竹林の道

dsc00335    京都・嵯峨野に広がる「竹林の道」(ちくりんのみち)。それは大切な人と一緒にゆっくり歩いてみたい名所の1つです。青竹に囲まれた狭い道は、風はひんやりと涼しく、訪れる人々を静かに迎えてくれます。嵐山の北東に広がる嵯峨野は、平安時代から貴族の別荘や庵が開かれた土地です。かつて貴族が愛したこの場所は、1000年を経た今も、多くの人々に愛され続けています。時代が変わっても変わらない、そんな普遍的な美しさを持った場所なのかもしれませんね。嵯峨野の竹林の中で最も有名なのが、野宮神社」から「大河内山荘」へと至る200メートルほどの道です。いつもよりゆっくりと歩く事で、風が運ぶ竹の香り、隙間から注ぐ日差しが感じられます。時間の経つのを忘れ、ただ目の前を歩く。澄んだ空気と情緒ある景色を満喫して、それだけで自然に溶け込む心地よさが味わえます。

dsc00326 平安時代、平清盛に寵愛された祗王(ぎおう)という白拍子の女性は、新たな女性の登場とともに寵愛を失い、世の無情を嘆き、尼となり嵯峨野に住んだそうです。この時、祗王はわずか21歳。一生を仏門に捧げ、嵯峨野で静かに生涯を終えたと言います。嵯峨野、竹林の道」は休日期間中になると多くの観光の人々が訪れます。平日にゆっくりと巡るのがおすすめですが、休日の場合は早い時間帯が良いでしょうね。秋に開催される京都花灯路では、美しくライトアップされた竹林の中を歩く事もできます。

 私は、今回の京都訪問では、天龍寺と天龍寺庭園の見学 → 北門から竹林の小径へ → 大河内山荘庭園方面へ → 竹林の小径を引き返す → 野宮神社 といった行程で観光しました。緩い上り坂になっているところもあります。竹林がどんどん深くなっていき、道がくねくねし出しました。竹が天に向かって真っすぐに伸びています。いったいどこまで伸びていくんだろうか?と思いました。無数の竹の中を歩くと、空気は澄みきっており、見方によっては、非常に力強さすら感じることでした。竹林に感謝しながら大きな道に戻りました。❤❤❤

dsc00328
dsc00332

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

スターバックス出雲大社店

◎週末はグルメ情報です!!

 日本各地に全部で14店舗存在するスターバックスコーヒー「コンセプトストア通常のお店とは異なるコンセプトがそれぞれに存在し、こだわった外観や内装がとてもオシャレです。スターバックスコーヒーの公式サイトでは、いつものお店とすこし違うスターバックス体験”ができるお店として紹介されています。

dsc09974

 出雲大社に来たついでに、今日はそんなコンセプトストアの一つ、「スターバックス出雲大社店」をのぞいてみました。出雲大社の大鳥居の目の前にある店舗ですね。長屋のようなデザインが印象的な外装ですね。外観は純和風造り。長屋風の建物の2階には格子戸が設けられており、瓦屋根の軒の上に「STARBUCKS COFFEE」と看板が掲げられている。アルファベットが印象的で、何となくモダンな雰囲気の漂う店舗です。中に入ると一転、オシャレな店内が広がっています。1階部分には、商品を提供するカウンターがあり、2階はイートインスペースとなっています。2階部分の中央には、勾玉(まがたま)をイメージした巨大なテーブル。そして窓際にはカウンター席があり、そこから大社の鳥居を臨むことができるのです。ちなみにこのカウンター席は、掘りごたつのように一段低くなっており、テーブル越しに見る鳥居は、なかなか味わいがあります。

 dsc09957

 場所は、出雲大社 参道入口の「勢溜(せいだまり)の大鳥居」の目の前に位置しています。1階入口脇には、気軽にドリンクをお楽しみいただけるよう縁側風ベンチシートを設け、2階は出雲大社の素晴らしい眺望を存分に楽しめるように客席をレイアウトしています。縁結びの神様として知られる出雲大社 (=和) と、スターバックス(=洋) との“縁結び” をテーマにデザインし、出雲大社にヒントを得た要素も取り入れています。和と洋を融合させた店内空間dsc09962には、切妻屋根をイメージした天井、縦格子の仕切などの店内装飾を配しています。客席中央に下がる照明は、出雲大社の注連縄の垂れをイメージしておりオリジナルの制作です。出雲勾玉をイメージした大きなコミュニティテーブルは、「ご縁」 が生まれるような席配置を目指してデザインしています。このように、店舗には所々に出雲大社のテイストが見られます。例えばこのテーブルは、勾玉(まがたま)をモチーフにした形になっているのです!勾玉の穴の部分には、地元で生産・加工されている天然石が埋め込まれているではありませんか。出雲大社には、縁結びの神様がいることで有名ですよね。そのことから、出雲大社(和)とスターバックス(洋)の“縁結び”が、店内デザインのテーマとなっています。そう思いながら店内を改めてじっくり見渡してみると、なるほど確かに、木目調のイスやテーブルは大理石の床に置かれているなど、和洋折衷な雰囲気が漂っているのを感じますね。出雲大社を訪れた際には、ぜひ立ち寄りたい店舗です。

dsc09964dsc09968dsc09971

 スタバのコンセプト・ストア。これで、大宰府」大社」の2つを訪問したことになります。あと残り12店舗か。ぼちぼちと訪問を続けたいと思っています。 ❤❤❤

dsc09955

dsc09959 dsc09953

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

国際教養大学合格!

 秋田県の国際教養大学は、私がどうしても生徒を送りたかった「入りにくく出にくい」日本では珍しい大学です。故・中嶋嶺雄学長が、東京外国語大学学長時代にできなかったことを、遠く秋田の地において、初代学長として、一つ一つ実を結んでいかれました(平成16年開学)。立地は秋田市街からは遠く離れた山の中、周囲にはコンビニ一つありません。この大学の敷地と建物は、元はミネソタ州立大学機構秋田校のものでした。松江北高からも、今まで多くの生徒が挑戦してきましたが、残念ながら合格することはできませんでした(ものすごい倍率です)。今年は、先日、松江北高から初めての合格者が出ました。ALTのエドワード先生と二人でマン・ツー・マンでエッセイの特訓を続けてきました。どうしてもこの大学へ行きたい生徒で、A、B、C日程全部受けるつもりでいたんですが、最初のA日程で合格しました。おめでとう!おめでとう!

▲合格した中西葉奈さんとエドワード先生

▲合格した中西葉奈さんとエドワード先生

 世界を見据えたグローバルな教育方針で、多様な人材を全国、全世界から集め、少人数教育、多文化共生キャンパス、海外留学、地域との交流を通して、世界で活躍できるタフで幅広い視野を持った人材を育むという特徴があります。具体的には、①授業はすべて英語で少人数教育(教員は全員模擬授業をしてもらい学長が面接して採用し、外国人教員の割合は54%、1クラスは18人)②全学生は在学中に1年間の海外留学が義務付け(47か国・地域183大学と提携し、授業料は相互免除、卒業単位に認定し、事前にTOEFL550点以上を義務化)③多文化共生のキャンパスライフ(5人に1人は留学生で全寮制で留学生と共同生活、図書館は24時間365日開館)、④多彩な可能性を広げる進路選択支援(今年も就職率100%、半分は有名企業)、⑤多様な人材を発掘する入試制度(全16種類の入試を用意し、最大6回の受験が可能、他の国公立大学との併願も可)、といった他大学にはない特徴を持っています。4年間で卒業できる学生は半分もいないと聞いています。いかにもアメリカらしい大学ですね。生前、中島学長はこんなことを語っておられました。

 僕がいつも言うのは、大学は就職のためにあるのではないということです。就職率100%を目指して、やってきたわけではありません。国際教養大学がすべての授業を英語でやり、一年生は全寮制で外国人留学生とルームシェアをし、一年間の留学の義務がある。これらはすべて、名前の通り、国際教養を身につけるためです。特に、留学は学生を鍛えます。学生たちは、その器を大きくして帰ってきます。それが就職につながったと考えています。  (中嶋嶺雄談)

 最近では、鈴木典比古学長のインタビューが参考になります。⇒前編」&「後編」 また鈴木学長の『なぜ国際教養大学はすごいのか』(PHP新書、2016年、初代学長の故・中島嶺雄『なぜ、国際教養大学で人材は育つのか』(祥伝社黄金文庫、2010年)をぜひお読み下さい。naze51nxe68x-l__sx347_bo1204203200_

%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%95%99%e9%a4%8a%e5%a4%a7%e5%ad%a6

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「旧手宮線」

dsc07258 小樽市内で、小樽運河を見学したついでに、運河と平行するように走っている、列車の来ない線路を見てきました。これは、今は廃線となった旧国鉄手宮線」(てみやせん)南小樽駅から手宮小樽市博物館の位置までの2.8キロメートルを結んでいたこの線路、実は明治13年(1880)に北海道で初めて、日本で3番目に開通した鉄道の一部なのです。小樽(手宮)~札幌間が官営幌内dsc07262鉄道の一部です。幌内炭鉱(三笠市)で産出した石炭は、この鉄道で小樽の港まで運び、全国に輸送されていました。旧国鉄手宮線」は、北海道開拓を支える重要な鉄道だったと言えます。

 しかし、函館方面への線路が南小樽から分岐されたことや、室蘭・苫小牧の両港が発展したことなどから、輸送量が減り、手宮線の旅客輸送は昭和37年(1962)に、貨物輸送は昭和60年(1985)に廃止され、105年の歴史に幕を下ろしました。その直後から、市民が中心となり跡地利用について話し合われ、その結果、ほとんどの区間のレールを残して散策路として活用することになり、今では散策路として整備されています。全長1313mほどあり、敷地内には旧色内駅を模した休養施設やベンチも設けられ、観光時の一休みにも嬉しい、歴史ある線路跡となっています。

dsc07544

dsc07545 小樽を訪れたなら、ぜひ線路跡の上を歩いてみましょう。私は、昼間は「人力車」でこの線路沿いに走り、夕方は宿泊地の「オーセントホテル小樽」から歩いてこの線路を歩いてみました。北海道開拓のために汽車が走り抜けた時代に、想いを馳せることができましたよ。❤❤❤

dsc07546

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

夢しだれ

 私の大好きなさだまさしさんが、『二百三高地』という日露戦争をテーマにした東映映画の主題歌を頼まれて、「防人の詩」(さきもりのうた)という名曲を書き下しました。私の非常に好きな曲でもあるんですが、当時、多くの評論家たちからは「戦争を賛美している」「好戦的」「右翼」などと書かれて、ひどいバッシングを受け、ずいぶんいろいろな雑誌で叩かれたものです。この歌のどこが「戦争を賛美」なんでしょうかね??さださん自身は「いまの緊迫した世界情勢の中で、日本という国を愛するたった一人の”人間”として『自分の中の万葉集』『自分の中の防人の歌』というつもりでつくりました」と述べています。「いさなとり 海や死にする 山や死にする 死ぬれこそ 海は潮干て 山は枯れすれ」(万葉集)という歌に触発されて作ったとさださんは言います。そのようなバッシングの中、それでも評論家・俳人の山本健吉さんは、「君、あれは挽歌だよ。日本の詩歌の基本は挽歌だ」と讃え、励まして下さって、さださんの大きな心の支えとなりました。山本健吉先生はさださんを息子のように可愛がって下さったといいます。その山本先生に捧げた曲が、「夢しだれ」です。

%e5%a4%a2%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c      夢しだれ

吉野の里の桜には まだ早過ぎると君が
僕の指をとり誘う先は春に霞む斑鳩の
古(いにしえ)の夢殿にひとめぐりめぐり会えば
ふり仰ぐ満開の桜 誰が名付けたのか夢しだれ
思えば長い道程を 歩き続けているようで
愛と呼ぶには遠すぎて 恋というには近過ぎて
迷え この道は薮知らず
来し方知らず 行方知らず
君のかわりに 僕の頬を
花びらが打つ 風 風

 法隆寺東院境内の夢殿のしだれ桜を、「夢枝垂」(ゆめしだれ)と呼んだのは、この山本健吉先生でした。観桜会で俳句仲間同士が、この樹の下で酒を酌み交わすうちに、ふと角川春樹さんが、「この花に名はありますか」と問いかけ、ぼつりとそう応えられたのだそうです。山本先生らしいロマンです。その年に、花を追うように逝去された先生に、「いつか必ず」と、約束した歌を、健吉先生と奥様とお嬢様に捧げた歌が、この「夢しだれ」でした。レーズンの『あの頃について』というアルバムに収められています。さださんらしい、古典を下敷きにした難解な詞です。そうそう、上の映像の2分50秒過ぎの宅間さんの華麗なマリンバ演奏が素敵です。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

JR旧大社駅

  「センター試験」後、何かと忙しくしていましたが、珍しく休みが取れたので、重要文化財に指定されているJRの旧大社駅を、バタデンに乗って見に行ってきました。たまたま見ていたテレビ東京系の「美の巨人たち」で、この駅を取り上げて詳しく解説していたのです。⇒内容はコチラです  地元の出雲地方に住んでいながら(出雲大社は何度も来ているのですが)、知らないことだらけだったので、旺盛な好奇心を刺激され、自分の目でぜひ確かめておこうと思ったわけです。しんじ湖温泉からバタデンで大社駅に降り立ち(約1時間)、左方向へテクテクと歩くこと10分ほど。ありました!

dsc09926

 島根県・出雲市JR大社駅舎は、明治45年(1912)に国鉄大社駅の開通により開業され、大正13年(1924)2月に初代の倍の規模で新たに改築されました。出雲大社の門前町にふさわしい、純日本風の木造平屋建てで、和風趣向の際立つ大正ロマンを彷彿させる建物です。お城を思わせる黒い瓦屋根が特徴の重厚な和風建築です。「縁結び」で知られる出雲大社の参拝客らに親しまれてきましたが、乗客の急激な減少によりJR大社線が廃止された1990年3月31日に、鉄道の駅としての役割を終えました。その後、旧大社駅舎は平成16年(2004)、国の重要文化財に指定されました。現在、日本で重要文化財に指定されている駅舎は、東京駅門司港駅、そしてこの旧大社駅の3つだけだそうです(残る2つは私も見学しています)。1982年には「日本の建築200選」に選ばれている他、2009年には近代化産業遺産にも指定されました。

  第2代目となる現在の駅舎は1924年(大正13年)に改築されたもので、441平方メートルの木造平屋建て。大社線廃止後、駅舎を調査した際 に発見された上棟式の棟札から、設計したのは当時の神戸鉄道管 理局の技手であった丹羽三雄氏であることが分かりました。木造建築の駅舎は全国でも珍しく、黒い屋根瓦に漆喰の白壁という純和風のデザイン。1990年の大社線の廃止により駅舎も惜 しまれつつその役割を終えましたが、豪壮な外観とその存在感は今なお健在です。左右対称で社殿風な造りは、明らかに出雲大社を意識していますね。建築にあたっては当時の建築界の先駆者であり、同時期に出雲大社神苑の整備設計に携わっていた伊東忠太が助言をしたのではないかと言われています。

dsc09876

 高く設計された天井からは、大正風の灯篭型の和風シャンデリアが玄関を含めて30個備え付けてあります。待合室は正面向かって右手が二等待合室、中央の大きな一般待合室と二つあり、昭和初期までは分けて使用されていました。駅舎の威風を誇る屋根にもいろいろdsc09886と特徴があります。中央には千鳥破風が取り付けられ、また、中央屋根部分の両端には鴟尾(しび)が乗り(大棟の両端につけられる飾りの一種)、屋根の合掌部分には懸魚(げぎょ)が付けられています(屋根に取り付けた妻飾り)。瓦はいずれも特製で、一般の物より大dsc09928きく玄関中央の懸魚の上の瓦は、鉄道の駅らしさを感じる国鉄マークである動輪マーク入りの鬼瓦があります。さらに、瓦の上には亀の彫物が6個載っていますが、各々少しずつ形が違っていますね。芸が細かい。威風凛然とした外観の中にも、ちょっとした遊び心を感じます。望遠レンズでのぞいてみると、その魅力が伝わってきます。

 

 

dsc09929dsc09919dsc09916

dsc09918 この駅の往時を偲ぶことのできる場所が、駅舎の外にも随所に残っていました。木製の改札口、忙しく動いていたであろう信号機、それは多くの人が並んでいたであろう大きな長いホーム、珍しい石製の団体用改札口。最盛期には年間300本近い臨時列車がここを往来していたという二面三線の長いホームを持つ大社駅には、今も線路が残されており、三本目の線路にはSLの通称「デゴイチ」と呼ばれるD51774号機が保存展示され、当時の光景を彷彿とさせてくれます。中の運転席にも乗り込んで見学することもできます。運転手になった気分です。

dsc09880dsc09903dsc09913dsc09893

 廃線後は、所有者が出雲市に移り、構内で3年前から毎月1回、地域の音楽愛好家らによるコンサートが開かれています。他にも、地酒イベントや映画鑑賞、新婚カップルの記念撮影など、様々な目的で利用され、現役の駅に負けない活躍を見せています。「百聞は一見にしかず」という言葉の意味を、しみじみと噛みしめながら駅を後にしました。来てよかった!❤❤❤

dsc09878

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

i’m lovin’ it

dsc07964 好き嫌いや有・覚に関する状態動詞は進行形にならない(しょちすき」と覚えておくとよい)、ということは英文法でうるさく言われてきており、私も一年生の指導では必ず触れるポイントです。なのに「どうしてマクドナルドのテレビCMではI’m lovin’ itと進行形になっているのですか?」という質問を生徒から受けました。

i’m lovin’ it(アイムラヴィニット)は、マクドナルドにて2003年9月から導入された全世界統一の宣伝文句。直訳すると「私はそれが好き」。この場合の意味は「私のお気に入り」という意味。  ―ウィキペディア

とありますが、まったく正確ではありません。このように「ウィキペディア」に書かれている情報には注意が必要です(ウソも結構ありますから)。確かにこの表現を誤りとするネイティブスピーカーもいるんです。「好き」は進行形にはなりませんものね。今日はこの問題を深く掘り下げてみましょう。

     2003年9月からマクドナルドが使い始めた表記のキャッチコピー”i’m lovin’ it”、この英語は間違いであると断ずるネイティブ・スピーカーもずいぶんいます。以下をご覧ください。

(1)Well, ‘I’m loving it’ is more unusual, but if we said it, we would say it while doing the thing which we are loving. ‘I love it’ though, can be used for any time and situation.

(2)I’m loving it, is kind of a slang term….McDonald’s is famous for it…I love it, sounds better.

(3)It is grammatically correct, strictly speaking, but no one in their right mind would use it.  McDonald does, which proves my point.

(4)It is like the difference between “I am swimming” and “I swim”. Using the present participle (-ing) indicates that you are doing the action right now. So ‘I am loving it’ is grammatically correct and stresses that you are ‘loving it’ right now as we speak. However, it is not a common way to use the word love and is sort of slang. If you said to someone “I am loving you” it would indicate that right at the moment you are really enjoying that person’s company but it is far from the same meaning as “I love you” which is more permanent.

 本校前ALTのチェルシー先生のお考えは、こうでした。これは”more casual”な表現で、意味するところは、今も好きだがおそらく将来も好きだろう、というニュアンスだ。

 i‘m lovin’ it. は、「私はマクドナルドが好き」(I love it.)という永続的な気持ちを意味するのではなく、単に「これは美味しい」(It tastes good.)という味を表現するものでもありません。「ああ、美味しい」という話し手の気持ちが、食べるたびに美味しいと思う気持ちが重なり、「マクドナルドを食べるたびに美味しいと思う」「何度食べても美味しい」という、動的で臨場感のある意味合いとなっています。「~するたびに/何度~しても好きな気持ちになる」という繰り返しの経験を意味しているのです。つまり「美味しい」と思う気持ちが断続的に繰り返され、連続体をなしているので、進行形となっているのです。「状態の断続的連続体」と言ってもいいかもしれませんね。この表現の意味の詳細については、久野 明・高見健一『謎解きの英文法 時の表現』(くろしお出版、2013年)に詳しく出ていますのでご覧ください。あるプロの翻訳家はこれを「よだれが出ちゃう」と訳したそうです。

 これはもともと、ドイツのMcDonald’sの社員(英語が全くというほど出来ない人)が、”Ich liebe es” というドイツ語を、ウェブ上の翻訳サイトで翻訳したのがそもそもの始まりだ、という話を聞いたことがあります。“I’m loving it” という訳をアメリカの本社に提示したところ、そこに居並ぶアメリカ人たちは、この「一見間違っているように見えるからこそ『えっ?』と思わせて心に残る」キャッチフレーズをすっかり気に入ってしまい、間違いと思われることを承知の上で、全世界で使ってしまおう、と考えたらしいです。真偽のほとは分かりませんが、もっともらしい話ですね。キャッチフレーズとしてはまことに秀逸な言葉です。 ❤❤❤

dsc09834

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

蜃気楼ダイヤ

 私が初めてこの「蜃気楼(しんきろう)ダイヤ」を知ったのは、西村京太郎先生の推理小説『五能線の女』(2006年)を読んだときでした。この小説は後に、テレビ朝日系でドラマ化されて「五能線の女・秋田~能代~五所川原~弘前連続美女殺人ルート!突然列車が消えた・・・謎の蜃気楼ダイヤトリック」というタイトルで、2006年に放送されました。五能線の「リゾートしらかみ」という列車は、深浦駅で1時間半ほど停車して、周辺スポットをゆっくり観光してもらおうというダイヤになっているこの列車、実はその空白の1時間半の間にも、時刻表にはない運行をしていて、周辺を走り回っているのです!それを「蜃気楼ダイヤ」と呼んでいて、それを知っていた犯人がこのダイヤを利用して殺人を犯していた、というトリックでした。

%e4%ba%94%e8%83%bd%e7%b7%9a%e3%81%ae%e5%a5%b3

 一度走り去った列車が、折り返して元に戻ってくるならごく当たり前のことですね。しかし、同じ方向から2度も同じ列車が現れるなんて不思議な話だと思いませんか?そんな列車が1999年から2005年まで実在しました。五能線経由の臨時快速「リゾートしらかみ3号」です。現在は、秋田~弘前・青森間を走っています。「リゾートしらかみ3号」はおもに観光シーズンに運転されている全席指定の快速列車で、窓が大きく、運転席の後ろに展望ロビーを備えた%e3%83%aa%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%bfリゾートトレインです。途中の景勝スポットで徐行運転してくれたり、車内で津軽三味線の演奏が行われたりと、観光客向けのおもてなしサービスが行われています。1999年から2005年までの「リゾートしらかみ3号」は、秋田駅を出発して奥羽本線を走り、東能代駅から五能線に入って海沿いを進みます。あきた白神駅、十二湖駅、ウェスパ椿山駅、深浦駅に停車するところまでは現在も同じ。ところが当時、深浦駅に到着した「リゾートしらかみ3号」は、こっそり逆方向に走って岩館駅まで戻り、その後は再び十二湖駅、ウェスパ椿山駅、深浦駅に停車していたのです。ただし、当時の時刻表では、深浦駅に長時間停車するように表示されていて、逆方向へ往復する部分は一切省略されていました。但し書きには、「あきた白神駅、十二湖駅、ウェスパ椿山駅に下車観光後、同じ列車に乗車できます」と書いてあるのみでした。時刻表には表示されない列車が走る不思議さから、「蜃気楼ダイヤ」と呼ばれたのです。

▲リゾートしらかみの運行図。時刻表には太い線の部分しか表記されていなかった

 なぜこのような奇妙な運行をしていたかというと、お客さんたちに「途中下車して観光してもらうため」でした。リゾートトレインに乗った人々が、その快適な乗り心地を好み、車窓から景色を眺めるだけでは、沿線の観光地にはなんらメリットがありません。利用者の側でも、せっかく訪れたからには、地元のもっと景色の良い場所を観光したいのが人情ですね。そこで十二湖駅、ウェスパ椿山駅、深浦駅などで下車した利用者が観光して戻ってきた頃に、「列車の方がお迎えに行く」というスタイルになったわけです。それぞれの駅では、蜃気楼ダイヤ」に合わせた時間の観光ツアーが用意されていたといいます。今はもうなくなったのですが、その「蜃気楼ダイヤ」が終了した理由は、「リゾートしらかみ5号」が新設されたからです。「リゾートしらかみ」は好評で、専用車両を増やして1往復増発されました。リゾートしらかみ3号」で迎えに行かなくても、後続の「リゾートしらかみ5号」に乗り継げるようになったのです。この列車にもぜひ乗ってみたいと思っています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

一畑電車新型車両

dsc00153dsc00169 一畑電車としては、なんと86年ぶりとなる新造車両「デハ7000系」です。現在運行している一畑電車は、全て関東や関西の私鉄から譲り受けた中古車両です。更新にあたり、1両編成で運行できる形式を全国で探しましたが適当な車両がなく、新造することにしました。JRグループで、鉄道車両の修理・改造を手掛ける後藤工業が設計、製作を担当しました。事業費は1両当たり、2億1千万円とのことです。車両は長さ20.8メートル、幅2.8メートル、高さ3.9メートル-で、定員は従来よりも7人多い129人です。私は今日、しんじ湖温泉駅出雲大社駅の両方の駅で、この新型車両を初めて目撃しました。ラッキー!

dsc00159

    JR四国の7000系をベースに、電気機器はJR西日本225系を流用することでコスト削減が図られています。一畑電車の保有車両としては最大長の車体は、ステンレス鋼体を採用し、一般公募により、白を基調とした車体に「出雲の風景」をデザインテーマとしたフルラッピングが施されました。座席配置は2人掛けボックス席とロングシートをセミクロス配置とすることで、地元客・観光客どちらでも対応でき、扉への点字シール、中間部への車椅子スペースの設置、さらに英語dsc00163表記対応などを取り入れ利便性を高めています。その他VVVFインバーター制御、回生ブレーキ、LED照明などが採用になり、使用電力の削減を図ることで環境負荷の軽減を図っています。ブレーキ時のエネルギーを電気に替えるなど、電気の使用量を従来の半分に抑えた省電力設計となっています。

 親しまれる車両とするため、外装は公募によるフルラッピングを施すこととし、9月から10月にかけて「出雲の風景」をテーマにしたデザインを募集しました。期間中に寄せられた応募作品は195点にものぼり、松江・出雲両市の市長や一畑電車の会長・社長らによる審査で、最優秀作品1点と優秀賞5点を選びました。実際の電車に採用された最優秀作品は、大きく弧を描いたストライプを車両全面と側面に大胆に配したデザインです。今年度中に導入される4両に対応するよう、各車両ごとに異なるカラーを用いています(下のイラスト参照)。❤❤❤

%e6%9c%80%e5%84%aa%e7%a7%80%e4%bd%9c%e5%93%81%ef%bc%88%e6%8e%a1%e7%94%a8%e4%bd%9c%e5%93%81%ef%bc%89-thumb-640x433-825
dsc00174

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

岸田牧場「牛乳便り」

◎週末はグルメ情報です!!

 昨年末のある夜、日頃お世話になっている米子西高校の福田理尋先生(ご自身も一流の料理人です)が、八幡の自宅にふぐ鍋の材料を届けてくださったんですが、それと一緒に、岸田牧場「牛乳便り」というミルクが入っていました。「自分は料理にもこの牛乳を使う。絶対に美味しいから飲んでみて。普通のスーパーには置いていませんが…。」とのことでした。お帰りになってから一口飲んでみました。濃い~!ちょうど先日、北海道で飲んだ「四つ葉牛乳」とおんなじくらい濃くて美味しい牛乳でした。めちゃくちゃ濃くて、それでいてすっきりとした後味、独特の乳臭さがほとんど無いとても上品でおいしい牛乳でした。飲んだ時は、口の中に幸せな味が広がり・・・ゴク、ゴク、ゴク・・・はぁー、おいしいなぁ・・・実感でした。以来、私の大好物となっています。
 中国地方の名峰「大山」山麓のふもとに岸田牧場はあります(琴浦町)。牛を飼い、乳を搾ることの意味と意義を自らに問い続けながら、今日まで酪農に従事してきた証がこの牛乳です。こだわりは、ごくごく自然なことです。

・健康な牛から搾られる生乳であること。
・人と牛にとって心地よい環境であること。
・先進技術と衛生管理を追求し続けること。

 当たり前のことを貫き通すことが本当に難しい今日、気持ちの伝わる牛乳を届けようという想いの結実がこの牛乳となりました。牛をつなぎとめることなく、放し飼いで、自由に動き、えさを食べることのできる牛舎で、選び抜いた飼料で育てられた牛から搾られる生乳だからこそ味わえる風味ですね。

dsc00231
 味をしめた私は、早速翌日、松江中のスーパーをくまなく「捜索」して、この牛乳を探しましたが、どこにも置いてありません。探し疲れて、田和山の「今井書店」に本を探しに立ち寄ったところ、なんと、入口のカフェの冷蔵庫に1本だけこの牛乳が置いてあるのを発見しました!おい、おい、牛乳を「今井書店」で発見だぞ!お店の人に尋ねてみると、人気なので定期的に入荷するとのこと。以来、年が明けても、田和山に出るたびに、今井書店からこの牛乳を買って帰っていた八幡でした。「この牛乳ほんとに美味しい。市内のどこにも置いてありませんよね~」と、店員さんと話していたところ、「ラパンにはありますよ」との情報。帰りに、私の自宅のすぐ近くの「ラパン」に寄ったところ、大量にあるではありませんか!!あれだけ市内中のスーパーを探し回ったのに…。「灯台下暗し」とはまさにこのことでした。自宅のすぐそばに売れていたなんて!これで、学校帰りに買って帰れるようになりました。ただ人気のようで、棚に置いてないことも幾度となくあります。美味しい!!!普通の牛乳よりもややお値段は高いんですが、投資する価値は十分にありますよ。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

研究会のチラシ

 今日2月9日は、平松一郎さん(ラーンズ営業開発課エリアマネージャー)が学校にお見えになり、こんなチラシをいただきました。昨年開催された「「生徒の英語運用力を磨く」研究会―センター試験で高得点を取るために」の要点をまとめたチラシです。記事全文の詳細は、Webサイトでお読みいただけます。⇒コチラです

dsc09838

 私はいつも「英語は絶対に裏切らない!」と題して、そこらじゅうでお話させていただいているんですが、今年のセンター試験結果は、そんな私の期待に生徒は見事に応えてくれるものでした(過去最高平均点)。平松さんにも申し上げたんですが、やったことと言えば、私の「センター対策本」(第13版、自費出版)を随時参照しながら、ラーンズ『重要問題演習(筆記)』&『重要問題演習(リスニング)』を用いて、大問ごとに「解き方」の基本方針を示し、問題演習をしました。今年特徴的だったことは、重要』計画的に一回仕上げた後に、もう一回間違えた箇所を徹底的に潰していったことでしょうか。最後は毎週、過去問の本試・追試を新しい年度から古い年度に向けてさかのぼって解いて行きました。たったコレだけです。ぜひ、先生方もやってみてください。❤❤❤

dsc01363

▲年末のセンター追い込みの光景です

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

お風呂の枕

 疲れて家に帰った時の風呂の時間は、誰にとっても至福の時だと思うのですが、その幸せな時間をさらに快適にする、お風呂の枕「バスピロー ミニハートピロウ」を買ってみました!半身浴用のマスト・アイテムで、ハート型のキュートなバスピローです。ウレタン素材を使用しており、ふわふわクッションが入浴中もやさしく頭を支えて包み込んでくれます。ポップでカラフルな色、ハートの形が可愛く毎日のお風呂の時間が楽しみになりますね。このピローにもたれかかりながら、アロマを楽しんだり、音楽など聴きながら、バスタブでゆっくりとくつろげる癒し系アイテムでなので、半身浴が大好きな方にオススメです。私は大阪駅の「フランフラン」で購入しました。

箱から取り出すとこんな外観です。可愛いでしょ?

 このピローの裏面には角度がついていて、そこにバスタブの角を引っ掛けて固定する感じになっています。身をゆだねてみると、クッションはとっても柔らかくて、お風呂で首を預けても、いい感じで気持ち良く包み込んでくれました!この感触が堪りませんね。お風呂に入ってゆったりと湯船に浸かりたい時、とてもリラックスして入っていられます。私はお風呂の暖房に、ヒーリング・ライトをつけて、ジャグジーのスイッチを入れて泡ぶろにつかりながら、小田和正ZARDの音楽を流して癒されています。寒い冬場はもう最高の楽しみですね。お値段も千円以下とお手頃で、快適なバスタイムを演出してくれる素敵なアイテム。コレから湯船に浸かる時は、コレでゆったりとくつろげそうです!良い買い物ができました!ランフラン」には、ピンクしか置いてありませんでしたが、カラーバリエーションは豊富に揃っているみたいですよ。❤❤❤

mini-heart-pillow

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「足立美術館」14年連続日本一に!

◎日本庭園 14年連続V!

 島根県安来市にある「足立美術館」(あだちびじゅつかん)が、アメリカの日本庭園専門誌『数奇屋リビング ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』11・12月号の日本庭園ランキング2016年版において、第1位に選出されました。この日本庭園専門誌は、アメリカ在住のダグラス・ロス氏が日本庭園を世界中に紹介するために1998年に創刊した隔月刊誌で、英語圏を中心とする世界37ヵ国の人々に定期購読されています。京都の桂離宮などを押さえて、本ランキング第1回以来、14年連続で第1位に選出されています。14年間ずっと1位です!2015年にはフランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」と「ブルーガイド・ジャポン」で共に最高評価の三つ星を獲得するなど、海外からも高い評価を受けています。

 私は小さい頃、この近くに住んでいたこともあって(安来市広瀬町)、よく出かけていましたね。その当時はこれほどの注目を浴びることもなく、ひっそりと地元の小さな美術館といった感じだったんですが、今では桁はずれに大きなものになりましたね。昔から横山大観の絵の所蔵では定評のある所ではあったんですが。今は疲れた時や、アイデアに行き詰まったときに、出かけては、椅子に座ってボーッと庭園を眺めて癒やされています。心が空っぽになっていくのを実感できて、元気が出てくるんです。下の写真をご覧ください。確かに美しいですね。この景色をボーっと見ていたら心が安らぎますよね。JR安来駅からは、無料の送迎バスが出ています。

cimg0013cimg0011cimg0007

 選定基準は、歴史的価値、規模、知名度ではなくて、庭園の質、庭園と建物の調和、利用者へのおもてなしなどで、「今現在鑑賞できる日本の庭園としていかに優れているか」を重視しています。全国900カ所以上を対象に、世界の造園専門家ら30人でつくる委員会が選んでいます。選ばれた理由の一つに、オープン以来46年間にわたって1日も休まずに開館し続けてきた管理水準の高さがあるとのことです。足立美術館の庭園は、借景にしている近くの山も含めて約16万5千平方メートルもあります。毎朝、開館前に職員が清掃したり、樹木の手入れをしたりします。日頃のたゆみない努力の結実が今回を含め14年間の受賞というわけです。全国そこらじゅうからの観光客でにぎわっています。

 ランキングを受けて、足立隆則館長がコメントを発表しています。「庭の木々や草花、コケは放置していては周囲の景観にそぐわなくなる。大きくなりすぎた木の植え替えの手間ひまを惜しんでいては、庭の魅力は失われてしまう。15年、20年と引き続いて1位に選ばれるよう、館員一丸となって定演の維持管理に努めていきたい」。 島根県からは、次の7つが50位以内にノミネートされました。島根県にお越しの際は、ぜひ足を運んでみて下さいね。❤❤❤

2016年日本庭園ランキング(島根県)

 1位 足立美術館(美術館)
  8位 佳翠苑皆美(旅館ホテル)
11位 皆美館(料亭旅館)
19位 湯の助の宿 長楽園(旅館)
32位 平田本陣記念館(歴史記念館)
42位 康国寺(寺院)
44位 由志園(観光庭園)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「結び目固め」

 滋賀県警長浜署の市内懇親会で、男性署員が余興の一環に、スカートをはいた20代の女性署員にプロレス技「吊り天井固め」(ロメロスペシャル)を掛けて、参加者の一部がその場面を携帯電話で撮影して、複数の署員と共有した、というニュースが大きく報じられました。女性署員はスカートの下に短パンをはいていて、下着は見えていなかったとのことです。

 %e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%abこの技は1956年にマスクマンとして初来日したメキシコのラウル・ロメロが考案した拷問技で、うつぶせにした相手の両膝の裏に両足を乗せ、相手の足を自分のふくらはぎでロック、両手を後ろに絞り上げた状態から後転するように倒れ込み、相手をえびぞりのような状態で高く吊り上げる大技です。相手の両足は大きく開いた状態になります。新日本プロレスの獣神サンダーライガー選手などがよく痛め技として多用しています。ライガー選手当人は今回の事件に関して、次のように語っています。

「素人が力の加減を分からずに掛けるのは、非常に危険です。掛けられる側が肩を脱臼したり、足首をケガしたりする恐れがあります。相手は女性であれば、なおさらです。スカートであれば、”モロ見え”になってしまいますし、手も固められて隠すことができず、完全にセクハラでしょう。くれぐれも、面白半分で掛けないでください」

 話題が横道にそれてしまいました。今日はメキシコの「結び目固め」のことを書こうと思っていたところに、ちょうどこんな破廉恥なニュースが飛び込んできたものですから。

 プロレスには様々な決め技・必殺技がありますね。メキシコのルチャリブレにおいても種々の関節技が見られます。私がその中でも一番印象深いのが、「エル・ヌド」(結び目固め)と呼ばれる関節拷問技です。仰向けに倒れた相手の両足をそれぞれ逆の手でつかみ、相手の両足を交差させ、その上に自分の片足を乗せて、下にある相手の足を自分のももにフックさせる。さらに両足の隙間から腕を差し込んで相手の腕をつかみ、その腕を引っ張りあげてからもう片方の腕をつかんで相手を抱え上げ、足、背中など複合的にダメージを与える。見ただけでも実に複雑な関節技です。見た目がまるで「結び目」のように見えることからこの名前がついています。メキシコのルチャで開発された複雑なジャベ(関節技)で、これを日本人で使う選手はほぼいません。

 この技の代表的使い手として有名なのがエル・サタニコです。次の映像の22分頃をご覧いただくと(ピラタ・モルガン相手のフィニッシュ・シーンです)、この技がよくお分かりいただけようかと思います。私はプロレスの熱狂的ファンとして、以前メキシコのルチャリブレを放映していたテレビ番組で、時々目にしては感心していた複雑な必殺技で、相手のピラタ・モルガンがしばらくは我慢していたものの、悲鳴を上げてギブアップをしていることからもこの技の説得力が伺えます。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

トワイライトエクスプレス「瑞風」

%e7%91%9e%e9%a2%a8

 JR西日本が、新たな豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」を、2017年6月17日から運行を開始し、島根県もその運行停車駅になっているということで、期待で大いに賑わっています。緑色の外装に金色のエンブレムと線をあしらった車両は10両編成で、定員は34人です。大阪駅か京都駅と下関駅を結び、山陰か山陽を通る1泊2日と、周遊する2泊3日のコースがあります。途中で下車して、瑞風仕様の専用観光バスで現地の観光地なども巡ります。料金は1泊2日で1人27万円から、最も高い1両全体を使った「ザ・スイート」75万円からに設定しています。話題となって大成功を収めた、JR九州「ななつ星」の二匹目のどじょうを狙った豪華寝台列車です。

 

 

 

 

 

 

 

 沿線の中国地方各地では、ガイド養成や施設の整備など、受け入れ準備が本格化していることを、松江駅のお隣の宍道駅を例に取って、『日本経済新聞』1月26日が詳しく伝えていました。

 さて、この車内で提供するディナー料理の開発・献立の監修に当たる食の匠5人の一人に、松江市・中原町のフレンチ・レストラン「HARA」(ル・レストラン ハラ・オ ナチュレール)のご主人原 博和(はらひろかず)さんが選ばれたことは、すでにこのブログでもお伝えしました。⇒コチラです  このお店は私の大好きなフレンチで、よく通っています。当時、米子東高校におられた数学の福田理壽先生(米子西高校)は、ご自分も一流の料理人の方ですが、この福田先生の教え子さんが原さんということで、ご紹介していただき、以来ずっと味の虜になり、通い詰めているお店です。リーズナブルなお値段で、地元の食材をきれいな見栄えで美味しくアレンジした料理をいつもごちそうになります。そうそう、二年前に私が退職するときに、同僚と記念の食事をしたときには、フルコースの最後に、こんなサプライズを用意・演出してくださいました。お心遣いに感激でした!

img_7357 以来、何かのお祝いごととか、遠方のお客さんをもてなす時には、八幡おススメのフレンチ・レストランです。ただ、この「瑞風」の匠に選出されてから、大人気で予約がますます取れなくなりました。松江北高の先生方も予約が満杯でよく断られていますね。❤❤❤

dsc03114

▲オーナーシェフの原さんと

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「サンライズ出雲」

dsc09734 「サンライズ出雲」は、東京駅~出雲市駅間を運行する285系寝台特急列車です。1998年(平成10年)7月に、客車寝台特急だった東京~高松間の「瀬戸」と、東京~出雲間の「出雲1・4号」をそれぞれ置き換え、「サンライズ瀬戸・出雲」としてデビューしました。東京~岡山間は「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の併結で走り、岡山駅で切り離されます。東京~出雲間は12時間かけて走り、1日1往復しています。各地で新幹線網の整備や飛行機の普及、車両の老朽化で、次々と廃止になった寝台特急ですが、「サンライズ出雲」は、現在JR線で唯一残る定期寝台特急列車です。週末には乗車率99%になることも珍しくないそうです。またもう1つの特徴として、女性客が70%ほどになることも多いという女性に人気の列車なんです。出雲大社の「縁結び祈願」旅行が若い女性に受けていますからね。正面から見ると2階建てで、車体の高さが目立ちますね。私はかつて一度だけこの寝台列車に乗って東京へ出かけましたが、残念ながら夜一睡もできなかったので、以来利用していません。今はもっぱら新幹線です。

dsc09732

 寝台列車で旅行をするってこと自体が少なくなったと思っていたのですが、今でも多くの人が利用しているんですね。しかも今の寝台列車は居心地がよく寝ている間に目的地に着くので人気があります。リーズナブルなのも利用者が多い理由の一つでしょうか「サンライズ出雲・瀬戸」は、下り列車が東京22時00分発→出雲市9時58分着・高松7時27分着。上りが出雲市18時55分発・高松21時26分発→東京7時08分着。下り列車で見てみれば、岡山には翌朝6時27分、倉敷には6時46分、米子には9時03分、松江には9時30分に到着します。

dsc09733 羽田からの飛行機の最終便のずっと後に東京駅を出発して、翌朝の新幹線や飛行機の初便到着の前には岡山や高松に着くことができるのです。米子や出雲へは翌日の飛行機でちょっとだけ先に着くこともできますが、なにより早朝の6~7時台に羽田空港へ行くのは大変ですし、さらには搭乗前後の余裕時間も必要です。実は「サンライズ出雲・瀬戸」は観光にもビジネスにも時間を有効に使うことdsc09731ができる、とても便利な列車なのです。深夜でも町の灯りが絶えない東海道沿線を走り抜け、目覚めれば「サンライズ出雲」は中国山地の山あいを抜けて、宍道湖畔の美しい風景が車窓を彩ります。「サンライズ瀬戸」はなんといっても瀬戸大橋を渡る雄大な風景が圧巻です。フリースペースのミニロビー(3・10号車)から車窓を楽しむのもいいですね。

 この列車は基本設計をインテリアデザイナーの剣持 勇(けんもちいさむ)さんが行い、個室の設計には住宅メーカー大手のミサワホームが参画して誕生した居住性の高い車内設備を誇ります。内装はまるでホテルの室内のようです。飛行機の最終便の後に出発するダイヤが組まれ、上質な車内空間にこだわった点が高く評価された寝台列車です。色も、寝台列車の定番であった夜をイメージした従来のブルーではなく、一変、朝をイメージした明るいベージュと赤で塗色されている点も見逃せません。新時代の寝台列車のあり方を提示しています。写真は、西出雲駅で撮影しました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

マックの新コーヒー

◎週末はグルメ情報です!!

 日本マクドナルドは2017年1月16日より、リニューアルした「プレミアムローストコーヒー(ホット)」の販売を全店でスタートしました。同社が2017年に掲げる、「おいしさ向上宣言」の第一弾として登場したそうです。

 「マック史上最高リッチな味と香り」を目指して、アラビカ豆100%、コーヒー鑑定士が厳選したブラジル、コロンビア、エチオピア産の豆を使用。これまで使用してきたブラジル、コロンビア、グァテマラ産の3種類のコーヒー豆に、フルーティーな香りとやわらかな酸味が特長のdsc09835厳選されたエチオピア産モカを新たに加えてブレンドしました。個々の豆の特性にあわせて最適に焙煎し、絶妙なバランスでブレンドするなどのこだわりも。奥行きのある味わいと華やかな香りが自慢の一杯、と同社は唱っています。抽出には「蒸らし」の工程を導入し、温度・時間まで徹底的にこだわったコーヒーマシンを使用しています。コーヒーの持ち味をしっかり出して、全体のコクが増すようにした。まるでハンドドリップのような丁寧な入れ方で、豆本来の美味しさがこの一杯に凝縮されています。同社は、2017年の商品戦略として、「おいしさ向上宣言」を掲げており、その第一弾として、「プレミアムローストコーヒー(ホット)」のリニューアルが決定されたわけです。また、今回のリニューアルにあわせて、カップデザインも白色をベースにしたデザインに新しく生まれ変わりました(写真下)。

dsc09830

 コーヒーには目のない私は、早速飲みに行ってきました。なるほど、確かに奥行きのある、香り豊かなフレーバーでした。そこらの変な喫茶店よりよほど美味しいじゃないか!これがワンコイン(Sサイズ 100円)で飲めるのです。私はMサイズ(150円)を注文しました。それにしても、セブンイレブンのコーヒーといい、どうしてこんなに安く提供できるんでしょうね?私は以前読んだ、川島良彰『コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか』(ポプラ新書、2015年)を思い出しました。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

加藤一二三先生

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e4%b8%80%e4%ba%8c%e4%b8%89%ef%bc%92 最近、年末から年始にかけて新聞・雑誌やテレビで将棋棋士・加藤一二三(かとうひふみ)先生の名前が何度も登場し賑わっています。1954年に史上最年少棋士・史上初の中学生棋士となり、順位戦で4年連続昇級して18歳でA級八段となるという偉業を成し遂げ、「神武以来の天才」と呼ばれました。タイトル歴は名人1期、十段3期(現在の竜王)、王位1期、棋王2期、王将1期の、通算計8期獲得したすごい先生です。 通算勝利数は歴代3位の1323勝(大山・羽生に続く)です。昭和の大棋士と言われた故・大山康晴15世名人中原 誠16世名人との死闘は、多くのファンを魅了しました。将棋好きの私は、若い頃から加藤先生が大好きで、先生の得意の「棒銀」や「矢倉」の本を読みふけったものです。

 加藤先生は福岡県出身、1954年、当時の最年少記録となる14歳と7か月でプロ入りして、史上初めて中学生で四段に昇段、プロ棋士となりました。順位戦最上位のA級には最年少の18歳で昇級して、「神武以来の天才」と呼ばれたのです。この記録は昨年10月に、藤井聡太四段が14歳と2か月でプロ棋士になったことで破られたという報道が相次ぎました。

 そしてその藤井聡太四段の初棋戦の相手がこの加藤先生という皮肉な運命の巡り合わせでした。62歳差対決で藤井聡太四段に敗れて、「素晴らしい才能の持ち主」と賞賛しました。

 ところが、1月19日、加藤九段が在籍する第75期「名人戦」C級2組順位戦(1勝7敗)の対局では、競争相手の竹内雄悟四段が勝利し、同組(51人)の下位10人に入ることが確定し、加藤九段の同組からの陥落が確定。定年規定により、63年間の棋士生活に終止符を打つことになりました。

 翌日の1月20日、77歳と11日の加藤先生が、飯島栄治七段に公式戦で98手の意地の勝利をして、故・丸田祐三九段の76歳11か月を抜き、現役最高齢記録を更新しました。引退決定後初の対局での勝利でした。歴代3位の通算勝利数もこれで1324勝(歴代3位)1173敗(歴代1位)となりました。勝ち数もすごいですが、負けた数もすごいですね。「対局が続いている限りは引退ではない。最年長勝利は素直に嬉しい。残る対局を、全力で頑張りたい」と加藤先生。

 加藤先生は名人への挑戦権を争う順位戦の最上位クラス「A級」に通算36期在籍しました。還暦後もA級棋士だったが、2002年に「B級」へ陥落して以降、近年は成績が振るわず、2014年からは最下位の「C級2組」となっていました。今季のC級2組は51人の棋士が10局を戦って成績を競います。うち下位10人に「降級点」がつけられ、降級点が3回つくと降級となる規定です。加藤九段はすでに降級点が2回ついていました。直近では12日の対局に敗れて1勝7敗となったが、この日は競争相手も敗れたため「引退決定」は免れていました。C級2組から陥落すると、通常は順位戦に参加しない「フリークラス」となります。その場合、10年以内に規定の成績を上げて順位戦に昇級しなければ引退となるのです。またフリークラスには定年規定があって、C級2組から降級した場合は60歳、自らフリークラスになると宣言した場合は65歳となっています。加藤先生は現在77歳。降級が確定した時点で現役引退が決まります。ただ、引退が決まった棋士でも、他の棋戦(の予選・本選)で勝ち残れば現役扱いとなります。「棋聖戦」予選、棋王戦、竜王戦、王将戦、NHK杯戦など、加藤先生にはまだ対局が残っており、順位戦も3月まで対局がある。予定される全ての対局が終わった時点で引退となります。「最高齢勝利記録は素直にうれしい。これからも対局は続いていく。正式に引退した時に、あらためてお話をしたい」と、最後の一手まで勝負師であり続ける姿勢を見せました。

 77歳の今も食欲旺盛。対局中の食事は、天ぷら定食とうな重を同時に注文することが多いと聞きます(驚!)。「無人島に一つだけ持っていくとすれば、何を選びますか?」という将棋年鑑のアンケートに対して、加藤先生は「羽生さん。羽生善治三冠(王位・王座・棋聖)を連れていく」と回答したのには思わず笑ってしまいました。無人島で羽生さんと将棋三昧の日々を送るつもりなんでしょうね。そんな羽生さんへの思いは、羽生善治論―「天才」とは何か』(角川書店)にしっかりと読み取ることができます。加藤先生は文才もあり、お書きになるものはみんな面白いんです。私は著作をみんな読んでいます。バラエティ番組などでもひふみん」の愛称で親しまれた加藤先生ですが、奇人としても知られています。さまざまな珍エピソードが語られていますね。

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e4%b8%80%e4%ba%8c%e4%b8%89(エピソード1) 加藤先生といえばネクタイが超長い。対局中に立ち上がるとベルトより20センチも長いことも。若い頃にたまたまネクタイを長く結んで、対局に臨んだところ、澄んだ心で集中でき快勝したことから、対局は長いネクタイでということになったそうです。ご本人は「戦いという修羅の場で、くつろぎ・余裕を相手に見せたいから」「ルックス上、よく見えるから」とおっしゃっておられたとか。

 (エピソード2)対局中の口癖は「あと何分?」です。秒読みに入っても「あと何分?」「あと何分?」「1分です」「あと何分?」「1分です」「あと何分?」「1分です」「あと何分?」ついにキレた記録係。「1分だよ!」 、記録係「20秒、1、2、3」「あと何分?」「もうありません」大爆笑でした。もう一つ「から咳」も有名でした。これが出たら加藤先生、勝利を確信した瞬間と米長先生が解説しておられましたね。

(エピソード3) 加藤先生が対局室の空調に強いこだわりを持つことは有名です。ソフト不正問題で話題の渦中にあった三浦弘行さん(当時四段)は、極度の寒がりです。加藤先生との間でクーラーのスイッチの‘争奪戦’を繰り広げたことがありました。切っては入れ、切っては入れ。これも滑稽な光景。

(エピソード4) 東京・三鷹の集合住宅に住んでいる加藤先生が、自宅の玄関前や庭で野良猫に餌を与え始め、やがて周辺に現れた猫は多い頃で18匹まで増えました。その結果、同じ敷地内の住民たちは、猫の糞尿の始末や悪臭に悩まされたり、車に引っかき傷をつけられたことを問題視して、猫への餌やりを中止するように何度も求めましたが、加藤先生は断固として拒み続けました。そしてついに全10戸の集合住宅のうち9戸の住民たちが加藤に対して、猫への餌やりの中止と慰謝料請求で東京地裁に提訴したのです。加藤先生は裁判で、「猫は迷惑を及ぼす恐れのある動物ではない。動物愛護の精神で猫に餌を与えていて、猫の数を減らすために不妊去勢手術をした」と主張しました。結局は、原告の住民たちの主張が全面的に認められ敗訴した加藤先生は、「猫は私の友達みたいなもの。静かで危害も加えません。命あるものを大切にする私の信念は変わらず、今後も餌やりは敷地外で続けます」と語りました。民事裁判とはいえ、名人にもなった棋士が被告席に座る事態は前代未聞でした。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

英作文の心構え

 センター試験」も終わり、いよいよ「二次試験」への取り組みが熱を帯びてきました。松江北高では、1限から5限までは、クラスごとの「特別授業」です(合併授業も)。6・7限は志望校別に「特別講座」を開講しています。(1)東京・京都、(2)難関大、(3)広島・岡山、(4)島根・鳥取、の4つの講座が用意されていて、自分の志望校に応じて参加します。私は(1)の東京・京都を担当しています。授業の中でも英作文は取り上げてやるのですが、さらに密度を高めるために、松江北高では志望校別に担当者を決めて、毎日マン・ツーマンで添削をしていきます。北高英語科総動員でこの指導にあたります。

 ある生徒が、赤本の模範解答を見て、「先生、こんな解答、私にはとても書けないのですが、こういう英語が書けないといけないのでしょうか?」と、質問にやってきました。ナンセンス!!あれは、英語を何十年と教えているプロが頭を絞って書いた解答例であって、生徒は真似する必要は全くありません。そもそもあんなきれいな英語が書ける訳がないと思うべきでしょう。私が英作文の心構えとして、最初に生徒に提示するのは次のような原則です。

(1)和文和訳  与えられた日本文をそのまま英語に直すのではなく、もう一度自分の書きやすい日本語に直してから英語に直すといいよ、というものです。特に難関大ほどそうです。

(2)分割OK  特に難関大の英作文は日本語が長いことが多く、5行6行にもわたることがあります。特別の指示でもない限り(見たことはありませんが)、2文、3文に分けて書いても構いません。一文で書こうとするあまり、むちゃくちゃに詰め込んで文法的に説明できない英語になりがちです。区切りのいいところで、分割して分かりやすく書くのもいい手ですよ。

(3)KISSの法則  これは以前に、このブログでも書いたことがあります。⇒コチラです 「Keep It Short and Simple」の頭文字を取ったもので、「短く」、「簡単に」書くということです。この原則は常に頭に刻みましょう。

(4)人を主語にして書く  物を主語にして書くと動詞の選択が難しくなります。一方、人を主語にして書くと平易な動詞が使えます。できるだけ主語は「人」にするほうが無難です。無生物主語は難しいんです。

 授業と並行して、英作文の添削では、毎日たくさんの生徒を相手に赤ペンを入れて、説明・コメントをしてやらねばならないので、この1か月間は松江北高の英語教員は一番ハードな時期になります。幸い私の部屋には、アメリカ人ネイティブ・スピーカーのエドワード先生が常駐しており、分からないことはすぐに質問できるので有り難いですね。重要なポイントは、難しいことをいかに簡単に書くか」をしっかりと練習することです。これが英語の本当の力です。泥臭い英語で構いません。以前教えた生徒で、この4原則を毎回きっちりと守って、本当に惚れ惚れするような簡単な英語を書いてきた生徒がいました。この生徒は、東大・理科三類に合格しました。時の経つのは早いもので、この生徒が立派になって、今度松江に戻ってきて講演を行います。WOW!❤❤❤

img_7209 

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

ZARD CD&DVD COLLECTION創刊!

 1月26日付の『日刊スポーツ』を読んでいたら、(株)アシェットから「ZARD百科事典」となる、隔週刊『ZARD CD&DVD COLLECTION 〜永遠のスタンダード・ナンバー〜』が、2017年2月8日に創刊されることが記事に出ていました。これは、ZARD永遠のスタンダード・ナンバーをCDとDVD、マガジンでコレクションするJ-POP界初の「パートワーク」となるものです。全52号(予定)を集めれば、ZARDをあらゆる方向から網羅した『ZARD大百科』が完成するというものです。ZARDの熱狂的ファンである私は、早速定期購読を申し込みました。

 1990年代の音楽界を席巻し、今もなお根強い人気を維持し続けるZARD。現在までに45枚のシングル、21枚のアルバムを発表し、シングル売り上げ1775.5万枚、アルバム売り上げ1999万枚を誇り、シングルトップテン入り通算43作品(女性ボーカルグループ歴代4位)、アルバム連続ミリオン獲得数9作連続(歴代1位)、アルバム1位獲得作品数11作(女性ボーカルグループ歴代2位)と、輝かしい記録を誇る永遠に愛されるシンガーです。

zard-collection

 「パートワーク」とは、1つのテーマを分冊で定期的に刊行し、大百科事典を完成させるスタイルです。本格的なコレクションがリーズナブルな値段で完成するのが特徴であり、これまでディズニーやチャップリン、007シリーズ、フェラーリや懐中時計コレクション等、永く愛されるスタンダードな作品や人物、アイテムが選ばれてきました。この「ZARDコレクション」は、J-POP界として初のパートワークとなります。私は小田和正さだまさしのパートワークをリクエストしておきました。

 隔週刊に届けられるこのマガジンは、創刊号から第38号までにはCDを付属予定、第39号から第52号までにはDVDが付く予定です。永遠に輝き続ける坂井泉水さんの歌声と詞を音と映像でコレクションしていきます。CDには、誰もが知る有名なシングル曲はもちろん、カップリング曲、アルバム収録曲、カラオケバージョン、さらにライブ音源などが最新デジタルリマスタリングで届けられる予定です。DVDには、ミュージックビデオに加え、ライブ映像、オフショット、貴重な未公開映像など、現存するZARDの映像の数々を収録した完全保存版となります。創刊号には、CDに加え、ここでしか見られないZARDバイオグラフィムービーを収録した特別DVDが付属するとのこと。マガジン(オールカラー12ページ)では、「名曲アーカイブ」、「ギャラリー」、「ハイライト」、「ZARDミュージアム」、「私とZARD」、「素顔の坂井泉水」といった6つの章から構成され、CD収録曲1曲ごとの解説はもちろん、歌詞やそこに込められた思いが明かされるそうです。このほか、坂井泉水さんのインタビューの再録や、テーマ別データ集、当時のグッズや販促品、貴重な資料なども詳しく紹介されることに加え、毎号、未公開写真、レアな写真を含む魅力的な写真がA3サイズで掲載されるとのこと。毎号集めてバインダーに綴じれば、ZARDのCDとDVDを満喫しながらアーティストとして、ひとりの人間としての坂井泉水に多面的に迫る「百科事典」の完成というわけですね。

 このマガジンは全部で6つの章で構成されています。
▼名曲アーカイブ
CD収録曲を1曲ごとに解説します。歌詞やそこに込められた思いに加え、データや制作時のエピソードなど、各楽曲をより深く知ることができます。DVDが付属する号には、収録されるプロモーションビデオの解説や収録時のエピソードを中心に、ライブの様子や舞台裏などもレポートします。曲の背景や坂井さんの思いが語られるものと期待したいです。
▼ギャラリー
毎号、坂井泉水の魅力的な写真を片観音(A3サイズ)でピンナップに。未公開写真やレアな写真も掲載します。これも楽しみ。
▼ハイライト
ZARDの活動におけるハイライトを、毎号さまざまなテーマで取り上げます。DVDが付属する号には、デビューからのZARDの活動ヒストリーを時系列で追っていくコーナーを掲載します。思い出に浸れそうです。
▼ZARDミュージアム
ZARDにまつわる貴重なアイテムの数々を公開します。当時のグッズや販促品、貴重な資料なども詳しく解説します。かなり私も見ていますけどね。
▼私とZARD
ZARDのスタッフや関係者が坂井泉水とのエピソード、秘話などを明かします。スタッフや関係者しか知らなかった事実が、今明かされます。私はこれに期待したいですね。
▼素顔の坂井泉水
ZARDの活動以外での、坂井泉水のプライベートな素顔に迫ります。坂井泉水が遺した詞や絵画など、彼女の趣味や秘蔵アイテムの数々を紹介します。追悼展で見たことがありますが、これは初公開ですね。

  昨年、坂井泉水さんの生き方と「負けないで」という歌の紹介が、三省堂の高校英語教科書に載りました。しかし、人生の応援歌」というこの曲の位置づけは完全に間違っています。⇒私の批判記事はコチラです  そこら辺の真実がこのマガジンで明かされることを期待しています。亡くなって10年にもなるのに、いまだにファンクラブの会員数が増え続けている(!)というZARDの魅力がたっぷりと詰まったマガジンになることを信じています。逝去後も彼女の作品に励まされたという感謝の声と、惜しみない賞賛の声が止むことなく寄せられる歌い手です。数年前、東京・鳥居坂で開催されていた追悼展」に出かけ、坂井さん愛用の品々をまじまじと見て、涙にくれた日を思い出しました。❤❤❤

▲2012年8月東京追悼展にて

▲2012年8月東京追悼展にて

IMG_0444

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

○○歳の誕生日!

 ちょっと前のことになりますが、1月15日は私の○○歳(?)の誕生日でした。もうこの歳になると「おめでとう!」でもないのですが、全国のたくさんの方々からお祝いのメッセージをいただき、嬉しく思いました。ありがとうございました。そういえば、昨年の誕生日のことをはっきり覚えています。午後一番の授業で教室に行くと(12R)、正面の黒板に私のでっかい似顔絵に、Happy Birthday! の文字(年齢まで書いてあった!61とあったので25に訂正しておきました(笑))、大合唱で出迎えてくれました。驚きと同時に感激でしたね。写真に撮っておきたいぐらいよく似せて描いてありました。黒板のあの絵を消してしまったのは失敗でした。写真に撮っておいて、みなさんに見せてあげたかったですね。あのクラスはとっても授業のしやすい勤勉なクラスでした。それが今年のセンター試験の好結果(過去最高)につながっています。

 私は、昭和30年1月15日に生まれました。当時この日は、「成人の日」という国民の祝日でして、私の親は手抜き(?)をして「成人」と名前を付けてしまったのです。なるひと」ちゃん、せいじん」ちゃん、などいろいろ呼ばれていたようですが、結局は「しげと」という名前に落ち着いた、と母親から聞かされました。楠 正成(くすのきまさしげ)のように忠義な人間になるようにと、一字「成」という字をもらった、とも聞きました。毎年、この日になると私の誕生日を、全国の人たちが祝日で祝ってくれていたんですが、最近は「成人の日」が別の日に移行してしまい、面白くありません(笑)。間違ってその日にお祝いメッセージが送られてきたりもします(笑)。

 以前の私は、誕生日に祝って貰うとすごく嬉しくなったりもしていたものですが、今は違います。どこの会場だったか忘れてしまったのですが、大好きなシンガーソングライターのさだまさしさんが、コンサートのステージで、誕生日のことを話題にされていました。誕生日は周りにお祝いしてもらうものと勘違いしている人が多いのだが、この気持ちは間違っている、と。この日は命がけで自分を生んでくれた母親に、感謝する日である。本当にそう思います。「鼻からスイカが出てくるよう」な痛み(私は経験がないので分かりませんが…)に何時間も耐え、生死をかけて闘った苦難の日」=「誕生日」だったことを、絶対に忘れてはならない、と。誕生日とは、「おめでとう」ではなく「ありがとう」を言う日なんですね。そして必死に育ててくれた母に感謝する日でしょう。感謝のプレゼントをもらうのは、子どもではなくて、むしろお母さんの方なのではないでしょうかね。私の母はもういません。そういう訳で、誕生日には、私は平成10年7月19日に亡くなった母親のことを思い出しながら、仏壇に手を合わせます。「お母さん、ありがとう」❤❤❤

▲今年の誕生日にいただいたお花です。ありがとうございました。

▲今年の誕生日にいただいた素敵なお花です。ありがとうございました。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Time flies like an arrow

 作文の授業で、Time flies. が出てきました。「光陰矢のごとし」を意味する表記の英語が、様々な意味に解釈できるということを知ったのはもうずいぶん前になりますかね。英語のことわざTime flies like an arrow.(光陰矢のごとし)が、優秀なコンピューターにかかると、実は次のように6通りに解釈できるんですが、分かりますか?

【第1の解釈】 Time flies like an arrow. 時間は矢のように飛ぶ(素早く過ぎる)
【第2の解釈】 Time flies like(=as) an arrow [times flies]. 矢がハエのタイムを取るようにハエのタイムを取れ
※likeをasの意味にとる。arrowの後にはtimes fliesが省略されている timeは動詞で「タイムを取る」
【第3の解釈】 (You should) time flies like(=as) [you time] an arrow. 矢のタイムを取るように、ハエのタイムを取れ
 ※likeをasの意味にとる。you time(あなたがタイムを取る)が省略されている
【第4の解釈】 Time flies [like an arrow]. 矢の形をしたハエのタイムを取れ     ※likeを前置詞のように解釈して flies like an arrow(矢の形をしたハエ)
【第5の解釈】 Time flies like an arrow. タイム・バエ(時バエ)は矢を好む
※timeをfliesを修飾する名詞と解釈して「時・バエ」(そんなハエがいるかどうかは知らないが?)
【第6の解釈】 Time flies like an arrow. 『タイム』という雑誌は矢のように(=直線的に)飛んでいく   ※著名な週刊誌『タイム』と解釈して固有名詞のように考える。

 現実には【第1の解釈】しかあり得ないでしょうが、2~6もすべて文法的には正しい解釈です。英語って奥が深いですね。このことを「あむーる」第23号で取り上げました。このサイトのダウンロードサイト」に登録しておきますね。

  • 「あむーる」第23号 島根県立松江北高等学校英語通信 八幡成人

 time-flies さて、その続きです。英語では、Time flies.(時間とは飛んでいってしまうものですね)とfliesでピリオドで、日本語のように「矢の如し」は普通は付きません。ところが、英語圏のユーモアを尊ぶネイティブ・スピーカーたちは、Time flies like an arrow; fruit flies like a banana. と付け足して、一緒に笑ったりおどけたりします。これはかなり以前から存在していた表現のようです。これには2つの意味が同居しています。

 意味その1>「時は矢のように飛び、フルーツはバナナのように飛ぶ」これだけだと、まるで意味は無茶苦茶ですね。

 <意味その2>「トキバエは矢を好み、ミバエはバナナを好む」。これはまず、time flyというハエがあると仮定して、その複数のtime fliesは矢が好きである。一方、ミバエ(こちらは本物で、果物に卵を産むハエの一種fruit fly)の複数fruit fliesはバナナが好きである、という意味になります。fliesは動詞であり、名詞の複数形にもなります。likeは前置詞であり、それが動詞にもなります。ここがミソですね。❤❤❤

 

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

金城鉄壁

  年末から年始にかけて若桜木 虔(わかさぎけん)さんの推理小説(トリックが半端でない醍醐味のあるミステリーにはまっています)を読んでいて「金城鉄壁」(きんじょうてっぺき)という言葉が出てきました。恥ずかしながらこの四文字熟語を私は聞いたことがなかったので、「アレッ?」と思ったんです。

●なつみが報告してきたようにアリバイが金城鉄壁であればあるほど、元SM研の部長としては心証が黒に傾いていく。  ―若桜木 虔『寝台特急出雲・大井川の殺人交差』(実業之日本社、2004年)

●第七章 金城鉄壁のアリバイ・日本警察の面目  ―若桜木 虔『みちのく殺人街道 女優は死の香り』(実業之日本社、2006年)

 辞書を引くと非常に守りの堅いことのたとえ。また、非常に堅固で、付け込むすきがないことのたとえ。金や鉄のようにきわめて堅固な城壁の意から。」  「防備のきわめて堅固な城。きわめて堅固な物事のたとえ。」とあります。なるほど、一つ賢くなりました。❤❤❤

dictionary2_kanji

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

神山 繁さんを偲ぶ

%e7%a5%9e%e5%b1%b1%e7%b9%81 『踊る大捜査線』シリーズの吉田副総監役や、映画『アウトレイジ ビヨンド』の布施会長役などで知られる神山 繁(こうやま・しげる)さんが、お亡くなりになりました。87歳でした。所属事務所の発表によると、神山さんは1月3日に「穏やかに安らかに旅立ちました」とのこと。また「葬式無用、戒名不要」という生前の本人の意思を尊重し、葬儀は近親者のみで行ったと説明されています。

 神山さんは広島県呉市生まれ。父親が海軍軍人だった影響で、海軍経理学校に進み、卒業後は進駐軍の通訳を務め、航空会社、ホテルに勤務しました。1952年に文学座に入り、演出助手を経験した後に俳優に転じました。1965年に放送を開始した代表作のドラマ「ザ・ガードマン」では宇津井健さんや中条静夫さんと共にレギュラー(榊隊員)を務め、お茶の間に親しまれました。高度経済成長期に社会の秩序を維持するために、高倉隊長役の宇津井健さん(享年82)らと犯罪に敢然と立ち向かう姿を描いたこの作品は、約7年間で350話が放送され、最高視聴率40.5%を記録し、「ガードマン」の言葉もこの作品によって定着しました。あの音楽で始まるこの番組を小さい頃に楽しみに見ていたのを思い出します。恐くて夜トイレに行けなくなったのも懐かしい思い出です。現在「ザ・ガードマン」に出演していた7人のうち、存命なのは藤巻潤さん(80歳)、川津祐介さん(81歳)、倉石 功さん(72歳)の3人だけになってしまいましたね。神山さんは英語ペラペラで、欧州各国ロケの際は撮影隊よりも先に現場入りして、自治体との撮影許可交渉から何までやり通しました。1989年リドリー・スコット監督の大ヒット映画『ブラック・レイン』にも堪能な英語力を買われ、警察幹部役を務めました。2007年にはEテレの「英語でしゃべらナイト」に最高齢で出演したのも懐かしいですね。存在感のある名脇役としても知られていた神山さん。また晩年もNHK連続テレビ小説「マッサン」などへの出演など、精力的に活動を続けていました。渋い役者さんでした。

 松田優作さんの『ブラックレイン』に、警察幹部役で出演していた神山さんの英語の熱演は、よく覚えています。というのも、この映画には忘れられない思い出があるんです。ある日、私の自宅に平田高校で担任した生徒が二人で訪ねてくれて、今度結婚することになったと報告に来てくれたんです。クラスメート同士のそれはめでたいということで、一緒に食事に行き、その足で映画館に行って三人で観たのが『ブラックレイン』でした。結婚式で祝福したのも、もうずいぶん昔のことになりましたね。お子さんももう立派に成人していますから、私が年を取るのも当然ですね。あー、懐かしい~!神山さんの思い出が忘れられないのはそういう訳なんです。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

旅人の話~心の在り方

 ある町がありました。一人の旅人がその町にやってきました。町の入口の門のところに一人の老人が立っていました。旅人は聞きます。「おじいさん、この町はどんな町?」おじいさんは聞きます。「あなたがいままでいた町はどんな町でしたか?」旅人は答えました。「いやあ、前にいた町は嫌な人ばかりでろくな町じゃなかったよ」 「そうですか、この町もあなたが前にいた町と同じ町です」

 また別の日に旅人が来る。「おじいさん、この町はいったいどんな町ですか?」おじいさんは聞く。「あなたがこの前にいた町はどんな町でしたか?」「私がいままでにいた町は、すばらしい町で、人々は親切で、あんなによい町はありませんでした」 「そうですか、この町もあなたが前にいた町と同じ町です」と答える。

 この逸話は致知出版社長の藤尾秀昭(ふじおひであき)さんから教えてもらったものですが、二人のやって来た町は同じ町です。この逸話の言わんとするところは、「その人の心が環境を決める」ということなんですね。同じものを見ても、その人の心の準備ができていなければ、見えたり見えなかったりする、ということを教えてくれる心に響くお話です。

    最近読んだ、桝野俊明『幸運は、必ず朝に訪れる。』(秀和システム、2017年1月)の中に、次のような禅僧の話が出てきました。

    ある修行僧が行脚の途中で、山中のあばら家に一夜の宿を借ります。天井は破れ、すきま風は吹き込む。床板をはがして燃やし、かろうじて暖を取る。そんな具合ですから、修行僧はわが身を嘆きます。「よりによって、こんなところで一夜を明かさなければならないなんて!」 もう、寝るしかない、とごろりと横になった修行僧はハッとします。破れた天井から美しい月明かりが差し込み、自分を照らしてくれていることに気づいたからです。瞬時に修行僧の心は転じます。「ああ、この身を月光が包んでくれている。なんとありがたいことだろう。この家に宿を借りられたことに感謝しなければ…。」 いかがでしょうか。このように、あばら家の一夜という状況は「みじめ」ととれる一方で、「ありがたい」と受けとることだってできるのです。それを決めるのは「心の有り様」です。みじめな気持ちをありがたいに転じる、マイナスをプラスに転じる、まさしくそれが禅の心、禅的発想です。(pp.169-170)


センター試験」も終わり、その結果に一喜一憂している時期ですが、「自己ベスト」と言って浮かれていては二次試験でこっぱみじんにやられてしまいますし、「D判定だから…」といって悲観しながら適当に勉強していてはなりません。受験の世界は本当に何が起こるか分からないのです。高得点を取りながら落ちてしまった人、D判定でひっくり返して見事逆転合格を果たした生徒、これらを山のように見てきました。同じことをやるにしても、この一か月間の「心の在り方」が大切です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

マクドナルドの秘密

%e8%97%a4%e7%94%b0%e7%94%b0 アメリカからマクドナルドを日本に初めて持ってきたのは、松江北高校の卒業生藤田 田(ふじたでん)さんでした。藤田さんは1926年に大阪に生まれ、北野中学、松江高校を経て、東京大学法学部を卒業すると、藤田商店」を創設、1971年「日本マクドナルド社」を創立、日本中にハンバーガー旋風を巻き起こしました。日本の外食産業売り上げ日本一を記録するなど、伝説の経営者です。

 「日本マクドナルド」を創業する際には、「McDonald’s」を、英語の正しい発音である『マクダーナルズ』とせずに、アメリカ本社の反対を押し切り「日本語的に馴染みやすい3・3の韻になるよう」に『マクドナルド』としたことは有名な話ですね。日本語というのは、3音か5音か7音で成立している。3音か5音か7音で音が切れない。”マクダーナルズ”では日本人には受けない。日本で事業をしたいのなら、3音で切れる”マクド/ナルド”にすべきだ」 1971年7月、東京・銀座の三越にマクドナルドの第一号店を開き、わずか11年で日本最大の外食産業に育て上げました。ソフトバンクの孫さん、ユニクロの柳井さんにも、大きな影響を与えました。

 名刺や新聞広告などで、自らが登場した際には、名前のところに「デンと発音してください」と必ず明記していたそうです(著書もそうなっています)。母親がキリスト教徒だった事から、「口」に「十字架」で十字架のメッセージを語れるように、という意味で「田」という名前になったと言われていますが、言葉を慎むように口に十字架をという戒めが込められている、よくしゃべる子で黙らせようと「口」の中に「×(バツ)」を入れた(!)、という俗説もあります(笑)。2004年、78歳で心不全のため、東京でお亡くなりになっています。

 藤田さんは、24歳で「藤田商店」を始めた時から、毎月銀行に積み立て貯金をしてきました。最初の10年は月5万円、次の10年は10万円、以降は15万円と、続けられたそうです。その預金がいくらになったと思います?49年間で約3億円。通帳は600冊にものぼったそうです。まさに「チリも積もれば山となる」ですね。私たちも見習いたい習慣です。このように藤田さんが残した教えにはたくさんの宝物が含まれています(私が同意できない、そうではないものもあるんですが)。

 数年前、食に関する非道をやったせいで、またトップの対応のまずさから、経営がオカしくなっていたマクドナルドですが、最近はずいぶんと持ち直して景気がいいようです。創業者が松江北高卒業生だからでしょうか、頑張って欲しいなと思って応援をしている八幡です(よくマックに行っています)。

 私がまだ教員になりたての若い頃、藤田さんが松江北高の卒業生だということを知らなかった当時、書店で見つけた『Den Fujitaの商法①~④』(ワニ新書)を読んで感銘を受けました。今でもマクドナルドに行く度に、この四冊の本に書いてあった300IMG_1008近くのお店の「秘密」を思い出したりしています。例えば、マクドナルドのカウンターの高さは92㎝と決められていることをご存知ですか?どうして92㎝になったかというと、科学的な調査で人間がポケットから一番お金を出しやすいカウンターの高さが92㎝なんです。背の高い人もいれば、背の低い人もいる。そういった個々の背の高さを超えて、人間は92㎝のカウンターの前でポケットから一番お金が出しやすいのです。人間がポケットから一番お金が出しやすいカウンターを作って商売すれば絶対に儲かるというのが、藤田さんの考えでした。小売業は英語でRETAILと言います。頭文字のRをDに置き換えると、DETAIL(細かいこと)になりますね。小売業はそういった小さいことの積み重ねであるというのが、藤田さんの信条でした。一発で売り上げを10倍にする魔法のようなものは存在しないということです。マクドナルドには、そういった小さなノウハウが2万5千もあると聞きました。例えば、ハンバーガーと一緒に出されるコカコーラは摂氏4度と厳しく温度管理されています。これは摂氏4度が最もうまいとされているから、世界共通でコーラのディスペンサーの温度は4度にセットされているのです。ハンバーガーのパンの厚さは17ミリと決まっているのは、人間の口に入った時に一番美味しいと感じるパンの厚さが17ミリだからです。パンの気泡は5ミリが一番美味しいということです。パンにはさむお肉は100%牛肉を45グラム使って、厚さ●ミリの鉄板で、表面温度は●度に保ち、●分焼いているのです(●は企業秘密)。マックシェイクの太いストローは実に飲みにくいものです。ストローで吸っても遅いスピードでしか口に入ってこないのは、人間が口の中に物を吸い込むときに最も美味しいと感じるスピードは、赤ちゃんが母乳を吸うスピードだから、あのようになっているのだそうです。こういったことにお金をかけて、科学的な根拠の上に積み上げてお客さんに提供しているのですね。今日は、あまり知られていない「マクドナルドの秘密」についてお話しました。

 毎日ブログにお越しいただきありがとうございます。センター試験も無事終わり、八幡は現在、二次試験対策の特別授業に没頭しております。大雪の中を埋まりながら、歩いて毎日学校に通っていますから、きっと今週末の検査結果は良好だと思います(?)ホント??❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

新・十津川警部ドラマ 

★やはり違和感あり!十津川警部

 内藤剛志さん主演の西村京太郎サスペンス新・十津川警部シリーズ第1弾「伊豆・下田殺人ルート」がスタートしました。亀井刑事役は石丸謙二郎さん。ここでは、十津川警部自身が殺人事件の容疑者になるハラハラドキドキの展開で、難事件に挑む新コンビの活躍を描いた作品でした。ドラマそのものは1999年に渡瀬・伊東コンビで放映されたもののリメイク版(越後・会津殺人ルート)といった物語でしたが、細かい点はいろいろと脚本が変えてありました。私見では明らかに前作の方が見ごたえがあったように思います。内藤さんが一人二役で出るというのは、渡瀬さんのときに犯人役で二役を演じた『四国連絡特急殺人事件』の時と同じなのには笑ってしまいました。お馴染みだったキャストが全部総入れ替えですから、どうしても違和感はぬぐえません。やはり慣れるのには時間がかかりそうです(テレビ朝日系の高橋英樹さんのシリーズでは、亀井刑事役の愛川欣也さんが降板して高田純次さんに変わった時もずいぶん違和感があったものですが、もう今ではそんなに抵抗なく見れるようになりましたから)。ただこのシリーズには、製作テレビ局の例外なく、山村紅葉(やまむらもみじ)さんが出演していたんですが、今回からは登場しません。これは意外でした。母・山村美沙と西村京太郎の作品のドラマ化には、「山村紅葉出演が絶対条件」という約束がとりつけられていたと聞きましたから。

 東京都内のある公園で銀座のホステスの他殺体が発見された。被害者は十津川警部(内藤剛志)の名刺と伊豆下田行きの列車のチケットを持っていた。だが、十津川は被害者と面識がない。十津川はそのチケットを使って列車に乗って伊豆方面へ向かうことに。被害者が計画していた旅のスケジュールを確かめながら捜査を進める十津川を、雑誌記者の渡辺ひろみ(中山忍)が付け狙う。謎のメールに導かれたひろみは、十津川が女を殺害する場面に遭遇! ひろみはその一部始終をカメラに収めていた!亀井刑事(石丸謙二郎)ほか十津川の部下の刑事たちは無実を証明するために捜査を開始する。真犯人は警察の内部事情にも詳しいようだ。誰が十津川を罠にはめたのか? 警視庁十津川班の刑事たちには、前田美波里、伊東孝明、高杉瑞穂、大迫茂生、齋藤めぐみを新たにキャスティング。十津川の上司・本多一課長役は六平直政、三上刑事部長は西岡德馬が演じる。十津川の妻・直子役は池上季実子だ。また、中山忍、大石吾朗、遠山景織子、西田健、永島敏行がゲスト出演し、新シリーズのスタートを彩る。西村京太郎サスペンスの魅力のひとつでもある鉄道旅シーン、伊豆下田の美しい風景も盛り込み、ストーリーが進む。熟練の新コンビに乞うご期待!(TBSホームページより)

 内藤剛志さんは、今回のキャスティングに関して、次のようなコメントを寄せておられます。

 十津川警部は自分くらいの年齢の俳優なら演じてみたいと思う憧れの役です。キャスティングしていただいてうれしく、光栄です。前の『十津川警部シリーズ』に犯人役で出演した時に、渡瀬恒彦さんに主役を演じる心構えをお聞きしたところ、先輩(渡瀬)は「自分のことは後にして、周りの出演者、スタッフが、どうしたらやりがいのある作品になるかを考えることが大切だ」と仰いました。その言葉を守って仕事をしていたら、今回この役をいただいた。先輩の教えは間違ってなかったなと実感しました。プライベートではずっと、僕は石丸さんのことを「石丸さん」と呼び、石丸さんは僕のこと「内藤くん」と呼んでくれる。この呼び方が「亀さん」「警部」と呼び合う十津川警部と亀井刑事に通ずるようで、石丸さんとは息もぴったりです。タイトルには十津川と付いていますが、全員で撮影に関わっていくという、チームワークを大切にしたいと思います。

 %e6%b8%a1%e7%80%ac%e3%83%bb%e4%bc%8a%e6%9d%b1さて、今まで十津川警部を演じてきたのは渡瀬恒彦さん(72歳)です。伊東四朗さんとの絶妙コンビで1992年からおよそ半世紀にわたって全54作品を熱演してきましたが、内藤剛志さんに交代になりました。渡瀬さんの「胆のうがん」が原因とみられています。最新の 『女性セブン』2月2日号によれば、体調がすぐれない時もあるようですが、とりあえず病気は小康状態。”俺はやる。とにかく現場に戻るんだ”と意欲を燃やしておられます。腕っぷしでも芸能界最強と言われるほど屈強な渡瀬さんですから、周囲が”今は少し休んで”と言っても、聞くような人ではありません。といった記事が出ていましたね。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

「エリザベス4世」

 まずは映像をご覧ください。私は初めてこのトリックを見たときに、一瞬信じられず、目を疑いました。「あり得ない!!」「どうやってできるんだ!!」

 故・トミー・ワンダー(Tommy Wonder)さんの傑作です。彼の以前の「ルービックス・カード」もすごい作品でした。密封された箱の中のキューブが、一瞬にして相手の選んだカードの絵柄になるという本格的ビジュアルマジックです。⇒私の紹介はコチラです  氏は2007年6月肺ガンで惜しまれつつお亡くなりになりました。

 elizabeth-iv テーブル上に出した2枚のカードを、観客が全く自由に推測して当てられるのか?見事当たって、観客皆のスタンディングオベーションと栄光を手にするのか?もし失敗して外れても、(恥をかかせたお詫びの慰謝料として?)お金がもらえるという、大変ユニークなコンセプトで始まるマジックです。トミー・ワンダーの名作「エリザベス4世.1Card Shark社によって、最新のハンドリングになって登場しました。今までよりもさらに効果的に、やさしくなりました。2枚のカードを裏向きにテーブルに置きます。観客にいずれかのカードを当ててもらうと説明します。当てる事が出来たら栄光を手に入れる事ができると付け加えます。しかし、失敗すると栄光を手に入れる事が出来ません。失敗したら恥ずかしい思いをしてしまうので慰謝料としていくらかのお金を差し上げる事も説明します。観客は集中してテーブルのカードの表面を読み取ろうとします。なんと、読み取りに運よく成功して、栄光を手に入れる事が出来ます。テーブルに出された裏向きの2枚のカードをtommy-wonder当てるというのは、あり得ないほど(2/52)のことですよね。当てようと思っても普通は絶対に無理です。もし外れたらお金がもらえる、という事であれば、だいぶ気が楽ですね。そこで、観客がどんなに外そうと思っても、(または当てようと思っても)、なぜか見事、52分の2の確率のカード名を当てることに成功するという、不思議ですが、笑いのある、そして最後には大きな拍手で終れる傑作トリックです。最初はあり得ないと信じられなかった私ですが、でも映像を見ながらよく考えたら、どう考えてもこの解決方法しかないよな、と想像していたら、届いた商品を見て9割がた「あー、やっぱりなあ」と思った八幡でした。私の腕もまんざらではありませんね。一つだけ疑問は、なぜこのトリックの名前が「エリザベス4世」なのか?ということです。どなたかご存じありませんか?♠♣♥♦

(後日談)  フェザータッチ・マジック竹本   修さんから、このいわれを教えてもらいました。詳細は英文解説書の”History”に出ていました。Wally Boyce Pabular, Vol.7, Number 2に「Elizabeth II」というマジックを発表します。これはDavenportsから販売されていた「Elizabeth’s Card Trick」に触発されて出来上がったマジックでした(だからII)。トミー・ワンダーは、このBoyceの作品の改良版をPabular, Vol.7, Number 6で「Elizabeth III」として発表します(だからIII)。最初、トミー・ワンダー”Mene Tekel Deck”を用いてこの現象を演じていましたが、ドイツのCard-Shark社から”Double Decker Deck”が発売になったので、これを機に「Elizabeth IV」としました(だからIV)。Card-Shark社が商品化するときに、ハンドリングを改善して、コンピューター・ソフトにつけられるように(バージョン)1を付けて発売されたのでした。このような経緯で、この商品は「Elizabeth IV.1」と命名されたわけです。ご教示いただいた竹本さん、ありがとうございました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

極楽と地獄

 「極楽と地獄はどう違うのですか?」という質問に対して、尊敬する京セラの名誉会長・稲盛和夫(いなもりかずお)さんが、仏教の教えを引用して各所で話しておられることを、引用することにしています。あの世には「極楽」「地獄」もありますが、見た目は両者は全く同じ世界です。違うのはそこに住んでいる人の心だけだと言います。

%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93 厳しい修行に明け暮れる雲水(修行僧)にとっては、うどんは一番のごちそうです。部屋の真ん中に置いてある大きな釜に、美味しそうなうどんがぐつぐつと煮えたぎっていて、つけ汁も置いてあります。ただし食べ方のルールは決まっていて、一メートルぐらいの長い箸でその端を持って食べなければなりません。極楽も地獄もここまでは全く同じ。釜の大きさも、その釜を囲んでいる人数も一緒です。ところがそこにいる人の心だけが違っているのです。

 「地獄」では、一メートルの箸でうどんをつかむやいなや、自分のそばにあるつけ汁につけて少しでも早く食べようとするのです。ところが、箸があまりにも長すぎて自分の口には入りません。反対側からは、こいつに食われてたまるものかと、人の取ったうどんを箸で引っ張る。こうして大釜の周辺にはせっかくの美味しいうどんが飛び散って、誰もうどんを食べることはできず、うどんの取り合いという阿鼻叫喚の地獄絵図が展開するわけです。

 ところが、極楽」には思いやりにあふれた人たちだけが住んでいます。そこでは「うどんができましたよ。みなさん、一緒に食べましょう。」―「それでは頂戴します。」と長い箸で釜の中のうどんを取ると、―「はい、あなたからどうぞ」と箸を伸ばし、つけ汁につけて向こう側の人に食べさせてあげるのです。この人は―「ああ、おいしゅうございました。今度は、あなたがどうぞ」と言ってその人にうどんを取って食べさせてあげる。うどんは少しもこぼれないし、誰もが穏やかに美味しく食べることができる。人々は手を合わせて、感謝しながら食べています。これが極楽絵図です。

 このように外見は「地獄」と何ら変わらない「極楽」ですが、「心の在り方」一つで同じことも全く違った結果をもたらすことを、このたとえ話は教えてくれています。私は今まで、こうした「利他の心」私は”give & give”と呼んでいます)を忘れずに生きてきました。自分が幸せになりたいという気持ちはもちろんありますが、それ以上に、自分がやっていることで他の人が少しでも喜んでくれる、人のお役に立っている、感謝してもらっている、ということが実感できれば、これに勝る喜びはありません。毎日教えている生徒たちには、授業の合間に、そんな生き方もいいもんだよ、と話しています。退職するときに、たくさんの教え子たちからねぎらいや感謝の言葉をかけていただきましたが、その時に今までやってきたことが間違っていなかったことを実感しました。これからもそんな生き方をしたいと考えています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ネギが大好き!

◎週末はグルメ情報です!

 小さい頃から母親に「ネギを食べると頭が良くなる」と教えられて、ネギ大好き少年でした。それは大人になってからも未だに続き、今は京都「九条ネギ」を一貫して使っています。松江で「九条ネギ」置いているお店は多くないので、キープするのに一苦労ですが、他のネギとは味やシャキシャキ感が全然違います。私のお気に入りです。

dsc03885dsc03887

 年が明けて初めて「ラーメン長さん」に立ち寄りました。私はここのあっさりした塩味のラーメンが昔から大好きで、いつもネギを増量してもらって食べます(私のこのお店のネギラーメンの詳しいレポートはコチラです)。それがまた半端でなく大量に乗っかってくるのです。ネギを食べているんだか、ラーメンを食べているんだか分からなくなるくらい大量のネギです(笑)。今日もこれでもかというぐらいたっぷりと乗っていました。ここのネギはほんのりと甘く、シャキシャキと美味しいので、今日はご主人にどこ産のネギを使っておられるのか聞いてみました。鳥取県・米子のO商店まで買い付けに行っておられるとのことでした。さらに、ネギを切ってから1日冷蔵庫で寝かせておくとのこと。こうするとネギの甘みが増すんだそうです「家でもやってみるといいですよ」とご主人。勉強になりました。 

dsc03889

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「梅蘭焼きそば」

◎週末はグルメ情報です!!  

 「梅蘭」(ばいらん)と言えば知る人ぞ知る横浜中華街の名店ですが、その中でも最も有名なのが1日約5000食も売れているという「梅蘭やきそば」です。27年間をかけて磨き続けて来た最高の一品「梅蘭焼きそば」は、外側がカリッと焼いた焼きそばの間に豚肉、モヤシ、タマネギなどのトロリとした、アツアツのあんかけがたっぷり入っています。今まで食べたことのない美味しさが、口いっぱいに広がります。今日は岡山・イオンモールの6階にある「梅蘭」へ行ってきました。昨年は、博多KITTE「梅蘭」にお邪魔したんですが、このお店、高級感漂う素敵な落ち着いたシックな色使いの外観です。お店の入口からして高級感が感じられますね。ゆったりとした空間でゆっくりと食事を楽しむことのできるお店です。

dsc03776dsc03777

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「おかでんミュージアム」リニューアル

dsc03557dsc03578 昨年末2016年12月21日(水)、岡山市の東山電停すぐ横に「おかでんミュージアム」がグランド・オープンしました。両備グループ(岡山市)のデザイン顧問を務める工業デザイナー・水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生(岡山市の出身です)がプロデュースした「おかでんミュージアム+水戸岡鋭治デザイン」の別棟が完成して、昨年部分展示が始まったミュージアムが全面オープンしたのです。私は、昨年ソフトオープンしたときにもすぐに見に行ったものです。⇒私のレポートはコチラです

 岡山駅前から「東山線」の路面電車「MOMO2」に乗って終点の東山まで行きます(140円)。道路を渡ると、ミュージアムが建っています。前回は1階のみの部分オープンだったんdsc03600ですが、今回のグランドオープンにあたり、1階も拡張され、新たに2階ができました。木造2階延べ約200平方メートル。1階に展示室を設け、水戸岡先生が描いた電車のデザイン画イラストなどをパネルで紹介。子供用の円卓椅子も整備され、世界的に評価される水戸岡デザインの世界を親子連れで楽しめる空間となっています。今まで非公開だったおdsc03599かでんの工場の一角が、MOMOをデザインした水戸岡鋭治先生の手によりリノベーションされ、新しい空間に生まれ変わったのです。MOMOの貴重な模型展示、水戸岡先生がデザインしたさまざまな電車のパネル、DVD放映、プラレールや「木のプール」など、大人も子供も楽しめる施設でした。水戸岡先生が名誉館長に就任しておられます。水戸岡先生は、「デザインと路面電車の魅力に気軽に触れられる場所になるよう心掛けた。子どもから大人まで幅広く楽しんでほしい」と語りました。

dsc03585

dsc03642

 「歩いて楽しいまちづくり」の一環で、大正時代からある活きている車庫や修理工場を使って、岡山出身の水戸岡鋭治先生のデザインを中心にした、岡山電気軌道と和歌山電鐵の電車たちに楽しく触れ合える「鉄道ミュージアム」を!ということで整備を進めていたものです。市内各所には水戸岡さんデザインのバスや電車が走り、新岡山港にはフェリーが浮かび、街全体の多くの乗り物が水戸岡デザインで埋め尽くされています。さながら、岡山市内が水戸岡デザインの乗り物ミュージアムであり、乗り物アートの街となっていくかのようで、このミュージアムはその中心の核施設という意味合いも持っています。その上、水戸岡デザインにプラスして、イギリスのテレビアニメで今世界で人気の「チャギントン」とのコラdsc03644ボは、素晴らしい出来栄えです。子どもたちは乗り物が大好きです。日本ではテレビ番組「きかんしゃトーマス」が有名ですが、トーマスに続くアニメとして電気機関車やディーゼル機関車という、今でも日常で使われている電車たちが主役の「チャギントン」はきっと日本の子どもたちの心を掴んでくれると思います。水戸岡さんが出来上がった他のデザインを使うことはまず無いのですが、素晴らしいアニメだということで、今回チャギントンとのコラボが実現しました。水戸岡デザインによるチャギントンルーム」は、思わずチャギントンの世界に入ったようで、楽しく、またチャギントンのプラモデルをプラレールで楽しむことができ(水戸岡氏デザインの車両で遊べるプラレールも設置)、制服で写真を撮ったり、フロアで電車たちと遊んだり、オープンの日から子どもたちの歓声がこだましていたそうです。

dsc03693

dsc03610

dsc03695

dsc03581 ドアを横に開けてミュージアムに入り、入り口でスリッパに履き替え、受付で入館料(大人1000円)を支払います。今日は特別割引で半額の500円でした。ラッキー!入ったところのRoom Aは今まで公開されていたままで、真ん中に特急「あそボーイ」「木のプール」があります。親子連れが一緒になって遊んでおられました。壁面にはさまざまな映像や、天井はまさに水戸岡ワールドです。ここは昨年も来ているので、新しく拡張された隣のRoom Bへと進みます。「水戸岡イラスト展」が開催されていました。鳥や電車やさまざまな水戸岡先生の精緻なイラストが壁面dsc03653を飾っていました。イラストレータ・水戸岡の魅力が満載の展示ルームとなっています。隣のRoom C「シアタールーム」です。私の目に入ってきたのは、水戸岡先生のアイデアによるポッチのついた両壁面の壁板。このポッチを使って、毛糸や輪ゴムで色々図形を作って遊ぶこともできそうですね。隣接のトイレも水戸岡dsc03596先生のデザインらしく素敵な外観でした。トイレの中に入っても「たま」の額画がそこらじゅうにかかっていて華やかな印象です。こんなトイレなら絶対に汚したくないですよね。

dsc03616 目玉は階段を2階に上がり、新しくオープンした「チャギントンルーム」ですね。真ん中の鉄道模型で遊べる部屋。数々のチャギントンの絵画が展示されています。子どもたちが楽しそうに遊んでいました。水戸岡先生は「私たちは子どもたちに最高のものを与える責任がある。ミュージアムが成長し、岡山がどこにもない街になっていけば」と話していました。

dsc03598

 

dsc03633

 1階に戻って、屋外のデッキにはカフェが併設されています。木製のテーブルに椅子は落ち着きますね。昨年来たときには、ここでのんびりとコーヒーを飲みながら悠久の時間を過ごしました。水戸岡先生の著書の展示や、ミュージアム・ショップの品物を見て回ります。ここでしか買えないたま電車特製トランプ」、「マグネットクリップ」、「クリアファイル」などを購入して、ミュージアムを後にしました。水戸岡ファンにとっては堪らない1日となりました。帰りは、水戸岡先生がデザインした電車「クロ」に乗る時間を図っていました(この電車の報告は後日改めて)。dsc03637

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

アシブルパ-

dsc03807

 「足指ブルブル、お風呂で広げてリラックス!」というキャッチフレーズで、(株)アテックスから発売になっている「アシブルパー」という商品を、2016年12月17日に「サタデープラス」というテレビ番組で紹介していました。仕事をしながら、隣の部屋でつけていたテレビから音声が聞こえてきたんです。特に私たちのような立ち仕事の人や、ヒールを履いている女性の足指には何かと負担がかかりがちです。その溜まった足指のストレスを、お風呂でパッと開いて解消する道具がこれです。お風呂グッズには目のない私は、早速、東急ハンズに買い出しに行ってきました。あった、あった!早速自宅のお風呂で試してみます。

dsc03855

 足裏にフィットする形状で、濡れた足でも正しい位置に固定します。ビーチサンダルを履くようなイメージで、「アシブルパー」の突起を指の間へスライドしていきます。スッポリと足指が入るはずです。しかし、最初はコツが分からずなかなか指が入らず、手を使って何とかはめ込みましたが、慣れるにしたがって要領がつかめてきました。くぼみに足裏がフィットしてブルブル感が堪りません。スイッチを押す毎に、「連続振動」→「リズム振動」→「ビート」→「スロービート」と4段階に切り替わっていくので、自分の好きなモードを選択して使います。長時間装着しても足指が痛くなりにくいシリコン素材で出来ているので、柔らかで気持ちがいいんです。約10分で自動タイマーオフ機能で切れるようになっています。単3アルカリ乾電池2本で動きます。お風呂の壁面や底面で使います。八幡は毎夜ブルブル足指を癒やしてもらっています。それにしてもいいネーミングですね。一つだけ要望を書いておくと、吸盤か何かで湯船に固定するようになっていると、便利ですけどね。❤❤❤

%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%bc

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「九州横断特急」

dsc01768 キハ185系は、国鉄末期の1986年(昭和61年)に、経営基盤の弱さが予想されていたJR四国向けのオリジナル特急型気動車として登場した車両です。その後、JR四国が独自開発した2000系気動車の増備によって余剰となった20両を、陳腐化・老朽化した急行系気動車を置き換える目的で、1992年(平成4年)にJR九州が購入し、JR九州のコーポレートカラーである赤色を基調とした塗装に変更され、現在、特急「ゆふ」「九州横断特急」として運用しています。特急「ゆふ」についてはすでにレポートしていますので(⇒コチラです)、今回はもう一つの「九州横断特急」(Trans-Kyushu Limited Express)について書きます。写真は大分駅で撮影しました。

dsc01764dsc01765

dsc01766

   豊肥本線・日豊本線熊本~別府間を、3両編成で「九州横断特急」は走っています。まさに九州を東西に横断する形の特急列車ですね。JR九州は列車名のロゴを大書することが多く、この特急列車も、運転台窓部分と正面貫通扉の愛称板に「九州横断特急」と記されています。真っ黒な背景に白系の文字を使用するという、JR九州で一時期広がった統一的なトレインマークを採用していますが、フォントが隷書体のような、ちょっと変わった雰囲気のもの%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e6%a8%aa%e6%96%ad%e7%89%b9%e6%80%a5で少々おもしろ味が感じられますね。車体カラーはJR四国時代のステンレスの地色を生かした無塗装と打って変わり、JR九州のコーポレートカラーである赤色を前頭部からステンレスの側面まで塗装したド派手なものになっています。九大本線の特急「ゆふ」キハ185系を運用しているので、車両整備などの運用上の都合で、「ゆふ」「九州横断特急」に、逆に「九州横断特急」「ゆふ」に入る場合もあります。グリーン車を連結せず、全車普通車の編成で、1号車全室と2号車の半室が指定席となっています。スイッチバックを繰り返し、阿蘇山を超えることで有名な列車です。昔から災害が多かった豊肥本線は、昨年の熊本地震により大きな被害を受け、「九州横断特急」は運行見合わせが続き、現在でも一部区間のみの運転が続いています。1日も早い復旧が望まれます。

▲最新号

▲最新号

 私の大きな目標の一つに、全国の特急列車を制覇するという壮大なものがあるんですが、こうやって勤めていると、まとまった休暇がとれないので、一向にストックが増えません。今は週刊『鉄道ペディア』(全50巻、小学館)を全巻購入して、乗った気分に浸っています。車両を愛する、時刻表を読む、駅舎を訪ねる、路線をたどる、鉄道史を紐解く、全ての鉄道ファンたちの好奇心に応えるべく、全方位から日本の鉄道の魅力を伝えるウイークリー・ブックです。❤❤❤ 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

今年も不正行為が

 約57万6千人が挑んだ「大学入試センター試験」が終わりました。今季最大の寒波到来の中行われた試験で、大雪による交通機関の乱れ、開始時刻の繰り下げ、再試験に回る者など、など大雪による影響が各地で出ましたね。雪による繰り下げを行った会場数は10年間で最も多く、影響を受けた受験生は約1万1000人に上っているとのことです。全国の受験生のみなさん、御苦労さまでした。

 さて、昨年から公表されるようになった(それまではマル秘でしたが、前馳文部科学大臣になって方針転換しました)大学入試センターの「不正行為」に関してです。⇒過去10年間の不正行為コチラに詳しく書きました  大学入試センターは、14、15日の両日で受験生による不正行為は北海道、千葉、神奈川、富山、石川、愛知の6県の会場で計12件(15日午後6時現在)あったと発表しました。この受験生12人は、全科目無効となる処分を受けました。

 愛知県の会場では、「地歴・公民」の試験でスマートフォンで撮影した教科書の画像を盗み見ていたケース、北海道の会場で「簿記・会計」の試験中に6人が電卓を使ったケース、富山県、愛知県では試験終了後に解答を修正、神奈川県では監督者が指示したのに受験票を机の上に置かなかった不正、などが報告されています。同センターによると、不正行為の内訳は、電卓の使用6件 ▲定規使用2件 ▲試験終了後のマークシートの修正2件 ▲スマートフォン使用(教科書画像の閲覧)1件 ▲試験監督者などの指示(受験票を机の上に置く)に従わなかったこと1件 の計12件。今回の不正行為件数は、確認できる2006年以降過去12年間で最多でした。

  私は最後の授業で、試験が終わって「鉛筆を置いて、問題冊子を綴じなさい。」という試験監督者の指示があったら、何があっても従うこと、という話を徹底しました。過去に一番多い不正行為がこれ(本人には悪気はないかもしれませんが)だからです。そもそも汚い手を使ってでも点を取る、という姿勢がいけません。本人の生き方の問題です。今、現場では、模擬試験の得点を上げるために、事前にすでに行われた他の学校の生徒から問題を見せてもらったり、ネット等の書き込みから情報を得て高得点を取ろうとしている生徒がかなりいます。自分さえよければ人はどうでもよい。これも生き方の問題ですね。そういう生き方からは、人のためになる人間は生まれないのではないでしょうか。そもそも「何のために勉強するのか?」 自分の幸せはもちろんですが、精一杯頑張って、自分がどこかで人のお役に立つ、そういう充実した生き方をして欲しいと願って、いつも生徒には話している八幡です。❤❤❤

dsc01996

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ニュー電動自転車

★これいい!すごくいい!!★

 今乗っている電動自転車バッテリーが、充電しても充電してもすぐになくなるようになってきたので、新しく買い換えることにしました。電動自転車のバッテリーは高くて3万5千円ぐらいするので、それなら近年ずいぶん性能アップしているので新車にしたほうがいいじゃないかと思ったわけです。これで5台目の電動自転車です。私はパナソニックのものしか買いません(家電も全部パナソニック。創業者松下幸之助翁の熱狂的なファン)。本当は車体の色は「USブルー」が欲しかったんですが、1月中旬まで待たなくてはいけないということで、「ラプターグレー」にしておきました。年末に新しく届いたので、今日はちょっと遠出をしてみました。こんなことに気づきました。

dsc03377

(1)バッテリーが全然違う!…軽くなっただけでなく、前の電動自転車のバッテリーのほぼ倍の容量に進化しています(8.9→16.0Ah)。以前は松江・田和山の端まで出かけてぐるっと松江を回って帰ってくると、7割ぐらいの消耗だったものが、新車では2割ぐらいの消費で快適に帰ってこれます。さすがに1回の充電には6時間ぐらいかかるんですが、これなら1回充電しておけば当分は大丈夫です。なんと1回の充電で100㌔も走ります。アシストモードは、パワーモード」「オートマチックモード」「ロングモード」の3種類から選ぶようになっています。パワーを選ぶとずいぶん楽に走れます。

(2)表示メーターが進化…電源を入れた状態で「液晶表示切替ボタン」を押すと「バッテリー残量表示」(%)、「残り走行距離表示」(km)「残り走行時間表示」(分)の順でデータがdsc03374表示されるように進化しています。これなら一目で残量が分かり、便利です。文字も太くて見やすくなっています。また省エネ運転時にはエコナビランプ」が点灯して節電走行を知らせてくれます。漕ぎ出しや急な上り坂になるとアシストが強くなり、平地や下り坂では電力消費を抑制するように賢い仕組みになっています。電源を入れると前回使用したアシストモードを記憶しています。私はいつも「パワー」モードで楽チンをしています。

(3)その他にも…疲れにくくお尻に優しい形状のサドルになりました。長距離走行や段差による身体への負担が軽減するような「テールアップサドル・ソフト」です。前部のバスケットも以dsc03379前より大型になり、買い物や通勤時には便利な大容量サイズになりました。ワイド4LEDビームランプ」は前のものと比べても格段にシャープな灯りとなりました。夜道の走行に配慮した安心装備です。照度センサーが周囲の明るさを感知し、LEDランプを自動で点灯・消灯するので消し忘れによるムダな電力消費も抑えることができます。後部のテールランプも、太陽光で充電し、周りの明るさと振動を感知して自動点灯する賢さです。スタンドを立てれば、ハンドルも同時に固定され、駐輪時に倒れにくくなる便利機能「スタピタ2」はそのまま引き継がれています。ハンドルは以前よりもスリムになり、走行時の手当たりがやさしい丸みのあるデザインの「スリムグリップ」となりました。ホイールにもセンサーが搭載され、より滑らかな加速とアシストが可能になっています。

 走る喜びを感じさせてくれる最先端技術の詰まった電動自転車です。私はこれまで購入した5台の電動自転車すべてパナソニック製です。気に入っています。どこへ行くにも、運転免許を持たない私の足がこの電動自転車なんです。3代目の古い電動自転車はお店で引き取ってもらい、今私の家には、4代目と5代目がスタンバイしています。❤❤❤

dsc03372

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「語義類推問題」の復活!

★★★予言的中!!

 2017年のセンター試験・英語(筆記)が終わりました。昨年と比べ大きな変更はありませんでした。ただ1点、第6問に「語義類推」の問題が復活したことくらいでしょうか。昨年7月~9月に全国(名古屋・福岡・大阪・札幌)の私の講演会場で、ラーンズ「予言者白川さん」が予想していた通りになりました(彼女は昨年の「物語文」の復活も予言的中させました!)。⇒詳細はコチラです

dsc03457

 私は松江北高で、年明けの直前の授業で、「今年は大きな変更はないが、ただ一点、語義類推の問題が復活する可能性が高い」ということを確認していました。その根拠は二つ。

(1)昨年度の追試に、第5問&第6問に2問、「語義類推」の問題(句義・語義)の問題が復活して取り上げられていたこと(追試問題は次年度の本試験問題の予告編となっていることはこれまでの歴史を見れば明らか。今年は大きく変わると無責任な放言をした先生もいましたね)

(2)大学入試センターが公表している「試験問題評価委員会報告書」(3種類の報告書「高等学校教科担当教員の意見・評価」 ②「教育研究団体の意見・評価」 ③「問題作成部会の見解」)の中で「語義類推」問題についてこんなことを書いていたこと:

①より…長文の中での語句や文の類推問題については、日常生活で様々な文章を読む上での必要な力を問うており、継続していただきたい

②より…Aの問題で変化があり、未知語句の意味を本文から類推する問題が今年はなくなった。このことにより、本試験においては、平成26年度まで第3問Aにあったこの形式の問題が完全に姿を消したことになる。未知の語句の意味を文脈から考えさせる問題は、読み取る力を測る上で大切な問題であり、いつか復活することが大いに期待される

②より(追試)…また、第5問の問4にもあったが、未知語を文脈から考えて正答を導き出す問題が問1に設定されており、これは読み取る力を測る上で大切な問題であると判断する。本試験ではこの問題が完全に姿を消してしまったが、いつか復活することが大いに期待される

 「賢者は歴史に学ぶ」(ビスマルク)は、私の座右の銘ですが、センター試験に関しても、これは当てはまることが証明されました。昨年の研究会に参加された多くの先生方が、その証人です。白川さん、今年も予言が当たって良かったですね。次回も頑張りましょう!!❤❤❤

dsc06970

▲ラーンズの予言者白川 彩さん

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「森のくまさん」の珍事!

 dsc00083dsc03894 私が大好きなパン屋さん「森のくまさん」は、昨年7周年を迎えました(写真上)。いつ行っても満員のお店です。土曜・日曜などは特に半端でない数のお客さんでにぎわっています。でも……。

★お、お客さんがいない!!?★

dsc03870

dsc03871

 年が明けて初めて松江・田和山「森のくまさん」まで、新車の電動自転車を飛ばして行ってきました。上の写真をご覧下さい。もう何年も通っているパン屋さんですが、こんなことは初めてです。「お客さんがいない!」 店内には一人もお客さんがいません!ちょうど10時前でdsc03872した。いつもなら、狭い店内にごったがえすぐらいのお客さんで溢れかえっている人気パン屋さんです。店内をパンを求めて通路を歩くだけでもあまりの人混みですれ違うこともできないぐらいごった返しています。なかなかお目当てのパンを取れないこともたびたびです。また3カ所あるレジに並ぶ行列も半端でなく長い。いつもはこうやって店を出ると、「フーッ」とため息が出るお店なんです。「これはいったいどうしたことだ?!」 正月早々の珍事でした。結局、私がお店を出るまで誰一人として来店することはありませんでした。ここでの私の好物は「切り株」「カレーパン」「ラムレーズン」「ジューシー」です。❤❤❤

dsc02999dsc03000dsc02997dsc02998

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

パトリシア

patorishia カードマジック、中でもほんの数枚を使って行う「パケット・トリック」には目のない私ですが、その昔、「パトリシア」(2005年発表)という作品が大好きで、何組も買ってよく演じていました。正真正銘たった4枚のカードだけで、とんでもなく不思議な変化現象が次々と楽しめるのでずいぶんと気に入っていたんです。ここしばらくは品切れで手に入らなくなっていましたが、再びフォーサイトから戻ってきました。今日も再び「赤裏」で一組購入しましたところ、前回とは違い、素敵なパケットケースがついてきました。4枚のエースのカードが次々と変化するビジュアルで変化、変化の不思議な現象!さらにクライマックスにはビジュアルなチェンジに観客は驚きビックリです。

 観客に4枚のエース♠♣♥♦をはっきりと示します。ちょっとシャッフルして混ぜておきましょう。まず手始めにスペードのエースを裏返すと、このカードがハートのエースに変化します。続けて、4枚のエースが全て赤のエースに変わってしまいます!ここで4枚を数えてみると今度は突然、4枚とも裏向きになってしまうのです。そしてまた再び表向きに戻ります。今度はダイヤのエースをパケットの中ほどに裏向きで入れますが、数えてみるといつのまにか表向きになっているではありませんか!そして最後は、手元の黒い2枚のエースと、テーブルに置いたはずの2枚の赤いエースが、鮮やかに入れ替わってしまうのです!主な変化をまとめると、

● 色が変わり
● 裏返り
● また元に戻り
● 1枚だけ表向きに変化
● さらに、ラストは見事な赤と黒の入れ替わり

 これだけの変化現象をぎゅっと詰め込んだパケット「パトリシア」は、マジック研究家、佐藤喜義(さとうきよし)さんの作品です。正真正銘4枚のA(エース)だけが繰り広げる、テンポある変化現象が堪りませんね。本当にたった4枚しか使っていないんです。パケット・マジックとして販売していますが、カードはバイスクル・ライダーバックデザインですので、デックの中に密かに忍び込ませておくことも可能ですね。演技の途中でやられた時のインパクトは絶大だと思います。現に、今マジックバーで活躍中のマジシャンたちには必須アイテムになっているようですよ。うまく構成されていますので、変化現象の多さの割には手順もシンプルですし、一回やり方を身につけると忘れ難い優れた作品だと思います。ただ、この作品の「解説書」には1カ所明らかな誤りがあります。前回も気づいた点ですが、修正されていませんでした(英語版でも)。まずは映像でそのビジュアルな変化をご覧ください。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

鞁嶋弘明校長先生の教え

%e9%9e%81%e5%b6%8b%e5%bc%98%e6%98%8e はやいもので、当時東出雲町長であった鞁嶋弘明(かわしまひろあき)先生がお亡くなりになってもう6年が経つんですね。年末の12月26日が命日でした。先生のことが偲ばれます。

 私は島根県の高校英語教員に採用された昭和52年、初めて赴任した学校が島根県立平田高校でした。職員室も同じ教務部で、席は鞁嶋先生の隣、鞁嶋先生の2年6組の副担任として、教員人生をスタートしたんです。当時は、時間割を1人で1学期間担当することになっており、自分がやるところをよーく見ておいて今度はお前が担当するのだと、時間割変更のやり方を一から教えていただきました。朝も東出雲町の自宅を早くに出発して早朝から学校に来られ、夜は一番遅く帰って行かれる先生でした。生徒たちに学習習慣をつけるために、ご自分も一緒に残って一生懸命勉強するクラスでした。このクラスが3年生卒業時には、学校始まって以来の見事な進学実績を残したのは、このような日頃の積み重ねが実を結んだものと、そばで見ていて実感したものです。教員としてのイロハを鞁嶋先生に教えていただいたように思います。先生は将棋もめっぽう強く、よく教えていただきました。根っからの「勝負師」という感じでしたね。

 私が島根県の西の端津和野高校に勤めているときも、何度も教員研修、生徒講演にお呼びして、助けていただきました。私を松江北高に戻って来いと呼んでくださったのも鞁嶋先生です。鞁嶋先生が校長時代、松江北高は全国の公立高等学校で国公立大学の合格者数が、373人→355人→362人と、3年連続日本一を記録しておられます(3年目御勇退の年に21世紀枠で甲子園出場)。今からするととうてい考えられないようなすごい数字ですが、偶然実現できた数字ではありません。ちゃんとやるべきことを積み上げて、精緻な計算と指導の基に可能となった記録です。そのことは先生ご自身が北高の「進路だより」に総括しておられますので、最近「あむーる」第24号に取り上げさせていただきました(「松江北高は日本一の学校だった!」)。「ダウンロードサイト」からご覧ください。

・「あむ-る」第24号 島根県立松江北高等学校英語通信 八幡成人

 今から11年前、私が心臓の手術をした当時、フラッと職員室にお見えになり、「大丈夫か?体だけは気を付けるように」と、私の体を心配していただきました。学校に顔を出される度に、いつも気遣って声をかけていただきました。その先生が先に急死してしまわれるなんて、まったく信じられませんでした。葬儀も先生のお人柄を偲び、お世話になったたくさんの人々によっておごそかにお見送りをされて旅立っていかれました。松江北高をこよなく愛しておられた先生のご遺志を汲んだ奥様が、火葬場に行かれる前に松江北高に寄ってくださり、玄関でみなでお車をお見送りしたものです。

 この日本一の立役者鞁嶋校長先生と、当時の進路指導部長柴田 博(しばたひろし)先生(対談当時は島根県立益田高等学校長。この学校も柴田先生が赴任なさって飛躍的に成績が%e6%9f%b4%e7%94%b0%e5%8d%9a伸びた学校でした。私が一番尊敬している英語の先生です。)のお二人のビッグ対談が、ベネッセの『VIEW21』(高校版)2008年6月号に掲載されて、現場ではずいぶん話題となりました。ここには進路指導の原点と、教師のあるべき姿、あるべき指導体制がすべて語られています。今でも読むことができますので、ぜひみなさん、ご一読ください。コチラです

 鞁嶋先生をお見送りした同じ葬儀場で、教え子の葬儀に参列して、「あー、この場所で先生をお送りしたなあ…」と同先生を懐かしく思い出し、在りし日のお姿を思い起こしておりました。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

無念!

喪服を着た人のイラスト(男性)

 1月9日(月)午後2時から松江平安祭典で行われた川合健二(かわいけんじ)くん(享年43歳)の葬儀に参列してきました。昨年末の28日、釣りに出かけたまま行方不明になっていて、必死の捜索が行われていました。1月4日、松江市鹿島町の恵曇漁港で、防波堤の沖にある波消しブロックの間で男性の遺体が浮いているのが発見されました。遺体のDNA鑑定の結果、川合くんだと判明しました。釣りをしていて誤って海に転落したものとみられ、溺死でした。クラスメートが電話で知らせてくれました。

 川合くんは、松江市立生馬小学校教務主任として務めていました。まだ43歳の若さ、これからの人生というのに、不慮の事故で逝ってしまいました。母校に帰って恩返しがしたいという夢も叶いませんでした。残された奥様と5人の子どもさんのことを思うと、言葉になりません。葬儀での奥様のご挨拶を聞いていると、松江南高校時代に3年生2Rで担任したときの彼の姿が思い起こされました。いつも陽気で笑顔を絶やさなかった「ケンちゃん」でした。家族思いの在りし日のケンちゃんの思い出を、奥様が切々と言葉を振り絞って話される姿はたまりませんでした。こういう形で再会するのはごめんです。辛すぎる。遺影にそっと手を合わせました。教え子のみんな、私より先に逝かないでくれ!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

PPAP英語論

Practice, practice and practice(PPAP)

 「PPAP」といってもピコ太郎の話ではありませんよ。私は英語に強くなるための秘訣は「PPAP」しかあり得ない、と生徒たちにはいつも授業で強調しています。すなわちPractice, practice and practice」(PPAP)です(笑)。いつもこの言葉を出すと、教室ではめちゃ受けるのですが、真実を突いていると思いませんか?「練習あるのみ!」です。

ペンタブレットを使うデザイナー・イラストレーターのイラスト

 つい最近、「PPAP」に敬意を払ったマジックを手に入れました。「ダーマスのPPAP」という、KOYAMAGICから出ている折り紙作品です。こういうのも馬鹿馬鹿しくて好きです。結構マニアの間では人気みたいですよ。♠♣♥♦

 元日に公開された、さだまさしさんの和風バージョン「PPAP」もずいぶん話題になっていますね。再生回数は170万回をこえました。本家と違って、こちらはずいぶんお金がかかっています。動画は和太鼓の力強い演奏からスタート。金色の着物姿で登場したさださんが和太鼓と三味線、そして横笛の軽快なリズムに乗せて「あいはぶあぺーん」と歌い始めます。これこそが究極の“和洋折衷”でしょうか。その後もペンにアッポーやパイナッポーを次々とぶっ刺していくさださん。歌とリズムは若干音楽とズレてしまっていましたが、最後は両腕を組み、本家にも劣らないドヤ顔を披露、画面には「新春」の文字が大きく現れ、動画は幕を下ろします。バックでキレキレのダンスを踊っている人たちは、マドンナのバックダンサーも務めたプロ集団です。まじめに遊ぶさださんです。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「22分50秒」

 年末の「クリスマスの約束2016」を見終わって、感動も新たな中に、年が変わってどうしても見直したい小田さんの映像があって、お正月にみかんを食べながら、久しぶりに見直してみました。2009年の「幕張メッセ」3000人の観客を前に、クリスマスの約束」で披露された「22分50秒」22thと小田さんによって命名された大メドレーです。小田さんが「前からずっとやってみたかった企画」です。小田さんを始め、ゲストAI、Aqua Timez、いきものがかり、キマグレン、Crystal Kay、財津和夫、佐藤竹善、清水翔太、JUJU、スキマスイッチ、鈴木雅之、STARDUST REVUE、中村 中、夏川りみ、一青 窈、平原綾香、広瀬香美、藤井フミヤ、松たか子、山本潤子、が全員で、それぞれの代表的なオリジナル曲をワンコーラスずつメドレー形式で歌い継いだものです。タイトルはそのままズバリ、「22分50秒」、メドレーの曲の長さがそのままタイトルになっています。全体のアレンジは小田さんが行いました。

 番組は、その小田さんの企画の立ち上げから、参加ゲストたちとの話し合い、テレビ局スタッフとの話しあい、リハーサルの模様等をドキュメント形式で追っていきます。誰もが、始めは懐疑的でした。まず番組スタッフが、不安をあらわにしていました。小田さんがリスペクトする様々な個性を持つアーティストたちに、手紙を書いて、オファーしました。しかし、彼らは歌い方が違い、フィーリングが違う。年齢も違い、音楽への取り組み方も違うだろう。同じく舞台に立つとは言え、監督がいて、脚本があり、共演者とのアンサンブルでドラマという芸術形態を作り上げていく役者とは違い、自分たちの言葉・音楽とパフォーマンスで、自ら独自の世界をステージ上で築くことに命をかけるシンガーたちは、基本的に常に自分が主役だ。これだけたくさんの同業者たちと「共演」する、自分が脇役になる、というような体験に慣れているわけではない。「できっこない」というのが最初の反応でした。おそらくは、自らの楽曲についてそれぞれ一国一城の主である各シンガーにとって、そんな試みが成功する、というイメージが成り立ちにくかったとして、不思議はありません。「それで何になるのだ」という疑問ももっともでした。「そんな試みに何の意味があるのだ?」と。実は、小田さん自身、確信はなかったようです。ただ、彼はやってみたかった。はっきりとしない、小田さんの情熱のようなものだけが、このプロジェクトをひっぱっていました。小委員会の会議の中で、小田さんの構想についての率直な疑問が、参加する年下のアーティストたちからぶつけられました。「やっぱり、そんなに簡単なことじゃなかったんだな……」会議の後で、思わずそうつぶやく小田さんの姿をカメラはとらえていました。しかし、小田さんは強行突破します。リハーサルは始まっていました。小田さんと参加アーティストたちは、走りながら、形をつくりながら、そのプロジェクトの可能性を自ら確かめていこうとしていました。小田さんがアーティストに送った手紙です。 

アーティスト諸君へ

前略、突然のことで、お許しください、お願いの手紙です。

ずっと考えていました。
たくさんのアーティストが一堂に会して、
一気に「歌いたいうた」を全員で歌ったらどうなんだろう。
たくさんというのは具体的にいえば30人(組)を超えるくらい。
そのアーティストたちが、できるだけみんなで選んだ30曲ほどを
1コーラスづつ、休まず、通して歌い倒す。
イベントのフィナーレのように
歌わないけどそこに立っている人もいる、ではなくみんなが精いっぱい歌っている。
そしてその歌のすべてが、誰もが知っている「あの曲」である必要はない。
それをTBSの「クリスマスの約束」という番組でやってみたいのです。
それがどうしたんだといわれても、甚だ無責任ですが、
返せるような確かな答えはありません。
何かが伝わるかもなどとも言いません。
でももし「それ、面白そうじゃん。付き合ってもいいよ」と
膝を軽くポンと叩いて同意してくれるようなら
「どんなヤツが来るの?アイツがいるならイヤだ」と言う、
まるでちょっと前のボクのような了見の狭い気持ちはこの際、
思い切り捨てていただいてぜひ参加してください。
運動会の参加費くらいのものと、たいへんだったなぁという思い出しか用意できないと思いますが、
基本的にすべての曲は、全員でユニゾン、つまり斉唱でと考えています。
そしていちばん肝心なこと、収録日は11月30日を予定しつつ、
ご返事、さらに忌憚のないご意見をお待ちしています。

2009年8月 小田和正

 全体としては、各自のオリジナル曲のメドレーであり、かつ、曲と曲とのつなぎだけでなく、全体を小田さんがアレンジして、コーラスやハーモニーが付けられています。つまり、一人当たり平均して一分程度、自らのオリジナル曲を歌い継ぐが、そのオリジナル部分にも小田さんの素晴らしいアレンジが施され、コーラスや、ユニゾンが付加される場面が多く、それ以外のパートでは、ほかのシンガーたちがバック・コーラスに回るのです。結局、「22分50秒」の大半を、他人の曲のバックに回ることになります。しかも小田さんは、他人の曲の間、為す術もなく立ちん坊になるのではなく、各シンガーがきちんとコーラスに参加することを望んでいました。つまり、全体のほとんどを、きちんとお互いの脇役としての役割を果たすように求めたのです。みんなで作り上げるというのが小田さんの狙いです。

 ドキュメントは、そこで終わり、当日を迎えます。そして始まりました。藤井フミヤから始まり、歌い継がれる各シンガーの曲。交代するときにはハイタッチ。誰の顔にも笑みが浮かび、その顔が輝き始め楽しそうです。順に自分の歌を歌い、ハイタッチして、サポートにまわる。その繰り返しが、徐々に不思議なバイブレーションを生んで、各アーティストを、観客一同を巻き込んでいく。ああ、そうか、まるで箱根駅伝のようです。タスキの代わりに自らの歌を手渡して、走り継いでいる。マラソンを、駅伝にしてしまった、日本人アーティストによるイベントでもあったのです。観客がみんな、沿道で懸命に旗を振り応援する人々に重なります。歌いながら、同じ場所と時間を共有しながら、誰もが心から感動しているように見えました。その、魔法のような「22分50秒」が終わったとき、拍手が長い間鳴り止みませんでした。小田さんは言葉を失います。きっと、彼の思惑をはるかに超えて、感動が彼を圧倒していたのでしょう。

22’50”

この日のこと
トゥルーラブ 藤井フミヤ
今夜だけきっと スターダストレビュー
ロマンスの神様 広瀬香美
明日がくるなら JUJU
明日、春が来たら 松たか子
友達の詩 中村中
LaLaLa 佐藤竹善
恋におちたら Crystal Kay
Story AI
夢で逢えたら 鈴木雅之
ハナミズキ 一青窈
翼をください 山本潤子
HOME 清水翔太
YES-YES-YES 小田和正
LIFE キマグレン
虹 Aqua Timez
全力少年 スキマスイッチ
Jupeter 平原綾香
涙そうそう 夏川りみ
青春の影 財津和夫
帰りたくなったよ いきものがかり

 

 

 音楽史上初となる「22分50秒」の壮大なメドレーという前代未聞の挑戦でしたが、メドレー終了後の鳴り響く拍手とその長さは圧巻でした。最後に山本潤子さんが語っていましたが、「小田くん、アレンジ大変だったね」。拍手が鳴り止みません。小田さんが「今までにもらった拍手の中で最も長い」ものだった、と語るぐらい感動的な場面でした。後に、第36回放送文化基金賞番組部門・テレビエンターテインメント番組優秀賞を受賞しました。最後にアーティストが一人ずつ感想を語っていましたが、小田さんに振られると「語りたくない。言葉にしたくない。このまま持って帰りたい」と拒絶したのも、感動を言葉にしてしまうと嘘になるという思いからだったのでしょう。さまざまな権利の問題で難しいかもしれませんが、ぜひDVD化をお願いしたい番組でした。コチラで映像を見ることができます。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

センター「発音・アクセント問題」を追い込む!

★最後に集中して追い込め!★

 センター試験が近づいて、もうあと1週間です。センター試験の問題の中で何が出題されるかが分かる唯一の大問が第1問です。しかしその準備を十分にしていないために、成績の上位の生徒もかなり落としている分野でもあります。模擬試験や本番のセンター試験で、私は長年データ検証していますが、私の「頻出語リスト」はいつも8割~9割の的中率です。そこで問われるのは、特に基本的な語「変なヤツが狙われる」ということです。ならばその「変なヤツ」を、先回りして徹底的に音読して体に染みこませておけばよいのです。私は精緻なリストを作るだけでなく、音読用にアメリカ人ALTに一語一語ポーズをつけて読んでもらってCDまで作りました。以前に前ALTのジェーン先生に吹き込んで貰ったものを、生徒にコピーして反復させていたのが好評だったので、今回新しくチェルシー先生に読んで貰いました。講演会でこのことをお話したところ、全国の先生方から「自分も欲しい!」という声が寄せられ、希望する先生方がたくさんおられたので、今年は専門の業者にお願いして大量に作成したのが、チェルシー先生、お願いします!」という2枚組のCDでした(下の写真)。私の「センター対策本」以上に人気で、あっという間に予定した枚数が出てしまったくらいです。

dsc07957

 『蛍雪時代』12月号(旺文社)には、尊敬する水野 卓(みずのたかし)先生の選んだ「頻出語リスト」が特集されていました。この分野は短期間で集中して仕上げることのできるジャンルなので、センター直前に時間を取ってやるといいと思います。CDの残部はまだありますので、全国の先生・生徒のみなさんご希望の向きは、私までメールで(右上の「メールはコチラ」)お申し込み下さい。4種類の「頻出語リスト」は、私の40年間の教員生活の集大成「2017年英語センター対策本」に掲載されています。全国の2年生の高校生のみなさんにぜひ使っていただきたい教材です。クラス・学年に持たせたいというご希望をたくさんいただいていますが、ご希望の方は私までご連絡ください。松江・米子・出雲にお住まいの方は、今井書店グループに置いてあります。❤❤❤

dsc03883

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

サザエのおはぎ

◎週末はグルメ情報です!

IMG_0314 最近、大きなデパートでサザエのおはぎ」(創業昭和48年)を買うことが多いんです。北海道十勝の小豆を使い、あまりしつこい甘さではなく、控えめで食べやすい甘さで美味しいんです。また、大きすぎず適当な量で、なおかつ食べ甲斐もあって嬉しいですね。普通タイプのあんこのおはぎと、きな粉タイプの2種類がセットで入っているので、味の変化がある点もいいですね。あんこもさすがの美味しさで、甘すぎないのも嬉しいです。きなこおはぎは、中にあんこが入っており、きなこのおかげで香ばしさ&コクが生まれ、こちらもとっても美味しかったです。なんといっても、もう、小豆が違う。小豆本来の香りもすごく、感動すら覚えます。基本的にこし餡が私は好きなのですが、これは絶対つぶ餡で食べるのがベストです。小豆本来の美味しさが直に口の中に伝わります。じっくりと炊きあげた餅米もいい味です。以前に、「仙太郎」のおはぎをレポートしたことがありましたが(⇒コチラ)、サザエ」のおはぎも結構いけますよ。今日も岡山のイオンモール1Fの売り場で買って帰りました。

IMG_0313dsc03774

 歌手の山川 豊(やまかわゆたか)さんが美味しいと薦めたと聞きました。❤❤❤

dsc03810

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

原稿書き

dsc03879 年末から年始にかけてずっと必死で原稿を書いていました。センターリスニング、センター筆記の解説、尊敬する先輩の退官記念論文集の論文です。ほとんどは夜と早朝に準備するんですが、頭が働かなかったり、気分を変えたいときは、私はいろいろなお店に出かけては、美味しいコーヒーを飲みながら、赤字を入れたり加筆したりするのが長年の習慣です。場所が変わると、結構アイデアが浮かぶものなんです。半分ぐらいは進みましたかね。締め切りに追われているので、寝正月とはいきません。使う赤ボールペンは、もう長年パイロットのG-3 GELの0.7mmと決めています。銀座の伊東屋ロフト東急ハンズへ出る度に箱ごと芯も買い込んであります。

 冬休みぐらい、のんびりと自宅中2階の蔵「マジック部屋」に寝転がって、昔の作品を眺めて過ごしたいんですが、なかなか時間は取れそうにありません(笑)。今日も、ジョシュア・ジェイの話題のカードマジック新作、フィル・ゴールドスタインの代表パケットのリバイバルデラックス版、スチーブ・フィアソンの新作ペンが届きました。♠♣♥♦

dsc03875dsc03466dsc03445dsc03509

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『盛和塾』

    ◎こんな本、ご存じですか?

 岡山に出ると必ず立ち寄る本屋さんが岡山駅構内にあります。「本の森セルバ」という岡山駅レストラン街入り口のところにある小さな本屋さんです。お店を入って奥に行ったところに積んである『盛和塾』という機関誌を買うのです。この機関誌には、私が尊敬する京セラ名誉会長の稲盛和夫さんの講演録が掲載されていて、とても勉強になるんです。なかなかこの機関誌(年5回発行)を置いている本屋さんはあまり見たことがないんですね。私は岡山駅に行く度に買い求めては、特急「やくも」号の中で熟読しています。もうこれは長年続いている習慣です。

dsc03513

 「盛和塾」というのは、もともと京都の若手経営者25人が、京セラを小さな町工場から世界的企業にまで育て上げた稲盛和夫さんから、人としての生き方「人生哲学」と、経営者としての心の持ち方「経営哲学」を学ぼうと、1983年に立ち上げた自主勉強会がその起こりです。最初は、稲盛さんと少人数で始まりましたが、多くの人たちにこのような機会を与えるべきだという塾生の自発的活動により、盛和塾の輪は日本だけでなく世界にも広がっています。現在では10,187名の経営者が会員だそうです。開塾以来、20年以上の歳月が流れた現在では、国内56塾、海外32塾という規模に拡大しています。真剣に学ぼうとする塾生と、それに誠実に応えようとする塾長稲盛さんが、お互いに魂の火花を散らす人生道場として、また塾生同士の切磋琢磨の場として、全国各地区の盛和塾に多くの熱心な若手経営者が集まっておられます。稲盛さんは、心ある企業経営者こそが明日の日本を支えるとの信念に基づき、盛和塾に熱心に取り組んでおられます。その機関誌が『盛和塾』で、現在最新号で142号。今月は「不況は成長のチャンス~五つの方策は次の飛躍への足掛かり~」と題する中国での講演が巻頭講話でした。いつものように、帰りの「やくも」号の中で、目を皿にして読んでいた八幡です。❤❤❤

dsc03514

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ろんぢん」

 松江市千鳥町の温泉団地にあった老舗名店しゃぶしゃぶ「ろんぢん」(1969年開店~ )は、2012年末をもって閉店されました。常に笑顔で陽気で饒舌な名物女将佐藤幾代さんの人柄と、秘伝のたれで食べるしゃぶしゃぶを目当てに多くの市民が来店し、2時間待ちの行列ができる日もありました。特に外国人観光客の間で評判となり、米国のテレビ局が取材に訪れたこともありましたね。「47年間ありがとうございました」と張り紙があったのを覚えていますが、あれから4年、一度は閉店されたものの、去る12月11日(日)、殿町に新築移転オープンしました。場所は「松江歴史館」と、「物産観光館」との間、堀川遊覧船乗り場の斜め前、松江城を正面に臨む、松江を訪れる観光客には絶好のスポットですね。

dsc03410 松江でしゃぶしゃぶと言えば「 ろんぢん」ですね。「忘れられない松江の味」として多くの市民に愛され、惜しまれながら4年前に閉店しました。2012年、千鳥町ビル周辺の再開発が決まり、女将の佐藤さんも87歳と高齢だったために閉店しました。「このまま店を畳むのはさみしい。誰か継いでくれないだろうか」。佐藤さんの思いを、市内の飲食サービス会社に勤務していた勝部さんの上司が聞き、10年間、大阪市内のレストランで料理長を務めた勝部さんに白羽の矢が立ちました。「あんたになら店を譲るけん。やってごさんかね」(出雲弁?分かりますか?)と背中を押されたと言います。「死ぬまで厨房に立ちたい」と口にしていた佐藤さんは2014年3月、89歳でお亡くなりになります。「松江らしさを感じられるよう松江城や宍道湖の近くがいい」という故人の遺志に沿い、12月11日に松江城近くに復活オープンしたのです。再開を夢見て2年前に他界した女将さんの遺志を継いだ店主の勝部貴志さん(44歳)が伝統の味を再現しました。「女将の名に恥じぬよう、こだわりの味を引き継いでいきたい」と意気込んでいます。

dsc03423

 木造2階建ての店内には、人間国宝・芹沢けい介の型絵染(かたえぞめ)のれんなど旧店舗時代にあった民芸品100点が並んでいました。古傷が残るテーブルや使い込まれた銅鍋は引き続き使用して、以前のお店を知る人には懐かしい大正ロマンの雰囲気が漂っています。こだわり抜いたしゃぶしゃぶの秘伝のたれは、ごまだれとポン酢の2種類。何度つけても薄くならない濃厚な味で、佐藤さんの手ほどきを受けた勝部さんだけが作り方を知るそうです。「味を再現するのは難しく、重圧と戦う日々」と奮闘していらっしゃいます。

dsc03412dsc03411dsc03417

 同店オープン以来、自転車でお店の前を通る度に、ガラス張りの店内にはテーブルいっぱいのお客さんで賑わっておりました。「一度入らねば」と思っていましたが、今日は年内最後の「フォロー講座」を終えると、二人の卒業生が訪ねてくれたので、一緒に食べに行ってきました。広島市立瀬野小学校の先生野津実希(愛称ミキちゃん)さんと、鳥取大学・農学部・獣医学科に学ぶ別所麻由子(愛称マルコ)さんです。2階の素敵なお部屋に通されると、早速しゃぶしゃぶがやってきました。やー、やっぱり最高級のお肉が美味しそう!野菜を入れてグツグツと鍋が沸騰すると、お肉をさーっと通して特製のたれにつけて食べます。あー、柔らかくて美味しい!薬味を添えたごまだれとポン酢の両方のたれにくぐらすと2種類の風味を味わうことができます。幸せ!白いご飯は島根県産「きぬむすめ」です。積もる近況報告を魚に、楽しいひとときを過ごしました。マルコは念願の動物園への就職が決まったそうです。ミキちゃんは小学校の先生3年目、経験を積んで成長しているようです。こうして卒業生が訪ねてくれると、高校時代や大学生活について後輩たちのために「あむーる」に寄稿してね、とお願いすることにしています。今回も今年のバックナンバー(「ダウンロードサイト」で公開中)を渡して依頼をしました。こうやって毎週発行している「あむーる」のネタは集まっているんですよ。今日も(1月1日)、7年前の男子卒業生が就職が決まったと、自宅を年始に訪ねてくれたので、原稿をお願いしておきました。年末には、教え子の大阪大学・工学部の准教授永瀬くんが原稿を送ってくれました。年明け数号はこれで大丈夫!❤❤❤

dsc03413dsc03427

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Chaos

 mathieu-bitch「こ、この人は天才だ!!」 マシュー・ビッチ(Mathieu Bich) 、このフランス人は本当に天才だと思います。昔、「ホワイトインパクト」(原題「Spreadwave 2.0」)という作品を見たときにそう思いました(上の映像は全米でプロをもだました時のものです)。以来、発表される彼の作品をずーっと追いかけていますが(「魔法のプランジャー」もその一つ⇒コチラです)、今回のTheory 11から届けられた最新作「Chaos」(ケイオス)はそのとどめとも言うべき作品です。おったまげました!!昨年私が手に入れた多くのカードマジックの作品の中で、間違いなくナンバーワンの傑作です。まずは映像をご覧ください。信じられますか??

 どうやったらこんなことができるんだ?!カードを閉じて広げると、青空が広がるかのように、一切の乱れなく、買い求めた未開封のデックの並びのようにきれいに一組が揃ってしまいます。混沌とした順不同のデックが一瞬で揃ってしまうんです!こんなことってあるでしょうか??マシュー・ビッチが2001年から取りかかり、15年の歳月をかけて完成した渾身のギミックデックは、簡単でいて完成度の高い、巧妙さの歯車が美しく噛み合って、マジシャンの常識をはるかに超える斬新な答えでした。

chaos

 一組のデックを取り出し、良く検めて見せます。その中から一つのスート(マーク)のカード13枚を取出します。AからKまで13枚ありますが、順番はそれこそバラバラです。このカード13枚を、そのまま観客の手のひらに乗せます。指をはじいておまじないを掛けてから、1枚1枚手のひらから表向きにテーブルに配っていくと、何ときれいに1から13の順番通りにカードが並んでいます!一切の怪しい動きは全くない中で、なんと観客の手の上で揃ってしまいました!テーブル上の残りのカードも、ランダムに並んでいるのを良ーく検めた後、指を鳴らすだけで、一瞬で全てのカードがキレイにAからKまで揃ってしまいます!デックを広げて最初から最後まで余すことなく見せたそのカードがきれいに揃っているんです!ただデック全体が揃うのではなく、まずは観客の手の上で一つのスートが勢揃いし、その後クライマックスとしてデック全体が揃うという、大変インパクトのあるぐうの音も出ない構成となっています。彼の天才たるゆえんは、こういうところにもはっきりと見て取ることができるんです。
★ テクニックは全く不要でこんなすごい現象が可能です。
★ 全てはこの超傑作デックに隠された秘密の仕掛けで簡単に演じられます。非常に細かいところにまで気を配ったギミックデックです。
★ クールで鮮やかです。カードマジックのおおトリに演じられるインパクトのある現象をぜひ味わってください。そしてあなたのレパートリーのクライマックスに加えていただきたいお薦めの超傑作マジックです!♠♣♥♦

▼マジシャンの賛辞

ziel C:ワオ―!これが私の言えるすべてを表す一言です!このアイデアは決して思い付くものではありません!非常に簡単で何と素晴らしい!!

Kyle W.:エレガントでパワフル。革新的だけでなくこれはトリック最終到着点だ!とにかく私はこれを皆さんにお勧めします!

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

35億の借金~さだまさし

 2016年11月8日(火)午後8時からテレビ朝日系列「人生で大事なことは…”○○から学んだ!”」に、さだまさしさんが出演し、映画『長江』で背負った28歳で35億円(28億円+金利)の借金返済について生々しく語られました。また『BIG tomorrow』 2017年2月号(青春出版社)では、「借金があったから頑張れた!僕のお金と幸せ人生道、今も驀進中」と題するインタビューで回想をしておられます。「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から」など誰もが知る名曲を多数生み出し、これまで開催したコンサートは通算4200本以上。しかし、その大記録の裏には10ケタを超える「借金」という、やむにやまれぬ事情もあったのです。借金を返し、スタッフを食わせるためには懸命に働くしかなかったのです。さださんの「今振り返るなにくそ!人生の軌跡」をたどってみたいと思います。

big-tomorrow

 大借金の原因となったドキュメンタリー映画『長江』は、1980年代当時の長江沿岸の街並みや中国国民の姿を映像に残した貴重な記録としても評価されているものですが、決して興業が失敗して借金を負ったのではないんです。興業的には成功を収めているんですが、元手(製作費)をかけすぎたのがいけませんでした。借りる方も借りる方ですが、貸す方も貸す方ですね。さださんは、完済後のトークイベントなどでは「貸した方もプロだから、さだなら返せるとふんだのでしょう。そう思ったら、自分も一生懸命返すしかないと思った」と語っています。同時に「過払い金とかなかったのかなぁ…。ちゃんとした銀行だから、それはないか」と、お得意の話術で笑いをとっています。この辺にも、転んでもただでは起きない、負けじ魂や人生観が見受けられますね。

 1981年、28歳のさださんは、中国大陸を流れる大河・揚子江を舞台にしたドキュメンタリー映画『長江』(主演・監督・音楽=さだまさし)を制作します。「大河の最初の一滴を見たい」という企画の実現を一番望んだのは、さださんのお父さん・雅人さんでした。戦争中兵隊として中国にいたこともあるし、祖父への思いからも中国で映画を撮りたかったのでしょう。「今、長江を撮影する企画は6カ国が競合している。おたくの会社を調べたが、大変小さい会社だとわかった。しかし、お金が仕事をするのではなく、人が仕事をするのだから、最も優れた企画を出した貴社に撮影の権利を与える」と中国から返事が来て、プロジェクトが始まりました。最初は、テレビ局がバックアップしてくれるはずがうまくいかず、自分でやるしかなくなります(テレビ局が軽い安易な番組の別企画を出したら中国側がヘソを曲げた)。自己資金は2億円。映画そのものは国内で120館で上映され、ヒットしますが、それ以上に経費がかさみ28億円の赤字、金利まで入れると35億円を個人で背負うことになります(例:中国の軍隊がヘリを使っての空撮、高価な35ミリフィルムを山のように使用、など)。

 監督と主演はさださん自身が担当。脚本、演出、撮影は日本映画界のプロに依頼し、撮影終了後の編集は、巨匠市川 崑監督が行なってくれることで話しがつきました。ちなみにスタッフ表には「製作総指揮」として、父・雅人氏の名前が掲載されています。さださんは後年「名前が載っているだけで何もしていない」と冗談めかしていますが、実は映画『長江』は、祖父・繁治氏はもちろんのこと、父・雅人氏にも捧げるための映画でもあったのです。父・雅人氏の映画『長江』への想い、応えようとした息子・まさし  先にも述べました通り、莫大な借金を抱えることが分かりながらも、途中で断念せず、映画をカタチにしたのは、さださんがお父さんの想いに応えようとしたからになりません。父・雅人さんは第二次大戦中、陸軍兵として中国戦線に身を投じていました。そして実は、対戦相手の中国兵に追われる中で手榴弾の破片により左手親指と左耳の鼓膜に一生の大怪我を負った経験があるとのこと。その因縁の地こそが、まさに長江の沿岸部であり、さださんも最初の撮影でその地を開始場所として選んだと語っています。思うように進まない撮影と、膨らみ続ける借入金、実際の撮影はかなり過酷なものだったとのこと。中国側から撮影許可こそ得ていたものの、その現場には常に公安関係者が張り付き、半ば監視されていた状態でした。そんな中で事前の調査なども行えないまま、現地にて情報収集を行なって、ロケハンして撮影という非効率的なやり方を余儀なくされたそうです。それこそ監督・主演であるさださんは、一日3時間眠れればよい方だったとのこと。もちろんさださんの会社には、こうした進行を管理してくれる人材やノウハウもなく、スケジュールは大幅に遅れていき、その度に借入金も増え続ける一方でした。もうひとつ、当初はVTRでの撮影を予定していたそうですが、映像劣化を防ぐ目的から、35ミリフィルムに変更したことも予算を大きく圧迫したそうです。 「最初の一滴」に辿りつけないままに、四川省で撮影継続を断念、結果的には、予算面でも当時の時代背景の面でも、当初の目的であった長江の最初の一滴を撮影することは叶わず、それでも祖父の縁の地、四川省までの撮影をもって継続を断念。その時点で30億円の費用がかかっており、自前で用意していた2億円を差し引き、28億円の借金が課せられることとなったのです。

 なぜ中国で映画を撮ったかというと、ある意味で佐田家のルーツだったからです。さださんの祖父は中国大陸からシベリアを股にかけて諜報活動で活躍したスパイ(軍事探偵)、祖母はウラジオストックで一番大きな「松鶴楼」という料亭を経営するなど、中国大陸がさださんのルーツ、小さい頃からの憧れだったからです。その松鶴楼に官憲に追われて逃げ込んできたのが祖父の佐田繁治さんでした。「滔滔と流れ続ける長江はまた、故郷長崎まで一直線に伸びたシルクロードと感じていた」と言います。レコードのヒットで稼いだ手持ちの2億円を元手に、映画を撮り始めますが、終わってみたら30億近くかかってしまったというわけです。名目上の製作総指揮であった父・雅人氏は、中国より国賓扱いでもてなされ、表彰までされたとのことです。さださんは雅人氏の死後に、「親父は最後まで、とうとう一度も侘びも礼も言わなかった」と、これまた冗談めかして語りましたが、それもこの親子ならではの照れ隠しなのでしょう。

 金利を入れて35億円近い借金は、僕の会社ではなく、僕個人の借金ですから返さざるを得ない。でも、会社を維持し、社員に給料を払い、なおかつ税金も払いながらの返済ですので、かなり厳しかった。10日ごとに8千万円、5千万円、1億5千万円という手形を落とさなければならなかったわけですから…。負債額がわかったとき、破産宣言するよう勧めてくれた人もいました。「そうすればチャラになって楽になるから」と言って。このときは一晩考えましたね。その結果、貸した側の身になって考えてみよう、と。お金に関してはプロの銀行が融資してくれたのは「さだまさしなら返せる」と考えたからに違いない。だったら返せるんじゃないか。ここは”プロの勘”に懸けてみようと思ったんです。返済の過程で二度不渡りを出したことがありました。半年に二度不渡りを出すと銀行と取引停止になるんですけど、僕の場合は数年おいてでしたから会社はつぶれなかった。つぶれなかったことで「このままいけば返せるんじゃないか」と。そうすると勇気がわいてきて、それが「返そう!」というモチベーションになるんです。返済が終わったときは、ある種の脱力感に襲われたし、「ああ、これで返済に追われなくてすむ」と思いましたね。

 借金を返済する過程で感じたり、学んだことはいっぱいあります。ひとつは”人の情け”です。銀行の担当者をはじめおおぜいの人達が僕を助けてくれた。そういう意味では、僕はついていたし、本当に人に恵まれているな、と思ったことが何度もありました。それと、何事も最後の最後までわからない。だから、諦めてはいけないということも学びました。だから、僕は決して投げないですよ。そして何よりも僕のファンであり、コンサートに来てくださる方たちのパワーです。僕が莫大な借金を返済できたのも、前人未到のソロコンサート4千回を達成できたもひとえにファンのみなさんのおかげです。これからは、みなさんに恩返しをしなければいけない。ということは、僕は歌手をやめたくてもやめられないんですよ(笑)。   ―『女性自身』1月21日号

 さださんが恵まれていたのは、取り立てに会社に押し寄せて来る債権者が、照明・音響などの仕事仲間であったことで、「とりあえず、いくら足りないんだ」と逆にお金を持ってきてくれました。「今月はこの金をあっちに回して」と、スタッフと金の算段を話し合っている。さださんが「ごめんね」と謝ると、「お前には金のことはわからないから、向こうに行っとけ」と追い払われた、おかげで自分の仕事に専念できたことです。 借金を返し、スタッフを食わせるためにも懸命に働くしかありません。毎年、年間100本以上のコンサートで全国を回ったのには、こういう背景があったのです。当時、結婚したばかりの(奥様は島根県・浜田市出身)さださんは、1年以上家に給料は入れていません。同居していたお母さんの蓄えで暮らしていました。会社を解散しようかという話もあったそうですが、責任感の強い性格からか、ここで投げ出してしまえばお金を貸してくれた人に悪いという思いがまず第一にあったし、その才能ゆえにどこかで「何とかなる」と思ってもいたようです。

 1987年、そんな自分の借金返済で大変な中、広島に原爆の落とされた8月6日に、長崎から平和を祈る野外コンサート「夏・長崎から」をスタートさせました。借金返済に追われる胸突き八丁の苦しい頃のことです。「そんなときに何でまた。そんなことをとお思いのことでしょう。…ほんと、何考えてんだか」。実はその前年、広島で平和コンサートが始まり、手弁当で歌いに行ったさださんは、同じ被爆地である長崎で、同じような平和を祈るコンサートがないことが悔しくなったのです。入場料を無料としたのは、家族の誰もが気軽にのぞけるように、というさださんの強い思い入れからでした。舞台設置費用に800万から1千万。アルバイトの人数も考え、スタッフの移動費、宿泊費、ギャラ、それにゲストへの謝礼を考えると、最低3千万円はかかる。3千万円は確実に赤字が出る。でもやらないわけにはいかなかった。有料にすれば只の商売にしか写らない。俺は故郷に世話になってきた分、どうしても平和を考えるコンサートをやりたい。と、なれば有料は駄目だ。誰でも来られる、それこそ夕涼みがてら家族で俺たちのコンサートを聴きに来るという”家族の構図”がもう平和の象徴になる。料金を取れば子供や老人は留守番になるかもしれない。チャリティにすれば志は曖昧に見えるのが世の常、人々はそこで動く”金額”にだけ気を取られる。純粋に俺が長崎で好きなことをやる、その代わりに、メッセージを伝える。だから無料でなければ駄目なんだ。スポンサーを探し、あちらこちらに頼み込む。俺が自分で頭を下げて歩くから、頼むから無料でやらせてくれ」 これが長崎で20年(1987年~2006年)も続きます(このコンサートをやめた理由については私も詳しく取り上げています⇒コチラです)。この決断に対して、事務所の社長である弟・佐田繁理さんは頭を抱え込んでしまったとのこと。しかしNHKによる全国放送の申し出や、さださんの心意気に賛同した音楽界の仲間たちの協力、市民ボランティアの協力などもあり、以後20年に渡って、長崎の夏の風物詩となっていったのです。まったくもって、あっぱれですね。ここら辺がさださんの男気です。借金返済で苦しく辛い時期に、スタッフの面々はさださんを支え続けます。しかし始めた当初は、冷ややかに見ている人も多く、売名行為だ、とか選挙に出るんじゃないかと批判する人もいました。

 今から10年前、デビュー30周年、コンサート3000回突破記念の時に、この借金のことを振り返って、次のように語っておられました。

 金のことについては後悔はしています。あれが有意義でなかったとは少しも思わないけど、同じ額使うのなら、もっと効果的な、もっと世の中の役に立つ金の使い方もあったな、と。でも、これは結果論。あれは100年後に評価されますから。ま、返済には一生かかるけどね(笑う)。でも、金に対する恐怖心が消えた事件だったよね、僕にとっては。”何とかなる”ではなく、”何とかしなきゃ”って。身体の病気は金では治らないけど、貧乏は金で直るからね、翌日。金さえあれば翌日直っちゃうんだから。簡単なことだと。ただ、稼ぐのは大変だけど…。もし、あの時僕が35億借金していなければ、今その額を持っているかというと、たぶんそれはないと思うし。もしあの時に借金していなければ、その後はバブルで引っかかっているな、とね。一生立ち直れないくらいの傷を負っていただろうってね。あの時、まだ30歳前だったから、頑張って立て直そうと思ってきたし。この年になってみればまぁ冒険野郎だったな、と思うね。年とったときのネタになるね。話のネタに。”お前ら、スケールちいせぇよ”っていえるもん(笑う)。”5千万や1億でガタガタいうんじゃねぇ”って。会社の借金じゃなく、個人の借金だよ。俺、だから逃げ隠れできないんだよね(笑う)。あの時には社員にも迷惑かけたけど、立ち直ってきた今になれば、いい思い出だよ。 ―『週刊女性』

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 返済には1にも2にも、音楽という本業での稼ぎを充てるしかなかったのです。そして、さださんにはCD(当時はレコード)の売上もさることながら、コンサートへの集客力の高さという強みがありました。そこで銘打ったのが「神出鬼没コンサート」。東京・大阪・名古屋といった大都市圏に限らず、地方都市や地域などもくまなく回るという作戦です。実際、借金直後の1982年には、年間162回!それ以降も、年間100本以上のソロコンサートを行うようになりました。もちろん、その合間に、曲づくりやレコーディング、テレビ・ラジオ番組の出演、さらには小説家として執筆作業もこなしながらです。いやはや、もう脱帽するしかありませんね。コンサートの集客のために行った、さださんならではの戦略とは?グレープ時代のヒット曲『精霊流し』『無縁坂』をはじめとして、ソロ歌手転向後の『雨やどり』、『関白宣言』、『道化師のソネット』、『防人の詩』、『秋桜』、そして『風に立つライオン』などなど、錚々たる名曲を生で聞くことができるコンサートは、もちろん魅力的なものです。しかし、そこに胡座をかくことなく、より魅力的に、よりリピーターや新規来場者を増やすために、さださんが行ったこと・・・それは「コンサートのバラエティ化」でした。こんなエピソードがあります。とある芸人さんは若手に対して「さださんのコンサートに行って、話術を勉強して来い」と命じたとのこと。また、さださん自身も「コンサートに来たお客さんから、曲はレコードで聞くから、もっとトークを聞かせてくれって言われちゃいました」というある種の自虐ネタを披露しておられます。これこそが、さだまさしのコンサートに来場者が絶えない理由と言っても過言ではないでしょう。楽曲演奏はもちろんのこと、合間のトークや、本格的な小噺(中学・高校時代には落研にも所属)、寸劇なども取り入れ、持てるものすべてをお客さんに提供して心から楽しんでもらう。「会場を満員にするにはどうしたらよいか?」を必死に考える、この姿勢があったからこそ、4000回以上ものコンサートを今まで続けられ、ひいては借金完済を実現できたのでしょう。ソロ歌手という言葉だけでは括りきれない、マルチな才能とはこのことです。58歳、およそ30年をかけての借金完済、そして父・雅人さんの死去  2010年、いよいよ、その日がやってきます。さださんは映画『長江』で背負った合計35億円の借金を58歳にして、完済。実に30年近い年月をかけ、凡人ではとうてい不可能なことをやってのけたのです。そして奇しくも、息子の借金完済を見届けてまもなく、父・雅人さんは天国へと旅立ちました。決して偶然ではない、何かのおぼしめしがあったのだと、つい思ってしまいたくなりますね。父・雅人さんは生前、さださんに対して一度も礼や労い、侘びや謝意といった言葉を発したことはなかったそうです。

「ひたすらライブやって一心不乱になって返しました。借金から逃れる気持ちはなかった。たかだかお金のことだから返せるか返せないかでしょう。今思えば、そこまで頑なに返済にこだわったのは、父の夢の後片付けだったからかもしれませんね。父が生きているうちに全額返済できてよかったです。」(さだ談)

 一方、私たちファンの間では有名だったエピソードが一つあります。父・雅人さんは生前、自身が出向いたコンサート開場では、必ず開演前に入場口に立ち、来場者一人一人に挨拶。また終演後も、同じように、深々と礼をして観客を見送っていました。やがてファンの間では、お父さんに直接会って言葉を交わせることが、楽しみになっていきました。息子に直接言葉で言えない代わりに、自分に出来る務めとして行なっていたのでしょうね。  

 58歳になり「もう借金の心配をしなくてもいい」となった時には、「ああ、これで歌手をやめることができる」と心底思い、「よし、60歳になったらやめよう!」と心の中で誓った矢先に、東日本大震災が起きます。あまりのショックに呆然とする中、音楽の無力を感じしばらくは動けないままでした。気仙沼の階上中学校の卒業式で中学生が「苦境にあっても天を恨まず」と泣きながら叫んだ姿を見て(私も感動しました⇒コチラです)、目を覚まされたと言います。「がっかりしている場合じゃない。とにかく現場に行こう」と東北に向かいます。普段は絶対にさだまさしなど聴いてくれないような人たちまで喜ぶ姿に接して、「そうか、こういうときのために、さだまさしは有名になったんだな」とまだまだやれることがあることに気づかされます。お客さんと正面から向かい合って、「今日のコンサートが、ラスト・コンサートになっても恥ずかしくないステージをやろう」と言い聞かせながら精進しておられる最近のさださんです。

 さださんは完済後のインタビューにおいて、「借金を返せたのは、ひとえにファンの皆さんのおかげ。また助けてくれる仲間がいたから」と答えています。そして歌手生活40年以上を経てなお、「そうした皆さんに恩返しをするためにも、まだまだ引退することはできない」とも。エンターテイメントの世界において、さだまさしというビッグネームは、今後も当分の間、私たちを楽しませ、感動させ続けてくれることでしょう。下の「さだまさし版PPAP」は元日に公開されて話題となった映像です。❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ