになるので注意が必要です。2列目以降のレーンは前の列より一段高くなっていますので、見にくくなる訳ではありません。ただやはり、迫力ある炎を間近で体験できるのは最前列ですね。

 第1シーンの部屋では、スクリーンにロン・ハワード監督が登場して、「バックドラフト現象」の説明や、映画(1991年公開)撮影の秘話を語っていきます。主演のカート・ラッセルを含め、映画に関わったキャストさん達が映像で登場します。撮影現場での苦労話なども聞くことができ、映画に興味を持つことができます。そして、次の第2シーンの部屋へ案内されます。撮影リハーサル現場を見学する設定で、映画で駆使された特殊効果についての理解が深まります。映画撮影ってこういう風にしてるんだな、という事も分かります。そしていよいよ最後メインの第3シーンの部屋へ。最後の部屋で本物の炎を使って、映画の大火災を再現したシーンを体験できます。化学薬品工場で火災が発生します。最初は小さかった火が、まるで生きているかのように一気に燃え広がっている様子は、炎の猛威を体感でき圧巻です。40種を超える特殊効果を駆使して、火災現場をダイナミックに再現しています。耳をつんざくような爆発音や、最高1100度に達する熱風もすさまじい迫力です。ここに来るまでに水に濡れたアトラクションの洋服も、一気に乾きそうな熱風ですね。

 

 最初のうちは、小さい火が煙とともにくすぶっている感じなのですが、徐々に大きくなってきて、ドラム缶が大爆発!炎の熱気も間近で感じることができ、炎の形、動き方など、いろいろな種類がある事が分かります。徐々に大きくなってくる大迫力の炎や爆発に、思わず恐怖で足がすくみそうになり、火事の怖さを思い知ります。そして気がつけば、辺り一面が火の海です。炎の迫力に気を取られていると、最後の最後でビルの鉄骨が倒れかかってきます。本物の炎が間近に迫ってきたり、耳をつんざくようなすさまじい爆発音がします。結構楽しめるアトラクションでした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

USJ①~JAWS

 ピーター・ベンチリー(Peter Benchley)Jaws (1974)を、ペーパーバックで読んだのは大学生の頃だったでしょうか。その小気味よい英語にはまってしまい、その後、同じ著者の小説を何冊か買い求めて読んだ覚えがあります。そして1975年に、スティーブン・スピルバーグ監督の初期の代表作である同映画を見ました。小さなビーチで、ホオジロザメが人を襲う事件が次々と起こります。警察署長のブロディは海洋学者のフーバーらとともに退治に向かいますが、そこに現れたのは想像を絶する巨大ザメ。あの不気味な音楽とサメの凶暴性は、今でもはっきりと記憶しています。そんなわけで、映画「ジョーズ」をモチーフにしたアトラクションだけは、今回どうしてもUSJで見ておきたかったんです。

 のどかな漁村アミティ・ビレッジの入り口には、巨大なサメがぶら下がっており(ハンギング・シャーク)、観客と記念撮影が行われていました。「ハイ、ジョーズ!」がお約束みたいです。無様に吊り下げられた人食いザメは、今もなお凶暴な歯がむき出しており、多くの犠牲者を出したかつての惨劇や恐怖を彷彿させて、アトラクション会場へと誘っていました。

 さて会場内は凄い長蛇の行列です。私は「優待チケット」を持っているので、長い行列の人混みを横目に見ながら、特別レーン(Express)をすいすいと歩いていきます。こんなときに、教え子がこのチケットを用意してくれたありがたみを感じたことでした。ほとんど待つことなく、ボートに乗り込むことができました。

▲このボートに乗って出発します。後方の座席が少し高くなっています。

 女性船長の楽しいトークを聞きながら(くさい芝居です)、のどかなアミティ・ビレッジの美しい漁村の風景を眺めるクルーズが始まります。木製の橋を越えると、いよいよアトラクションの開始。遠近感を出すために、アトラクション内の遠くの建物は約70%のスケールで設計されているそうですよ。船長が緊急の無線を受信しました。前を進んでいたはずのボートが、ぶくぶくと沈没しています。不測の事態発生に笑顔が消える船長。すると目の前の水面に、あの不気味な背ビレが現れます。勇敢にも巨大ザメにライフルを持って立ち向かう船長。狙いを定めるも、ライフルの流れ弾が、なんとガソリンタンクに命中・引火してしまい、爆発音とともに大炎上します。映画に出ていた体長9m、体重2.7トンもある人食いザメジョーズが、鋭い歯をむき出しにして、何度もボートに体当たりしてきます。結構な迫力です。ひとまず海岸沿いの建物の中に避難するものの、そこにはジョーズの影が…。なかなかのスリルを味わえるアトラクションでした。進行方向に向かって船の左側に座ったほうが、サメを眼前に見ることができるとガイドブックで予習しています。バシャと水しぶきも襲ってきて、濡れる確率が高くなっているようです。濡れたくない人は、ポンチョやカッパの用意を忘れずに。もし忘れてしまっても、アトラクションの入り口に設置してある自動販売機で購入できます。タオルも必需品です。

  無事に港に帰還を果たしてめでたし、めでたし!出口の記念のショップで、サメに関するさまざまなお土産を買います。❤❤❤

  最近、私はサメをモチーフにしたトランプ「Sharks Playing Cards」を手に入れました。バイシクル製ですから品質はおすみつきです。1枚1枚に世界のサメの写真と英語の説明がついているデックです。コレ、使えそうです。気に入りました。♠♣♥♦

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『人生の手引き書』

 尊敬する渡部昇一先生(上智大学名誉教授)は、4月17日(月)に心不全でお亡くなりになりました。⇒私の追悼文はコチラです  4月19日(水)に、聖イグナチオ教会 聖マリア聖堂にて、葬儀ミサが執り行われました。上智大学文学部英文学科同窓会(上智大学ソフィア会)のホームページには、その報告記事が掲載されています。当日のピーター・ミルワード神父のご説教と、ミサの数々のお写真を見ることができます。⇒コチラです  もっともっと長生きをしていただいて、いろいろとご教示をいただきたかった先生でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

 私は、先生のお書きになったものから、多くのことを学ばせていただきました。お亡くなりになって直後に、先生の『人生の手引き書~壁を乗り越える思考法』(扶桑社新書、2017年5月)が出版されました。私はUSJの「ホテル京阪ユニバーサルタワー」の26階の部屋で、一気に読み上げました。「そうそう!」とうなずきながら、蛍光ペンでマークを入れながら、読み終えたのは朝の2時前でした。この本は、2005年に海竜社から出た『渡部昇一の思考の方法』を加筆・修正したものです。先生のご自身の体験や、古今の偉人の生き方・教えに学ばれた、数々の人生訓をちりばめた指南書となっています。若い生徒諸君や先生方は読まれると、ずいぶん勉強になる本ですから、オススメしておきます。私もくじけそうになった時に、先生の本で学んだ知恵に何度救われたかしれません。

 最近も、私は補習科・現役の生徒たちにこんな話をしました。

 鉄砲打ちの名人に、ある人が「地面にいる鳥と、高い枝に止まっている鳥、どちらのほうが撃つのが難しいですか?」と尋ねました。すると、名人は、こう答えたと言います。「地面にいる鳥も、高い枝に止まっている鳥も、どちらとも撃つには同じくらいの集中力と技術がいる」 素人考えで見ると、地面にいる鳥の方が楽に撃てそうですが、実際に要する集中力と技術は同じだと言うのです。つまり、一見難しそうな目標であっても、そこへ到達するのに必要な努力は、一見容易そうな目標とさして変わらないということです。逆に言うならば、一見たやすそうに見える目標も、難しそうな目標を達するくらいの努力が必要だということです。要するに、目標が高かろうが、低かろうが、必要な努力は同じだということなのです。ならば、高い目標を掲げたほうが得策ですね。

 私は、若い頃に、渡部先生の自己啓発本でこの話を読んで、ずっと教訓としてきました。卒業生に色紙を頼まれると、力を尽くして狭き門より入れ」(ルカ伝)と書くことにしているのですが、それと相通ずるお話です。

 他にも「人は無意識のうちに、自分の努力不足を周囲のせいにしてしまうものである」  「難しくてもいずれ面白くなるのが仕事、楽しくてもいずれ飽きるのが遊び」 「「わかったつもり」という思い込みこそ、成長を止める危険因子である」「壁にぶつかったとき、人は情熱を傾けて「できない理由」を探すものだ」 「幸運は準備された心に味方する」 「目の前に現れたチャンスは、捕まえなければ二度と手にすることはできない」 「大成した人は、失敗の原因を常に自分に求めている」 「辛くても頑張っていると天から助けのロープが降りてくる」などなど、先生ご自身のご体験に裏打ちされた名言にあふれている本です。私は大学生の時に、先生の著書に巡り会ったことが、その後の人生を変えました。

 偶然ながら、私が愛読している月刊『致知』(致知出版)の6月号には、先生の絶筆となった「二十代をどう生きるか」が載っています。幸運を引き寄せる生き方のコツが披露されていました。先生はこの雑誌に通算235回の連載を続けてこられました。来月号は先生の追悼号となると聞きました。

 先生がお亡くなりになってから、すぐに『渡部昇一の少年日本史』(致知出版)大川隆法『渡部昇一 日本への申し送り事項 死後21時間、復活のメッセージ』(幸福の科学出版、2冊の本が出版されています。「歴史とは、単なる事実の積み重ねではなく、歴史的事実という水滴を、日本という場所、現代という時代から、日本人の目を通して眺めた時に見えてくる『虹』のようなもの。それこそ日本人にしか見えない虹、国史(=国民の歴史)である」「「勇気」と「誇り」を取り戻せ。もう一度、日本の陽は昇る」 印象的な言葉でした。

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ホテル京阪ユニバーサルタワー」

 松江駅の「日本旅行」に勤める教え子が、今回のUSJ旅行のために、オフィシャル・ホテルである「ホテル京阪ユニバーサルタワー」を予約してくれました。USJの眼前には全部で5つのオフィシャル・ホテルがあるんですが、その中で、一番の高さを誇るシティ・リゾートホテルです。天然展望温泉」(31階)が用意されているのもこのホテルだけです。回転ドアをホテル内に入って、4階のフロントへ直行。素敵な印象です。

 まずは、USJ」で1日中歩き回った体・足の疲れを癒やすために31階の「天然展望温泉」(Sky Spa S-PARKスパーク,2000円)に直行しました。眺めもよく、ジャグジーサウナの完備した温泉でした。角質を柔らかくしてくれる美肌の湯で、泉質は単純温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)、効能としては健康増進、神経痛、筋肉痛、冷え性、美肌、疲労回復が挙がっています。浴槽内の下部から気泡が湧き出す風呂の「バイブラバス」でした。底板から出る気泡がこわれる時に発生する超音波が骨の芯まで浸透し、腰痛・肩こり・手足の疲れに効果があるとのことです。音波は骨に反射熱を与え、身体の骨が温められ芯から温まって湯冷めを防ぎます。高周波の音波は、脂肪分を細分化したり、身体に付着した垢、雑菌、古くなった角質等を剥離する作用を持っています。音波が身体に当たり、皮膚表面へのマッサージを繰り返して、皮膚表面の血行促進、皮膚の活性化を促します。泡で充満した浴槽では、超微細泡沫が身体全体を覆うためバリア効果が生じ、心臓に負担をかけず入浴することができます。私はずっとジャグジーに打たれていました。

大浴場

 湯船の窓際には、大阪の観光地の方向を示したプレートがあり、絶景を望みながら疲れた体を癒やすことができました。湯船から眺める、夕景から夜景へと移りゆく様は、旅をより素敵なものにしてくれますね。 

寛ぎスペース
寛ぎスペース
 

 そしてお風呂上がりには、ワンドリンクサービス」があります。ドリンク片手に、大阪の絶景を楽しんでください、ということでしょう。ビールからソフトドリンクまで各種取り揃えていました。私は「カルピスウォーター」で渇いた喉を潤しました。このお風呂は夕方4時から深夜の1時まで営業しており、「再入場券」をくれますので、翌朝5時から8時半まで朝風呂を楽しむこともできます。私は朝の5時にオープンするのを待ち構えて一番風呂をいただきました。気持ちよかったです。

  夕食は、3階のレストラン「ザ・ガーデン」「ディナーバイキング」をいただきました(4300円)。
●北海道産鮭のちゃんちゃん焼き風
●北海道産クリームパスタにいろいろ具材を乗せて
●北海道産ゆめぴかりの烏賊飯風
●北海道 帯広の郷土料理 “ぶった丼”
●北海道産サーモンとカラフル野菜のマリネ
●小海老と香味野菜のプラムソース和え
●北海道産いろいろポテトのカナッペ仕立て
●北海道産“大地の恵み”のテリーヌ
●ラーメンサラダ(北海道定番メニュー)
●海の幸のいろいろカップ寿司
●北海道産牛の低温ロースト ジンジャーソース
●札幌ラーメン

 「北海道からの便り」と題して、北海道の食材をふんだんに用いた野菜中心のお料理でした。お医者さんから「野菜、野菜」と言われている私は、野菜をばくばく食べました。

 お部屋は落ち着いたデザインの客室で、のんびりとくつろぐことができました。ミネラルウォーター2本と、ホテル特製の「USJバッグ」がプレゼントに置いてありました。教え子が高層階の部屋を取ってくれていたので、大阪の夜景を見ながら、持ってきていた学校の「年間ホームルーム計画」の一覧表を仕上げました。各クラスから提出されたクラス独自のホームルーム計画の調整も終わることができました。カバンに忍ばせていた故・渡部昇一先生の最新刊『人生の手引き書~壁を乗り越える思考法~』(扶桑社新書)をベッドに持って入り、読み終えたのは朝の2時前でした。この本、オススメです。ここから熟睡です。

 そして朝の7時からの朝食です。最上階の32階にエレベーターで降りると、すでに長蛇の列が。おいおい、朝食を食べるのに行列か!とビックリしました(今までの観光地ではありえないことです)。フロントでもらっていた「朝食券」を示すと、行列とは別に、スルスルと係の方が案内して会場へ連れて行ってくださいました。優先入場券を持っているお客さんは、並ばなくても直行できるサービスでした。こんなところにも、教え子が配慮してくれていたことを実感したことでした(帰ってから電話してお礼を言っておきました)。昨年ホテルで実施された「第2回朝食総選挙」の結果によれば、クロワッサン、②アレンジヨーグルト、③モーニングカレー、が人気だと伺ったので、一応一通り試してみました。

 ホテル内の雰囲気もよく、素敵なお花がいたるところにアレンジされていて目の保養になりました。フロントの人もとても親切で、万博記念公園」への特別な行き方を詳しく調べていただき、大いに助かりました。やはり高級ホテルのサービスはいいもんですね。贅沢なひとときを過ごすことができ、また泊まりたいホテルが一つ増えました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

speak ill of~

 加藤英和『英語語法の研究』(自費出版、平成2年)speak ill of~(悪口を言う)についての小論が載っていて、この語法の現代性を認める発言をしておられます。しかし、私はこれには疑問を抱いているんです。

 市橋敬三『間違いだらけの英語辞典』(実業之日本社、2005年)という本があります。この人の言われることは、いちいちもっともで勉強になるんですが(ただし行き過ぎもままあります)、speak ill of~に関してこんなことを言っておられました。

 筆者が高校生の時代に、「悪口を言う」を辞典で引いたところ、speak ill ofと出ていた。それでそれを一生懸命覚えてアメリカへ留学して使ったのだが、この表現は使われていないことを知った。筆者はこのことを、数多くの自著で書き、辞典の関係者に善処を求めてきたのだが、いっこうに改まらない。辞典の執筆者たちは、相当に頑固のようである。以下によく使われている表現と、辞典で誤って紹介しているものを列記するので、しっかりインプットしておこう。

リンダはあなたの悪口を言っていましたよ。
Linda    ☆said bad things about you.
    ☆bad-mouthed you.
    ◎said horrible[terrible] things about you.
    ◎spoke[talked] bad about you.
    ◎talked about you behind you back.
    ○spoke[talked] badly about you.
    ○said bad[horrible, terrible]stuff about you.
    △said awful things about you.
    △spoke horribly[terribly] about you.
    △talked horribly[terribly, shit] about you.
    ×spoke ill of you.
    ×spoke against you.
    ×whispered against you.
    ×fooled your name.
    ×disparaged you.
    ×spoke disparagingly of you.   
    ×made detractive statements of you.
    ×called you bad names.

私がこの人のspeak ill of~に関する発言を初めて読んだのは、英語専門家の誤りを指摘』(日本英語教育研究所、1983年)でした。そこにも同様の指摘がありました。

 キャサリン・クラフト先生の『先生、その英語は使いません!』(DHC、2016年)も同様の指摘をしておられます。

 手もとにある大学入試のための熟語集を数冊めくってみると、いずれもspeak ill of A(Aの悪口を言う)なるイディオムを載せています。というわけで、「他人の悪口を言ってはいけない」を、高校生や大学生に英作文してもらうと、十中八九、下のような英文を書きます。 You shouldn’t speak ill of others.

 “speak ill of A”は、ひじょうに古めかしい表現で、日常生活で耳にすることはまずありません。Don’t speak off of the dead.(死者の悪口を言ってはならぬ) このような格言めいた言いまわしでしか使わないのです。(中略) 「Aの悪口を言う」を、日常会話では、”say bad things about A/ talk[speak] badly about A/ bad-mouth A”などの表現を使います。

 ちょっと古いところでも、小西友七(編)『英語基本動詞辞典』(研究社、1980年)にも「speak well(ill) ofは一般的に参考書が取り上げているほどには用いられず、今ではpraise, criticizeなどというのが普通」とありますし、「archaicというレッテルをはるところまでいかないにしてもrarely used の中に含めるのは大胆すぎるだろうか。最近の英米の雑誌、小説の中ででくわしたことがない」英語教育』1974年5月号とあります。

 また、藤誠司「大学入試(英文法)悪問データベース」は、「入試問題から悪問を追放する」ためのサイトで、非常に勉強になるものです。先生方にはぜひ見ていただきたく思います。⇒コチラです  

「この資料は,近年の大学入試の文法問題の中から「悪問」を見つけ,解説を加えたものです。この資料を作った目的は,日本独自の「入試英語」の質の低さや現実の英語との落差を,できるだけ多くの人々に知ってもらうことです。とりわけ大学入試の出題者には,この資料を活用していただきたいと思っています。」 そこにも

Don’t speak ill of (    ) behind their backs.

① the other ② other ③ some other ★④ others

【解説】「~の悪口を言う」を英語で何と言うか?と尋ねると,おそらく10人中10人の受験生(および10人中9人の教師?)がspeak ill ofと答えるはずです。しかしこのフレーズは,日常的にはほとんど使われません。たとえば「ウィズダム英和辞典」(三省堂)では次のように説明されています。

Don’t speak ill of the dead.(死者の悪口を言ってはならぬ)などの格言的で古風な表現で好まれ,日常生活で使われることは((まれ))。

和英辞典を持っている方は,「わるくち」をひいてみてください。speak ill ofは出てこないはずです。「~の悪口を言う」の意味で使われる最も普通の表現は,say bad things about ~です。しかし日本の受験英語ではほとんどの出題者が(昔自分が受験生だった頃に覚えた)speak ill ofしか知らず,この非日常的な表現が非常によく出題されています。出題者に反省を促す意味をこめて,以下に一部の出題例を示しておきます。(以下出題例)

 本校のALTのアメリカ人エドワード先生(アリゾナ州出身)も、「聞いたことはあるが、”It is fading out of usage.”であり、普通の表現はspeak bad things about/ bad-mouth」という観察を示されました。現在現場で使っている受験参考書・問題集・辞典類にも必ず取り上げられる表現ですが、現実はチョット違っていることがお分かりいただけたかと思います。注意が必要です。♠♠♠

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

行列!

 このゴールデン・ウィークに、私は大阪に観光に行っていたのですが、今回の旅のキーワードは「行列、行列、行列」でしたね。覚悟はしていたものの、当然、行き、帰りの新幹線は超満員です。最初に向かった目的地ユニバーサルスタジオ」(USJ)は、連休中ということもあって、もう「チケット売り場」から長蛇の行列ができていました。ものすごい人です。園内に入って、各アトラクションも「210分」「120分」「240分」という表示もそこら中に見られました。待つことが大嫌いです。私は「優待チケット」を持っているので、長時間汗だくで並んでいる人たちの横の優先レーン(EXPRESS)をスルスルと抜けることができました。このときばかりは、優待券のありがたみを痛感したことでした。食事を取ろうとしても、どこのレストランも超満員。席を取ることもままならない状態です。連休中でいつもよりもはるかに多くの観光客でごった返していましたよ

 ホテルでの朝食もすごかった。USJ目の前のオフィシャル・ホテル「ホテル京阪ユニバーサル・タワー」に泊まったんですが、朝の7時から朝食を食べようと最上階の32階に行くと、とんでもない行列です。これも旅行会社に勤める私の教え子が優待手続きを取ってくれていたらしく、朝食券を見せると、行列には並ばずに別に案内をしていただき、朝食にありつきました。広い会場ですが、すぐに満員になりました。朝食に行列というのも初めての経験でしたね。眼下に広がる大阪の景色を見ながら、美味しくいただきました。

 翌朝ホテルを出て、ユニバーサルシティ駅前の「ローソン」でスポーツ新聞(巨人が勝った日は必ず買います)を買おうと思って入ると、とんでもない人がレジの前に並んでいます。USJへ行こうとする人たちが、飲み物や軽食を準備しているんでしょう。コンビニに30分も行列したのは初めての経験でした。それにしても、早朝からユニバーサルシティ駅から出てくる人の数と言ったら半端ではありません。

 ユニバーサルシティ駅から大阪駅を経由して、JR茨木駅(京都線)を降りて、万博記念公園(エキスポシティ)」へ向かうバスに乗ろうと、陸橋を歩いて4番乗り場に着くと、なんと階段まで続く長蛇の行列。何でもこの日には、お祭りセールとサッカーの試合が予定されているそうで、このような行列だとか。1つ後のバスで超満員の中を目的地に向かいました。疲れました。さすがに帰りはタクシーで帰りましたが。

 万博記念公園」に着いてからがまたビックリ!公園に続く橋のたもとまで人、人、人の行列です。入場券を買うまでがとんでもない時間がかかりました。券を買ってからはスムーズに会場内に入ることができましたが、ずいぶんここで時間を取られて、後の予定が苦しくなりました。

 「太陽の塔」「花の丘」を見学した後、今回の訪問の大きな目的の一つである「NIFREL」(2015年に大阪「海遊館」がプロデュースした新感覚の水族館)を目指しました。建物に着いてさらにビックリ!ズラーっと人が並んでいます。最後尾には「入場券の販売まで30分」の看板を持った係員の人が。「また行列か!」と嫌になりましたが、何分待ってもここだけは外せません。辛抱強く待っていると、幸い15分くらいで入ることができました。期待に違わず、並んだ甲斐のある水族館でした。中身についてはまた書きますね。今回は行列に始まって、行列に終わった旅でした。

教訓! 大型連休中は旅行をするものではありませんね!❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

京都「文之助茶屋」のわらび餅

◎週末はグルメ情報です!!

 一畑百貨店「大京都展」をやっていて、京都「文之助茶屋」「わらび餅」をターゲットに出かけてきました。私は「わらび餅」には目がなくて、なんと言っても「松風庵かねすえ」のものが大好きなんですが(⇒私の紹介記事はコチラコチラ)、ここのものも有名ですね。わらび餅のお店として、古くから親しまれています。上方の落語家として活躍した二代目桂文之助が、高座を退いた後、明治43年に創業した茶店です。 東山区にあり、和の甘味処・茶店として人気です。日本古来の食材として親しまれてきた『わらびそれは、独特の力強い粘りがありながら、口の中に入れるととろけるようなまろやかでコシのある味わいと食感を作りだす。そこに、ほんのりとニッキが香る伝統製法のわらびもち。香りをたのしむ。ニッキのやさしい香りとわらびもち、香ばしい京きな粉のハーモニーを感じることができます。京きな粉は深煎りされることにより、香ばしく風味が増すとともに、ニッキの香るわらびもちのコシのある食感と相性がピッタリです。

 ぷるぷるしてるけどコシがある。わらびもちは、弾力と粘り、一見相反するものが共存? 力強い粘りとぷるぷる感、コシがあるけどまろやか。それは、品質の安定した厳選素材の南九州産「本わらび粉」ならではのなせること。伝統を受け継いでくれる材料です。三角にカットされているのが特長で、口に入れるとじんわりとわらびの香りが広がります。京都には有名な「わらび餅」の名店がいっぱいありますね。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ